大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

2020年のホームページ制作法

2020年のホームページ制作法

2020年のホームページ制作はどのような点に意識をしてホームページを制作しているでしょうか。

こちらについては、2010年の創業以来からですが、まず基本はSEO対策になっており、このSEO対策を達成することが大前提になっています。

そして今回は2020年の弊社のホームページ制作法についてご紹介をいたします。

SEOに最適なサイト構成を作成

まずホームページの構成は闇雲に作成していいものではありません。

この構成で考えるべきはSEO対策になっており、しっかりと検索エンジンユーザのニーズに対して最適化することで、ホームページ運営でのSEO対策を行っていない場合でも、それなりの成果を出せるようになります。

この構成を考える際に、キーワードプランナーや御社がトップページで上位表示を狙っているキーワードで検索をしてみて関連キーワードのリストから検索ユーザのニーズ調査を行っております。

これらをしっかりと行ってサイト構成を作成していくことで、ホームページは比較的SEO対策に強いホームページになるのです。

ここでなぜ比較的という表現を使ったかについては、現在のSEO対策はホームページの更新が重要になっており、この調査結果については、新規ページ作成や被リンク対策などのホームページの更新を行ったときの効果向上対策になっているので、比較的という表現を利用いたしました。

正しいコーディング

次に正しいコーディングを行うことで、グーグルがそのページの情報を正確に認識してくれるようになります。

このコーディングは実は結構大切なものになっていると考えておりSEOを熟知したデザイナーがホームページを作成した場合と、あまりSEOを理解していないデザイナーがホームページを作成した場合ではその効果が変わっています。

特に何かしら特殊なことを行うのではなく、少しでもウェブサイトの表示速度が高まるように、不要なタグは記述しないことや、現在で言えばHTML5.3とCSS3での記述を行うことでホームページの成果を高めることが可能になります。

表組みや箇条書きを使う

そして、表組みや箇条書きを使うこともユーザにとって分かりやすいページ作成になるので、SEO対策としては効果的であると言われています。

もちろん、無理に使う必要は一切ないのですが、表組みや箇条書きにしたほうが分かりやすい場合に適切に利用することで、SEO評価を高めることが可能です。

現在のグーグルは基本的にはユーザのために作成されたページや原稿を評価しているので、小手先のテクニックを考えるのではなく、しっかりとユーザのためのページ作成を行うことで自然と検索順位を高めることが可能です。

ブログはSEOを追求しない

これはかなり大切な要素になっていると思いますが、現在のホームページ制作において、かなりの頻度でブログコンテンツを作成する機会が増えております。

そしてこのブログコンテンツは、確かにSEOのために制作されたものになるのですが、しかしSEOを考えすぎてしまうと、記事作成が上手く進まないという問題があります。

例えばSEOを考えた場合にキーワードが大切になっていると言われていますが、これを調査して1記事作成するというのは、本当に大変で多くの時間がかかるものになるので、検索ユーザのニーズを調べずにページ作成をしたほうが効率よく新規記事を投稿できるようになります。

その代わり他のページから絶対にコピーして原稿を作成してはならず、しっかりとすべてのページで原稿作成を行っていくことで、ホームページの成果は高まっていきます。

ホームページの更新頻度を意識する

ホームページの更新頻度を意識することは非常い大切になっています。

この更新頻度を意識することは、現在のSEOにおいては結構大切だと考えており、できれば毎日記事を投稿していったほうがSEOに強いホームページになるのです。

ただし、毎日1記事を公開すると決めたときに、毎日記事を作成すると、忙しい日はできなかったりし初め、ペースがめちゃくちゃになって、最終的には更新されないホームページになる恐れがあるので、ここで利用するのが予約投稿になります。

この予約投稿を使って、できれば毎日、最低でも毎週1記事を公開し続けることで、ホームページのSEO評価は次第に高まってき、ある日突然御社の期待を超える訪問者数を集客できるホームページに成長致します。

ホームページの更新のしやすさを意識

そしてホームページの更新を意識することも大切です。

基本的にはワードプレスは、フリーブログの管理画面のようにワープロ感覚でテキストを入力すれば投稿ができるのですが、しかし一般的なホームページでは画像を利用するので、この画像を張り付けると管理画面の見た目とウェブサイトの見た目が異なってしまいます。

そのため、画像を利用するページは画像を利用してもレイアウトが崩れないようにしっかりと設計を行い、対策していくことでホームページは本当に効果的なものになります。

デザインは分かりやすさと見やすさを意識

ホームページデザインについては、弊社は分かりやすさと見やすさを意識して制作をしております。

ユーザがそのホームページに訪れたときに、何のホームページかがすぐに分かるようなデザインであることや、そのページを閲覧したときに文章が読みやすいかどうかを意識することがデザインの役割であると弊社では考えております。

そのため、これらを意識したホームページデザインを作成することで、期待以上の成果を得ることが可能になり、御社の期待を超えるホームページになるのです。

ソーシャルメディア運用について

こちらはお客さまのホームページがSEOである程度成果を出せるようになる、あるいはソーシャルメディア運用担当者がSEO担当者と別にいる場合に提案をしています。

現在のホームページの集客はできればSEOに依存せずにさまざまな媒体から見込み顧客を集客したほうが効果的なものになっているので、ソーシャルメディアを利用することで、検索エンジン以上の集客力のあるホームページと成長するのです。

このソーシャルメディア運営については、いきなり自分の思い付きで投稿を行うのではなく、しっかりと御社と同じ業界で流行っているソーシャルメディアを確認して、そのソーシャルメディアを参考に御社にもソーシャルメディアを運用して頂いております。

弊社は2020年もSEOが中心

上記が2020年の弊社のホームページ制作になっております。

基本的にはSEO対策が中心になっており、2010年に創業以来ずっとSEO対策を行い続けております。

SEO対策は本当に膨大な作業が必要になっており、たとえSEOで成功するまでしっかりとホームページ運営を行っていたとしても、上がった後に辞めしてしまうと、ある日突然検索順位が落ちてしまうということもあるのです。

そうならないためにも、もちろんSEOに最適化されたホームページ制作は必須ですが、それ以上にホームページ運営をしっかりと行うことで、本当にSEOに効果的なホームページへと成長するのです。

TOP

ホームページ制作実績