HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

301リダイレクトとは?ホームページ制作前に理解を

301リダイレクトとは?ホームページ制作前に理解を

ホームページ制作後にSEOを行われている企業さまであれば、301リダイレクトはご存知かと思います。

簡単に言うと、Aページを削除してBに301リダイレクト設定を行うことで、Aに訪問したユーザーをBへ転送させることが可能です。

また、さらには、実は検索エンジンもAのSEO評価の一部をBへと移動させることが可能になっています。

ホームページの301リダイレクトとは

301リダイレクトとは

301リダイレクトとは、ユーザーとSEO評価の転送ができる設定です。

一般的に301リダイレクトは、.htaccessに以下のような記載を行えば、転送が可能です。

かなり有名で、ホームページ制作でもたまに、現サイトの構成を変えるのであれば、「301リダイレクトが必要か」とご相談をされるケースもあります。

では、実際にどのような記述を.htaccessに行うかと言うと、以下になります。

.htaccessに記載

#についてはコメントアウトになり、#の後ろに何を書いてもグーグルに認識されません。

そして、Redirect permanentの後ろに半角スペースを入れて、301リダイレクト元のURLを記載します。

ここではドメイン名は不要で、/からの記載が必須になっています。

そして半角スペースを入れて、301リダイレクト先のURLを完全に記述します。

その後、サーバーにアップすれば、完了ですが、アップ後に本当に転送されているかを自分のウェブブラウザで確認しましょう。

この設定を行えば、基本的には元のURLへアクセスすると、ユーザーは自動転送されます。

ホームページ制作後に、サイト運営期間が長くなると、どうしても削除対象になるページも多く出てくるでしょう。

リンクが設置されていた場合に、しっかりと301リダイレクトを行えば、そのリンクを使った訪問者が404 NOT FOUNDではなく、関連するページへと転送されます。

また、さらには元から先へとSEO評価も移動されるようになっていて、先の検索順位が上がる可能性があります。

これが301リダイレクトになっていて、一般的にはそこまで難しい話ではありません。

当社のホームページ制作実績でも、ホームページを制作する前までは、まったくパソコンを触った経験がなかった方でも、結構すんなりと理解をされております。

301リダイレクトの効果

301リダイレクトの効果

301リダイレクトを設置する前に、効果についてもう少し詳しくご紹介をいたします。

主な効果としては、2点になっていて、この2点だけをしっかりと理解しておきましょう。

ユーザーが404 NOT FOUNDに移動しない

ページを削除すると、外部サイトからリンクを使ったやウェブブラウザのお気に入りから訪問したユーザーは、404 NOT FOUNDへと移動します。

これは非常にもったいなくなっていて、せっかくリンクやお気に入りから訪問してくれたユーザーが、御社サイト内で見たい情報を探さなくてはなりません。

ホームページ制作は、集客対策はもちろん重要ですが、訪問してくれたユーザーをおもてなしして、ホームページの成約率を高める対策も重要です。

成約率を高める対策として、削除したページと同じテーマへと301リダイレクトを行えば、訪問者は御社サイトでページを探さなくても求めている情報へ移動が可能です。

404 NOT FOUNDをユーザーに見せない対策は非常に大切で、もちろん、見られてしまうケースもありますが、できる限り閲覧される可能性を下げる必要があります。

当社はホームページ制作時に、オリジナルの404 NOT FOUNDは作成しますが、ユーザーの閲覧回数は0回を目標にしているとクライアントさまに説明しています。

SEO効果を最大8割引き継ぎ

301リダイレクトを行えば、AからBへとSEO評価を移行できる仕組みになっています。

結構有名な話になっていて、昨今のホームページ制作では、お客さまから確認されるケースがあるほどです。

ただ、この8割を引き継げるというのは過信してはいけません。

と言うのも、しっかりと計画を立てて、行っていなければ、実は8割のSEO効果を引き継げないケースが多くなっています。

細かな紹介は、以下の関連ページでなければマイナス評価でご紹介しますが、最大で8割を引き継げるが、場合によってはマイナス評価になると理解をしておきましょう。

301リダイレクトで知っておきたいSEOポイント

301リダイレクトで知っておきたいポイント

上記のように、404 NOT FOUND対策やSEO評価の引継ぎに効果がありますが、実際に301リダイレクトを行う前に知っておきたいポイントをご紹介します。

関連ページでなければマイナス評価

少し先述しておりますが、301リダイレクトは、元から先へSEO評価を最大で8割引き継げます。

そのため、ホームページを制作後に、とにかくページを作って、SEO効果が出ていなさそうなページは、削除をし、念を入れて301リダイレクトを行えば良いと考えられるケースがあります。

これは絶対にいけません。

と言うのが、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングの検索エンジンは、関連性がないと判断したら、逆にSEOとしてマイナス評価をしています。

