サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

2021年6月3日のコアアルゴリズムアップデートで検索順位がダウン

2021年6月のグーグルコアアップデートでSEOが落ちた

当記事は、2021年6月5日の記事から少しコンテンツを追加しております。

2021年6月3日に、グーグルはツイッターでコアアルゴリズムアップデートを実施したと報告がありました。

このコアアルゴリズムアップデートは簡単に言うと、これまでとは異なった指標で再度ホームページのコンテンツを再評価するものになっており、グーグルは基本的に検索順位を決定する仕組みであるアルゴリズムの微調整は常に行っているのですが、このコアアルゴリズムアップデートにおいては、大幅な見直しが行われるものになっております。

そのため、このコアアルゴリズムアップデートがあると、もちろん順位が変わらないホームページも多くあるのですが、大幅に順位を落としたり上げたりしていることも多くあり、SEOに強いWeb制作の行い方を少し変更する必要がある場合もあります。

そして弊社では、2021年6月3日のグーグルのコアアルゴリズムアップデートで大きく順位を落とす結果となってしまいました。

2021年6月のコアアルゴリズムアップデートは7月にもある

7月にもコアアルゴリズムアップデート

今回の2021年6月のコアアルゴリズムアップデートは、実は7月にも再度行われるものになっております。

その理由については、単純にグーグル側の準備が間に合わなかったと公表されているため、取り敢えず6月の時点でできているところまでをアップデートし、作業が完全に終わった7月にも再度アップデートを実施する流れになっているようです。

そして、この発表と共に、6月に下がり7月に上がることもあるし、6月に上がり7月に下がることがあるとも公表されているため、今回の6月のアップデートの結果を受けて、急いで対策を取るのはあまりオススメではありません。

もちろんこれは、対策を取らないほうが良いということではなく、もし6月に検索順位が落ちたため対策を行ったとして、そのままの状態であれば7月に順位が上がっていた可能性があるのに、改定してしまったために、7月のコアアルゴリズムアップデートでもさらに順位を落とす可能性があるのです。

そのため、今回のグーグルのコアアルゴリズムアップデートが完了するまで、すなわち6月・7月の作業においては、仮に検索順位が6月に落ちたとしても急いで対応するのではなく、7月のアップデートで元に戻るあるいは、もともとの検索順位以上になる可能性も考えて、しっかりと普段の業務、すなわち新規ページの作成のみに力を入れることが良いでしょう。

ただし、スパム的な対策を行っているホームページの検索順位が落ちている場合は、そのスパムがグーグルにばれてしまった恐れがあるので、まずはWeb制作直後に導入するグーグルサーチコンソールから手動スパムを受けていないかの確認と、スパムではなく、まっとうな運営へと切り替える必要があります。

弊社は6月に順位を落とした

6月に順位を落とした

そしてこれは弊社の話になるのですが、実は本日2021年6月5日に検索順位を確認してみると、弊社が狙う30のキーワードで平均で8位ほど順位を落としておりました。

この8位落としたのは、かなり弊社としても痛手になっており、Web制作当初からSEO作業は定期的に行っていたため、もともとは30キーワードのうち29キーワードで1ページ目になっていたのですが、30キーワードすべてが2ページ目、最も下落した2キーワードは、3ページ目まで順位を落としておりました。

そのため、内心は少し焦っておりますが、しかし7月にもアップデートがあるため、取り敢えずは7月のアップデートの結果を待つことも込めて、7月いっぱいまでは、リライト作業を行わず、新規ページの作成に力を入れようと考えております。

この新規ページは間違いなくSEOに効果があるものになっているので、取り敢えずは、8月1日までは新規ページの作成の作業だけを行おうと考えております。

もしこれで7月にも検索順位が戻らなかった場合には、しっかりと対策を行っていき、元の順位以上の検索順位まで高めようと考えております。

幸いにもクライアントサイトは影響なし

お客さまには影響なし

そして弊社が見ている中で、幸いにも弊社がWeb制作を行った会社さまには影響がなかったように思われます。

基本的にはクライアントサイトと弊社の違いというのは、ほとんどないものになっているので、違う点と言えば作成している原稿が異なるだけになっております。

そのため弊社でも、取り敢えずはおそらく一時的に検索順位が下がっただろうと見ており、8月1日には戻っていることを信じております。

今回のアップデートの対策法

アップデートの対策法

今回のアップデートの対策については、基本的には7月以降でないと判断ができないものになっているため、現段階では昔のSEOと同じ提案をしております。

しかし、8月15日とかには、おそらくある程度情報も回っていると思われますので、何か大幅に提案内容を変えないといけない場合は、変更していこうと考えています。

実際に2021年11月7日現在でも、このグーグルコアアルゴリズムアップデートの内容は分からないものになっていて、多く言われているのが、ユーザーのためのWeb制作を行うしか方法はないと言われておりますので、しっかりとユーザーのためのホームページとすることでSEO効果を発揮することが可能であると思います。

現段階の問題点

問題点

そしてコアアルゴリズムアップデートの前から少し気になる点があり、それは、グーグルサーチコンソールの「カバレッジ>除外>クロール済み - インデックス未登録」が急激に増えていたことがあります。

実際に弊社のホームページでは、5月半ば頃は40URLほどであっただった「クロール済み - インデックス未登録」が、2021年6月5日現在では90まで膨れ上がっており、さらには半分以上が新着情報やFAQ、スタッフブログの詳細ページになっているのです。

この「クロール済み - インデックス未登録」が、グーグルのコアアルゴリズムアップデートに影響を与えたかどうかは分かりませんが、しかし、8月以降にはコアアルゴリズムアップデートを除いても「クロール済み - インデックス未登録」の対策をしっかりと行う必要があると考えております。

これまでの弊社の実績で言えば、「クロール済み - インデックス未登録」は、恐らくそれなりに多かったとしてもSEOへの影響はほとんどないように思いますが、しかし実際にグーグルの公表ではインデックスされるページ数が多いほうがSEO効果が高いとも発言しているため、しっかりと「クロール済み - インデックス未登録」への対策が行われたWeb制作や運営を行うことが重要になります。

対策は6月10日頃から実施【11月7日の追記】

追記

そして、2021年11月7日の追記になりますが、弊社のホームページは最終的に50位ほど検索順位を落としてしまう結果となっており、何とかリカバリー作業に成功して、現段階で言えば、コアアルゴリズムアップデートの前の状態から平均で15位ほど落ちた結果となっております。

また、具体的な対策についても、2021年6月5日時点は、8月1日まで待とうと考えておりましたが、どうせ検索順位が落ちて検索からの訪問者が激減したのであれば、この機会にホームページ内をユーザ目線で改定しようと考え、6月10日頃からリカバリー作業を行っております。

すでに5ヶ月が経過しておりますが、基本的にはユーザーのためのWeb制作こそが検索順位を上げる施策になっており、このユーザーのためのホームページとすることで、コアアルゴリズムアップデートに被弾する前と比べて、検索からの訪問者数を倍増させることに成功いたしております。

ただし、主要な検索キーワードの順位については、まだまだ完全にリカバリーができていないため、今後は検索順位を上げる対策を行っていこうと考えています。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP