HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

SEO期限は2ヶ月?!2ヶ月でできることすべてをしたら目標を達成!

2ヶ月でSEO効果を出し成果を出せ!

ホームページ制作実績の会社さまになるウィズカッパーさまは、大体ですが、2ヶ月でSEO効果が欲しいとお話をいただきました。

ここで言うSEO効果とは、狙ったキーワードでの上位表示は必要がなく、取り敢えずはお問い合わせが獲得できれば良いというお話でした。

実際に2ヶ月でお問い合わせの獲得が必達だったので、少し難易度が高いと思いましたが、何とか達成ができています。

ホームページ制作中の仕様変更が多かった

当サイトはもちろん、企画調査設計は行っておりました。

その上で提案をさせていただいていたのですが、お忙しい社長さまが窓口として担当されていたため、結果的にホームページ制作中の仕様変更が非常に多かったです。

主な対応箇所としては、もともとは、1ページを作成して、そこに原稿を非鉄金属や伸銅品についての原稿をご用意いただく予定をしていました。

しかし、ホームページ制作が始まり、弊社もお恥ずかしい話ですが、非鉄金属や伸銅品はまったく詳しくなかったので、リライトあり気のダミーテキストを入れていました。

そして原稿作成を依頼してみると、このページはそんなに書く内容がないなどの問題が発生し、急遽構成の変更を行ったりしました。

また、サイト運営にもかなりこだわられ、もともとはウェブページで更新していただくはずが、やっぱりエクセルにして欲しいなどの要望もありました。

もちろん、SEOで成果を出すことも大切ですが、サイト運営も非常に大切ですので、お客さまが更新しやすいように仕様を変更してホームページを制作しています。

お問い合わせは2ヶ月でいいよね?

そして何とかホームページ制作が終わって、公開ができた後、お客さまにリスティング広告運用の説明をしていたときにお問い合わせの話になりました。

もともとのホームページ制作の提案は、SEOを基本として、集客力を高め、成果を出して、お問い合わせ数を増やすと言う内容になっています。

そしてSEO効果がいつ出るのかという話になったときに、お客さまの希望は公開後2ヶ月でお問い合わせが欲しいとおっしゃられたのです。

確かに気持ちは分かるのですが、さすがに無理だとお伝えしたところ、担当者を付けていただき、どのような作業でも行うので、何とかして欲しいとご相談をいただきました。

弊社としても、簡単には言えませんでしたが、成果の保証はいらないので2ヶ月以内と言うお約束で承認させていただきました。

更新頻度の最適化

まず最初に提案した内容は更新頻度を最適化する内容です。

もちろん、具体的にどれくらいの更新頻度であれば成果が出るかが分かりません。

ただ、できる限り多く更新して欲しいとお伝えをして、用語集と外電情報と言う価格の変動をお伝えするコンテンツの更新を多くして欲しいとお伝えしました。

実際に外電情報と用語集をほぼ毎日更新して頂いています。

また、用語集に限って言えば、アクセス解析のデータを見たり、マイクロソフトのヒートマップClarityなどを見て、少しでも効果的な改善を行おうと努力をしていただきました。

また、並行して弊社ではグーグルサーチコンソールを確認しながら、最適な計画立てや簡単な作業を無料で実施しています。

スタッフブログの更新はマニュアルを守る

次にスタッフブログの更新を提案しているのですが、ここでは更新頻度ではなく、本当にユーザーのためになるネタが思いついたら公開して欲しいとお伝えしています。

担当の方は普段からソーシャルメディアも無料ブログも利用した経験がなく、初めてのブログ更新になると言うことでした。

しかし、マニュアルをご用意させていただき、そこにユーザーのための記事作成の大切さをご紹介していて、それを100%守った原稿作成ができていると思います。

また、更新頻度が関係が無いので、写真などもしっかりとオリジナルで掲載をいただいていて、それも効果を出した要因の一つではないでしょうか。

グーグルは確かに画像は、一般的な検索とは関係が無く、画像検索に影響すると言っています。

ただ、オリジナル画像の方が効果がありそうなので、適切に対応はしておいた方が良いでしょう。

被リンク対策は知り合いから

短期間で成果を出さなくてはならないので、被リンク対策も行っています。

ただ、現在のグーグルやヤフージャパンなどの検索エンジンは、自演被リンクは見破ってしまい、すぐに無効化しています。

そのため、自演ではなく、取引会社や銀行、信用金庫、加盟協会などからリンクを貼ってもらいました。

また、もし原稿が必要であれば、しっかりとリンクがクリックしてもらえるような原稿を用意していただき、その原稿でウェブページを作成してもらっています。

ただ、この被リンクはあくまでおまじない程度で、上がってくれれば良いな程度の対策になっています。

フェイスブックなどの活用

最後の対策として、ソーシャルメディアを活用しています。

主に活用したのは、フェイスブックとツイッター、インスタグラムの3つです。

特にクライアントさまが力を入れたのがフェイスブックになっていて、社長さまと担当者、会社用の3つの運用を行っていただきました。

社長さまの更新は、旅行に行ったときに非鉄金属を利用している仏像などの写真で旅行と絡めた投稿をしています。

担当者さまと会社用では、ビジネスに関連する内容での投稿をしています。

2ヶ月でお問い合わせを数本獲得

上記の対策を2ヶ月間行ったところ、2ヶ月目の月でお問い合わせ数を数本獲得できました。

もちろん、当時はたまたまだろうと思っていて、トップページで狙っていたキーワードではまだまだ低い順位でした。

しかし、現在でも低い順位のまま着実にお問い合わせ数は増えていて、現在では月に8本程度のお問い合わせがあるようです。

何とか目標を達成できましたが、クライアントさまも、Webサイト制作会社である弊社も相当大変な労力を伴っています。

基本的にはホームページ制作では、具体的にいつまで必達は本当に大変です。

お客さまの慣れや作業量も考慮して、成果が出るまでの期間を定めるのが良いでしょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP