大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

2021年3月までにレスポンシブウェブデザイン作成を行おう

2021年3月までにレスポンシブウェブデザイン作成

2021年3月以降にグーグルはモバイル対応していないホームページのインデックスをしないことを検討しているようです。

このモバイル対応をしていないホームページをインデックスしない件においては、確定ではありませんが、スマホ対応を行っていないホームページをグーグルの検索結果から除外する可能性があるので、スマホサイトを制作していないあるいは、レスポンシブウェブデザイン作成を行っていないホームページは早急にスマホ対応を行う必要が出てきています。

弊社のお客さまの中にも、PCサイトだけで成果を出し続けている会社さまもいらっしゃり、そのような会社さまにおいては、現在提案中にはなっているのですが、しかし現在の提案で数社さまがまだPCサイトしかないので、一気にスタートしても3月には間に合わないかもしれません。

そこで今回は、このグーグルの2021年3月以降のモバイルファーストインデックスについて弊社で把握している限りの情報をお伝えいたします。

インデックスされないとどうなるのか

インデックスされないとどうなる

まず、インデックスされないということは、グーグルにそのホームページの情報を伝えることができないということになります。

どういうことかと言うと、基本的にはグーグルはホームページにあるさまざまなページを発見して、そしてその情報をグーグルのデータベースに保管して、それから検索順位を決定するプログラムを流しています。

このページの発見とデータベースへの登録を行うことを基本的にはインデックスと言うのですが、それを行わないということは、基本的にはグーグルの検索結果に表示されないということになるのです。

もちろん、まったく検索結果に表示されなくなるのか、検索順位を単に大きく落とすだけなのか、あるいはあまり変動がないのかは実施されてからでなくては分かりませんが、しかしインデックスされないとなると、そのホームページがグーグルの検索結果に表示されくなってもおかしくはないと思いますので、急ぎレスポンシブウェブデザイン作成などのスマホ対応を行うことがお薦めになります。

社名で検索しても表示されない可能性もある

社名検索でも引っかからない可能性もある

そしてかなり大きな問題だと思いますが、このスマホ対応していないホームページについては、インデックスされないということは、社名検索をしても検索結果に表示されない可能性があります。

社名検索で引っかからないとなると、そのホームページ自体の価値は0になるということになり、まったく検索からの訪問者がいない状態のホームページになるということです。

そうなってしまうとさすがに問題があると思いますので、取り敢えず社名で引っ掛けたいとお考えの方は、何かしらの対策を行うことが大切です。

その対策法とは、グーグルサイトを利用することになっており、グーグルサイトであれば、無料で簡単に会社概要のホームページを制作することが可能です。

ただし、これはあくまで一時的な対策になっており、取り敢えずスマホ対応していないホームページは、現状でSEOでまったく成果が出ていないあるいは、成果を出し続けているのどちらかになると思いますので、成果が出ていない場合は、1ページのホームページ制作を、現状で成果を出し続けているホームページの場合は、急ぎスマホ対応を行うようにしましょう。

被リンク効果も無くなるかもしれない

被リンク効果がなくなる可能性もある

そしてグーグルサーチコンソールなどを利用して、被リンク元のホームページをチェックして、もしこの被リンク元のホームページがスマホ対応を行っていない場合は、リンク数が激減する恐れがあります。

被リンクの効果については、いろいろな意見があると思いますが、弊社が考えるには、その被リンク元のページがグーグルにインデックスされたときから効果があると思っております。

そうなってくると、スマホ対応を行っていないページからの被リンクすはすべて削除されたことになってしまい、その割合が多い場合には、一気に被リンクが消えるため、ホームページの検索順位を落としてしまう恐れがあるのです。

こればかりは仕方がないことになるのですが、予め自社の被リンク元のホームページがスマホ対応をしているかのチェックをして、もしその割合が非常に大きい場合は、自分で被リンク対策を行ったりして、数を調整していくことが重要になります。

ただ、なんとなくですが、現在の被リンクについては大半がスマホ対応をしているようなイメージになるので、スマホ対応していないホームページからの被リンク数が多いというのは珍しいケースではないでしょうか。

スマホサイトは要注意

スマホサイトの場合は注意が必要

現在はほとんど見かけませんが、スマホ対応をレスポンシブウェブデザインではなく、スマホサイトを制作しているホームページも設定に注意が必要です。

この場合グーグルが適切に判断できるかどうかは、運次第になっており、もし適切にスマホサイトを認識できなければ、検索順位が一時的に消える恐れがあります。

もちろんおそらくですが、そのまま放置ということはないと思いますが、しかしスマホサイトを制作している場合には、最新の注意を払い設定を再度見直しておくこと、そしてグーグルが正しく認識してくれるように祈るくらいしか方法がありません。

もちろん意味があって、スマホサイトを制作している場合であれば、そのままでも良いのですが、しかし特に理由がなくスマホサイトを制作している場合においては、今後もグーグルの仕様変更でさまざまな検討点が増えることを考えれば、この機会にレスポンシブウェブデザイン作成を実施されることがお薦めです。

レスポンシブウェブデザインでホームページを制作しよう

レスポンシブウェブデザインでホームページを制作しよう

弊社では、レスポンシブウェブデザイン対応サービスを提供しており、当記事をご覧の方はぜひ一度自社のホームページのレスポンシブウェブデザイン作成を検討してみてはいかがでしょうか。

弊社であれば、レイアウトは多少問題を抱えることになりますが、現状のホームページを生かして、レスポンシブウェブデザイン作成が可能ですので、比較的安くスマホ対応を行うことが可能です。

この機会にぜひスマホ対応を行われていない会社さまは、弊社のレスポンシブウェブデザイン作成サービスをご検討ください。

現状のホームページを生かしたレスポンシブウェブデザイン作成から完全にホームページをリニューアルするれポンシブウェブデザイン作成までお客さまのご要望に応じたスマホ対応を行います。

TOP

ホームページ制作実績