HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

コーポレートサイト制作でSEO効果があるコンテンツ

コーポレートサイトでSEO効果があるコンテンツ

コーポレートサイトを制作する際に、どのようなコンテンツがあれば成果が出るのかとお考えの企業さまは多いと思います。

もちろん、当ページでご紹介する以外は効果が発揮できないと言うことはなく、あくまで弊社がよく提案するコンテンツになっています。

これからホームページを制作される方はぜひ参考にして見てはいかがでしょうか。

ワードプレスが必須

まずSEO効果を狙うにあたり、更新ができる必要があるので、ワードプレスを導入することは必須になっています。

現在、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、ユーザーが検索するキーワードに対してもっとも詳しいホームページを上位表示させています。

そのため、これらコンテンツを作成するだけでは、実はSEO効果は出ず、しっかりとサイト運営を継続すれば非常に高い効果を発揮できるのです。

もちろんサイト運営では、新規ページ作成が中心になる対策です。

しかし、それだけではなく、状況に応じてリライトも行う必要があり、これらを計画とスケジュールに基づき行えば、必ず成果を出せるようになります。

では、具体的にどんなコンテンツになってくるかをご紹介します。

サービスや商品

以外に思われるかもしれませんが、サービスや商品詳細ページは実はSEOにおいて重要です。

例えば、サービス名を直接入力した方の入口ページになるため、御社が提供するすべてのサービスを網羅させることが大切になっています。

そしてさらには、ワードプレスを導入し、定期的なリライトを実施しましょう。

もちろん定期的と言っても、特に書き直す必要がない場合は不要です。

ただ、仕様が変更されたや、もっと効果的なコンテンツが思いついた、不要な情報が見つかったなど、さまざまなリライトを行う要因があります。

要因が見つかり次第すぐに対応することで、更新頻度が高まるため、サービスページが上位表示しやすくなります。

また、サービスページはランディングページになります。

例えば当社であれば、集客サイト制作のページは集客サイト制作で検索したユーザーを集客する目的になります。

それぞれのページで明確に上位表示キーワードを定め、そして例えばスタッフブログなどで集客サイトなどを利用すれば、該当ページが上位表示しやすくなっています。

こちらは、基本的には必須になっているため、網羅性と正しい情報を配信するためにリライトを行うように計画しましょう。

事例や実績

事例や実績も効果的です。

事例や実績については、もちろんホームページの作り方次第ではありますが、実はそれほど原稿量が必要ありません。

それよりも画像やYouTubeを埋め込み訴求力を高めることで、成果が向上しやすくなりますし、さらにはSEO効果も得れるようになります。

ただし、ホームページの作り方は、主にスタッフブログなどテキスト中心でよく更新されるコンテンツがある場合を指します。

原稿はスタッフブログに任せておいても問題がなく、こちらは画像などを利用すれば必ず成果を発揮できます。

ホームページ制作実績になるプラシアさまが、この対策により高い成果を発揮しているため、ほぼ間違いないと思われます。

スタッフブログ

弊社がホームページ制作を行う際に、必ず提案しているスタッフブログは非常にSEOとの相性が良いです。

理由は自由に文章が書ける点になっていて、更新する内容が思いつかないというネタ切れ対策に非常に効果的です。

またさらには、ここで作成する文章は、もちろん該当ページで重要なキーワードを利用することも大切ですが、上位表示したいキーワードを利用すればもっと効果的です。

例えば、当社を例にしたら、集客サイト制作ページを作成しているときに、スタッフブログに集客サイトを利用すれば、集客サイトページが上位表示できます。

現在のSEOは入口ページがしっかりと定まっていたほうが上げやすく、該当ページで上げたいキーワードをスタッフブログで利用すれば自然と上位表示が可能です。

そのため、スタッフブログは、ホームページ制作には必須になるコンテンツと言っても過言ではないと思います。

よくあるご質問

スタッフブログがない場合は、1つに対して1ページを、ある場合は、1ページですべてを掲載することが大切です。

と言うのも、スタッフブログを含んだホームページ制作を行うと、スタッフブログ更新だけでかなり手いっぱいです。

さらには、更新をする際にタイトルを定めると、よくあるご質問とスタッフブログどちらに掲載すべきかを悩まなくてはいけません。

これは非常に時間がもったいないので、スタッフブログがあるかないかで判断をすると良いでしょう。

よくあるご質問では、1ページであれば、関連性を高める対策に、FAQごとに1ページがある場合は、関連性とページ数向上に役立ちます。

お客さまの声

コンテンツとして立ち上げても良いですし、サービス下部でも、トップページに含めても良いと思います。

当コンテンツにおいては、原稿作成を行わなくても良いと言うメリットがあり、さらには関連性を高めることも可能です。

ただ最近検討しているのは、サービスページ下部がもっとも効果的ではないかと思っています。

やはり、サービスを見たユーザーが気になるのは、サービスを利用した方の生の声だと思います。

そしてそれらを実現できる対策としては、サービスコンテンツ下部での表示になってくると思われます。

適切な配置を行えばSEOだけではなく、成約対策にも利用が可能なので、ぜひとも導入を検討してみてはいかがでしょうか。

ホームページ制作提案でよく行うコンテンツ

上記が、ホームページ制作時によく提案するコンテンツです。

もちろん、これらコンテンツを作成しなければSEO効果が出ない訳ではありません。

あくまで当社がよく提案する内容になっていて、ホームページ制作実績でも多くが利用しています。

上記を見た後、すぐに真似をするのではなく、基本的には自社サイトの状況や環境などさまざまな要因で検討したうえで、導入するなら行いましょう。

御社にとって本当に役立たないコンテンツである可能性も十分にあるためです。

そして特に考えていただきたいのがサイト運営です。

これらコンテンツは、毎日ではありませんが、しっかりと更新作業が必要です。

現在ホームページでSEO効果を出すには、ホームページ全体をバランスよく更新し続けなくてはなりません。

そのため、Webサイト制作会社などに相談をし、更新計画とスケジュールを立ててもらい、そして実行が良いでしょう。

更新できないコンテンツは本当に役立たないため、これらを定めてから作成すれば、SEO効果が高いコンテンツになるのです。

検索エンジンが考える質

最後に、検索エンジンが考える質とは、プロライターが書いた文章や、大ベストセラー小説家が書いた文章ではありません。

基本的には丁寧さが非常に大切になっていて、一般論で見たときに、ライティング能力がそれほど高くないなと言う文章でも丁寧であれば評価してくれます。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングが、ウェブマスターが書いた文章を評価することは決してありません。

そこではなく、丁寧かどうかや、ユーザーが本当に役立つかどうかが判断基準になります。

そのため、上記コンテンツを作成しても、公開して終わりではなく、そこからユーザーに対して丁寧な文章へとリライトが必要であると理解をしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP