HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

2020年のホームページ制作はどう変わる?

2020年のホームページ制作

2020年のホームページ制作はどう変わるのでしょうか。

当社個人的な意見としては、2019年のコアアルゴリズムアップデートによって、2020年のホームページ制作は大きく変わると見ています。

では実際にどのような点が変わるかをWebサイト制作会社の意見としてご紹介をいたします。

これまで以上にクローラビリティーが大切

検索エンジンのグーグルは、各ページの質を意識し始めています。

もちろん当社がホームページを制作を行った会社さまは、多くが質の大切さを理解されていると思います。

しかし、プロライターや大ベストセラーの小説家のような質の高いページは、記事作成時間があまり取れない、ウェブマスターではなかなか作成することができません。

もちろんこれらをグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは求めていません。

ただ、質がどのようなものかはほとんど公表されておらず、自動生成が駄目や内容が薄いのは駄目などは言われていますが、その程度です。

そのため、今自分ができる最高の質で原稿作成を行うことが大切です。

そこにプラスアルファとして、すべてのページをグーグルに正しく認識してもらう必要があるのです。

すなわちクローラビリティーの高さになっていて、これらをしっかりとホームページ制作中やサイト運営段階で意識することで成果を出せるようになります。

サイト運営中のクローラビリティーは本当に関連するページへの内部リンクを行うことで達成が可能です。

多少のタグのミスは無視される?

タグの記述ミスはWebサイト制作会社としてはあってはなりません。

ただ最近の検索エンジンは多少タグが間違えていたとしても、無視してくれるように感じます。

例えば、そこそこ大きなビッグワードで上位表示を実現しているホームページがあるのですが、トップページを分析するとタグの記述ミスだらけです。

もちろん、確率だけの話になるので、タグの書き間違いがあるのであれば直すべきではあります。

ただ、多少間違えていたところで、実はコンテンツを重視し始めている検索エンジンには関係が無いと思われます。

先述もしている通り直すべきは直すべきですが、あったからと言って、必ず検索順位が低くなるものではないと理解をしましょう。

自分で被リンク対策は不要

最近のSEOでは被リンクが年々無意味になっているように感じます。

ホームページ制作実績の会社さまで被リンク対策を行っている会社さまがあるのですが、そちらは、被リンクを行い続けても一切検索順位が上がっておりません。

逆に、被リンクを辞めて、ページの更新作業を行っていると、即効性はありませんが、3ヶ月くらいの期間を見ていくと着実に検索順位を上げることに成功をしています。

従来は自分で無料ブログを開設して、そこから被リンクを行えば検索順位が上がっていた時代もありました。

しかし2020年においては、ほとんど意味がないと思われ、それよりもホームページ内をしっかりと更新することに注力する方が良いでしょう。

ソーシャルメディアは効果的?

はっきりとは分かりませんが、当社の実績では、ソーシャルメディアを利用している会社はSEOで成功しているように思われます。

これはソーシャルメディアからの流入がない場合でも、SEOで成功していたら、ソーシャルメディアも使っているというケースをよく見かけます。

ソーシャルメディアには、ツイッターかフェイスブック、ラインの3つを提案するのですが、特にツイッターとフェイスブックが効果を発揮しているように思います。

ソーシャルメディアからの被リンクはnofollowが付与されているため、SEO効果を出すためにサイト運営も行っているのでそちらの効果かも知れません。

ただ、nofollowであってもグーグルの判断次第では効果が出る可能性もあるという情報もあります。

そのため、当社では、SEOでキャパが超えていなければ、ソーシャルメディアも利用していただくようにしています。

上位表示キーワードの多さが成果に直結

ホームページの提案時に上位表示キーワードを定めるのですが、基本は、2,3個になっています。

しかし最近の傾向としては、この2,3個が上位表示できたけれども、他の重要キーワードのランキングが低いと成果が出ないように思われます。

昔は、本当に重要なキーワードを見極めて、そのキーワードでSEOを行うだけでも成果を出しておりました。

しかし現在では、トップページだけでも、10以上は設定し、さらには個々のページで上位表示を行う必要があると思われます。

その分作業量が増えて大変じゃないの?と思われるかもしれませんが、実は作業量としてはそれほど変わっておりません。

ただ、ホームページで成果を出すまでの期間が少し伸びたように思われます。

会社によるがトップページSEO不要論

これはWebサイト制作会社やSEO業者にもよりますが、最近ちょくちょく聞くのがトップページはSEOを考えなくても良いという発言です。

その理由は下層ページで上位表示を狙っていくことが大切で、そこでしっかりとコンバージョンをさせることが大切だそうです。

確かにこの効果は非常に高いとは思いますが、弊社では、下層ページプラストップページが大切であると考えています。

現在のSEOにおいては、ホームぺージを制作しただけでは成果が出ません。

さらには被リンク効果は年々弱くなっているので、トップページを上げるには下層ページの量と質が大切になっています。

そのため、当社では下層ページをまずしっかりと作り込んでいけば、トップページも自然に上がる提案をしております。

2020年のホームページ制作は普通に作り運営

現在のホームページ制作ではSEOは必須です。

そのため、ホームページ公開後には必ずSEOを行っていただきますが、このSEOはすでにテクニックは出なくなりつつあります。

正しい文法を使い、普通にホームページを作り、そしてユーザーを考えて普通にサイト運営を行うことで成果が最大化されていくのです。

2020年よりも、21年や22年になってくるとその傾向がどんどん強くなっていくと思われます。

現在テクニックに頼ったホームぺージを公開されている方は、テクニックではなくユーザーを考えて普通に運営する手法に切り替えてはいかがでしょうか。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP