大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

2020年12月4日のグーグルコアアルゴリズムアップデート

2020年12月4日にコアアルゴリズムアップデート

2020年12月4日にグーグルはコアアルゴリズムアップデートを実施いたしました。

このアップデートは、大体7ヶ月ぶりのアップデートになっており、実際にグーグル検索やツイッター検索などを行うと、大きく上がったや下がった、あるいは無害だったなど、さまざまな情報が投稿されております。

今回は弊社で実際に調査したわけではないのですが、グーグル検索やヤフー検索でどのようなホームページが影響を受けたのか、そして影響を受けたホームページはどのような対策を行っていけばいいのかについてご紹介をいたします。

2020年12月4日にコアアルゴリズムアップデート

2020年12月4日にコアアルゴリズムアップデート

2020年12月4日にグーグルはコアアルゴリズムアップデートを実施しました。

このアップデートは大体2,3週間ほどの期間ですべてのホームページに導入されるものになっていて、現状で上がったや下がったを見ることももちろん大切ですが、2,3週間後、すなわち12月最終週くらいが実際の順位になってきます。

このアップデートでもし影響を受けている場合でも、急いで対策を行ってはならず、一番ベストな対策は、もし現在正しいSEOの仕方で対策を行っているのであれば、その対策を継続していくことに力を入れると良いでしょう。

そして、2,3週間後にホームページの検索順位を調べて見て、もし下がっていれば対策を、上がっていれば現状と同じ施策を継続していくことがお薦めです。

これまでの経験から焦って対策をすると、間違った対策を行い、結果として検索順位を落とす可能性もありますので、検索順位が下がってしまった場合でも、落ち着いて対応することが重要です。

今回はどんなアップデートだったのか

どのようなアップデートだったか

これについては、まだ弊社で一切調査をしていないのですが、情報収集だけは行っています。

そして今回影響を受けたホームページは、メインのホームページとは別にサブドメイン、例えば弊社ではサブドメインは利用していませんが、本体がhttps://www.sevendesign.biz/になり、ブログをサブドメインで制作するとすれば、https://blog.sevendesign.biz/のように展開しているホームページになるようです。

このサブドメインの利用は、弊社ではこれまであまり提案をしてこなかったのですが、実際に多くの会社がサブドメインでホームページの一部のコンテンツを作成してて、サブドメインを利用することで、SEO効果を最大化することができたのです。

なぜサブドメインが有利だったのか

なぜサブドメインが有利だったか

では、なぜサブドメインがこれまで有利だったかと言うと、基本的には例えば弊社のホームページが非常にSEOで評価されているとします。

そして弊社のホームページにもう一つブログを作成しようとしたときに、まったく別のデザインで作成する際に、ドメインを変えるまではないけど、サブドメインを利用してデザインも変えてしまおうという利用方法が多かったです。

そして従来はこのサブドメインのブログやホームページは、本体のホームページの評価分をプラスされて評価されており、例えば弊社の場合であれば、https://blog.sevendesign.biz/だけを純粋に評価するのではなく、https://www.sevendesign.biz/の評価も少し上乗せされた状態になっていました。

この評価の上乗せはどのようなメリットを生み出すかと言うと、SEOに力を入れている会社さまであれば、そのドメインの力が強いので、どんどんサブドメインを作成していくことで、ほぼすべてのホームページで上位表示ができるようになっていたのです。

そしてさらにはサブドメインは、本体のホームページのページ数追加の効果と被リンクの効果を少しずつ高めることができていたので、サブドメインのホームページのページ数を増やせば、大体半分くらいのページの効果があるので、100ページのサブドメインサイトを制作すれば、50ページ分が本体サイトにプラスされるや、サブドメインから本体への被リンクを1つ行うと、0.5本分くらいの被リンク効果があると言われていました。

しかし今回のアップデートによる、大半のサブドメインが検索順位を落としていると言われており、これらの評価の在り方が一新したのではないでしょうか。

下がったサイトはどう対策をすればいいか

下がったサイトはどうすれば良いか

では、今回のアップデートで下がったサイトはどう対策をすればいいかですが、必ずしもこのドメインの在り方で引っかかったかは分かりませんので、一概には言えませんが、基本的にはサブドメインを廃止して、その原稿を本体のホームページにプラスアルファして、さらにはサブドメインからリダイレクトを行って本体の該当ページへとリダイレクトする、そしてさらにはサブドメインからリンクをしていた本数の2倍の被リンクを本体のホームページへと行うことで、正しい検索順位にすることが可能です。

ただし、この作業においては、まったく同じになるとは言い切れないという点と、成果が戻るまでに時間がかかる可能性があるという点は理解をしていく必要があります。

この作業でかかる期間については、一般論ですが、1年くらいを見ていく必要があり、弊社の実績としては、1ヶ月程度かなとも思うのですが、一般論で言えば1年になります。

また、検索順位を急いで戻したいということもありますが、焦って対策をしないようにしなくてはならず、焦って対策を行うと致命的なミスが発生してしまう恐れもあります。

年内は順位を見ておき、年明けからの対策でも良い

2020年は様子を見よう

実際に現状検索順位を落としている方は、早く戻さなければならないが、グーグルは認識に時間がかかるので、作業をなる早で実施しようとお考えかと思います。

しかし、今回のようなコアアルゴリズムアップデートで順位を落とす弊社のお客さまも稀にいらっしゃいますが、その場合に数週間すれば戻ることもあれば、さらに落ちること、また落ちたあとに一気に上がる場合もあります。

そのため、取り敢えずはグーグルが浸透までに2,3週間かかるというので、今年いっぱいは順位の計測だけを行っていいと思っております。

また、正しいSEO対策、すなわちユーザのためのSEO対策を行われている会社さまは、その作業を継続して、少しブラックSEOかなと思われる対策をしている方は、その作業を辞めていくことで、効率の良いSEO対策にすることが可能です。

今回のコアアルゴリズムアップデートがあったからいうわけではありませんが、このようなアップデートで順位を落としたりしていることは、商用サイトとして決して適切なものにならないので、しっかりと正しいSEO対策を行うことが大切になってきます。

ちなみに、弊社は現状で言えば変わらずでしたし、弊社のライバルサイトもほとんど変わらずという結果になっておりました。

弊社は、大阪にあるホームページ制作会社で、このようなアルゴリズムに影響を受けないホームページ制作を行っておりますので、今回引っかかった会社さまや、今後引っかかるかもしれないとお悩みの会社さまは、是非お気軽に弊社にお問い合わせください。

TOP

ホームページ制作実績