そのため、絶対に関連性は意識をして行う必要があり、ページ同士のポイントを抑えましょう。

ポイントと表現したのは、例えば、ホームページ制作勉強法とWebサイト作成学習法のページがあったとします。

このときに、検索エンジンが、ホームページ制作とWebサイト作成、勉強と学習を同義語と認識していれば、関連性はあると判断されます。

しかし、もし同義語と認識していなければ、実は関連性がないと判断をされてしまい、その数が多いと検索順位を落としてしまいます。

実際にグーグル曰く、間違えた301リダイレクトを行い、本来あるべき検索順位になっていないホームページは本当に多いそうです。

そのため、関連性は、かなり意識が必要になっていて、当社ではホームページ制作時から口を酸っぱくしてお客さまにご説明をしています。

原稿が同じで8割

当社では、301リダイレクトについて、色々なホームページを閲覧しており、そしてあるグーグルの発言を見つけました。

それは、そもそも301リダイレクトでは、AからBへ行う際には、AとBのページの原稿が同じが基本になっているそうです。

ただし、利用法として、ホームページ制作法というAのページがあり、自分で行う方法や、ツールの紹介をしていたとします。

そして、Bのページには、ホームページ制作で成果を出す対策法を記載していて、Aに成果を出す対策法を記載し、Bを削除して、BからAへと301リダイレクトを行うケースもあります。

このようなケースもあり、必ず原稿が同じ必要がないそうですが、SEO評価の8割譲渡は、基本的にはAとBの原稿が同じケースだそうです。

そのため、それ以外は8割から減少をしていると認識し、最低ラインが、関連性がないページへの301リダイレクトによるマイナス評価になっているとのことです。

実際に、ドメイン変更を伴うホームページ制作やリニューアル、サイト運営の中で、同じ原稿でURLだけを変更するケースは非常に稀だと思います。

そのため、SEO評価の8割は引き継げないものになっていて、良くて5割程度であると認識しましょう。

ホームページ制作実績の企業さまや、当社では、5割程度なら不要だと考えていて、逆にマイナス評価が怖く、基本的には301リダイレクトはあまり実施していません。

リダイレクトループに注意

ホームページ制作後に、あまり301リダイレクトをやりすぎるのは駄目だと提案しても、実際に行われるお客さまもいらっしゃいます。

そのような、301リダイレクトを頻繁に行われるお客さまが意識すべきは、リダイレクトループになっています。

リダイレクトループとは、AからBへ、BからAへというような記述を行うことを言い、要するに、301リダイレクトが終わらず、永遠に回り続ける状態を言います。

このリダイレクトループは、主にページを削除したり、リダイレクトファイルを整理する際に発生するものになっていて、かなり注意が必要です。

.htaccessへの記載が増えると、発生しやすくなっていて、あまりに多い場合は、一度ファイル自体の整理をおすすめします。

グーグル曰く、1年経てば、301リダイレクトによるSEO評価は完全に移管が終わっているので、削除しても大丈夫と発言がありました。

念のために、1年ではなく、1年半や2年後に削除する計画を立てるのが良いでしょう。

Webサイト制作会社としては301リダイレクトは不要

制作会社としては301リダイレクトは不要

当社では、基本的には、ホームページ制作後に行うSEOレクチャーで、301リダイレクトは不要だと提案をしています。

一度公開したページの削除は基本的にしない、どうしても削除が必要な場合は301リダイレクトの必要はないと紹介をしています。

もちろん、100ページ中50ページを削除するなどの場合は、必要ですが、基本は削除をしないという提案をしており、最悪のケースでも削除しても1,2ページでしょう。

このような場合、削除を行うと、確かに検索順位が落ちるケースもありますが、落ちたとしても5位以内ですし、それほど多くの訪問者に404 NOT FOUNDで迷惑をかけることもありません。

そこから、先にしっかりとSEOや訪問者のために新規ページ作成を行っていれば、必ず期待通りの効果になります。

当社はホームページ制作はもちろん、サイト運営時には、SEOや訪問者対策として、作成したページは削除ができないと理解をいただいたうえで、ページ作成を行うことに注力しています。

301リダイレクトは、確かにリニューアル時などで行う必要があるケースもあります。

ただ、SEOのためにサーチコンソールのページにリダイレクトがありますを減らそうでもご紹介をしておりますが、301リダイレクト数を減らすことは非常に重要です。

これからホームページ制作を行うや、SEOを目的としたサイト運営を行われる方は、できる限り301リダイレクトは不要になると理解をして、ホームぺージ制作とサイト運営を行いましょう。

そうすれば、中長期的に見たときには、圧倒的にSEOが行いやすいホームページになり、期待以上に検索エンジンから見込み顧客を集客できるようになります。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP