大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

被リンクと指名検索のSEO効果の変化

被リンクと指名検索

SEOにおいて、まだまだ被リンクは重要な施策の一つです。

この被リンクにおいては、2015年頃までは、被リンクだけで上位表示を行うことができたのですが、現在は年々被リンク効果が弱くなっているように思われます。

そしてこの被リンクは、簡単に言うと、人気投票の一つになっており、たくさんのホームページからリンクをされていることは人気があると考えられることが一般的でした。

しかし、現在の被リンクにおいては、質の低い被リンクは無効化されたり、さらにはソーシャルメディアが主流の世の中であるにもかかわらず、ソーシャルメディアからの被リンクはスパムが横行してしまったため、無効化されているので、単純に被リンク数が人気投票ではなくなってしまったのです。

そして、弊社の推測にはなりますが、被リンクに代わり人気投票で利用されているデータの一つが指名検索になっていると思われます。

そのため、Web制作時にしっかりと指名検索を獲得する方法を検討することが現在のホームページにとって重要になっていると思われます。

被リンクとは

被リンクって何?

被リンク数が多いことは、基本的にはグーグルから人気があるホームページであるとみなされ、検索順位を上げる効果があります。

ただし、2015年頃のSEOでこの被リンクはスパムとして利用されていたため、グーグル自身も被リンクはスパムの可能性があると認識をしており、質の低い被リンクや闇雲に張られた被リンクはSEOで逆に検索順位を落としたり、簡単に被リンクが獲得できるソーシャルメディアからの被リンクを無効化するという処置を行っております。

そのため、被リンクだけでは純粋な人気投票ということができず、さらに実際に現在の検索順位において、ミドルワードくらいのSEOキーワードでは、被リンク数がほとんどないホームページも上位表示に成功しているのです。

このように、現在の被リンクは非常に難易度が高くなったのですが、実際にWeb制作会社が被リンク対策を提案することがあると思いますが、しかし基本は効果があるかどうかが分かりづらいものになっているので、コストをかけるのではなく、まずは無料ブログなどを使って、本当に良質なページの作成と良質な被リンクのみを行うことが一般的です。

指名検索とは

指名検索って何?

指名検索とは、例えば弊社で言えば、【株式会社セブンデザイン】や【大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ】などのように、会社名やスタッフブログなどの名称で検索することを言います。

この指名検索は、E-A-Tを高めることで、自然と増やすことが可能になっているのですが、弊社のWeb制作後のSEOサービスから言えば、恐らくこの指名検索数を増やすことが被リンクを獲得することと同じ効果を発揮しているように思われます。

このE-A-Tとは、専門性と権威性、信頼性の3つの要素があるのですが、この専門性と権威性、信頼性を高めること自体は、それほどSEO効果があるとは思えないのですが、しかし専門性と権威性、信頼性を高め続けていると、自然と指名検索が増え、そして指名検索が増えれば、SEO効果が高まっているように思われます。

もちろんこのE-A-Tを高める過程で、権威性や信頼性があれば、自然と被リンクを獲得できるようにはなっているので、もしかしたら被リンク効果で上がっている可能性は十分にあるとは思いますが、しかし被リンク数を増やすためにスタッフブログを更新しているときと、E-A-Tを高めるためにスタッフブログを更新しているときを比較したときに、E-A-Tを高めるために更新しているホームページの方がSEOで成功ししていることが多いように思われます。

そのため、Web制作が終わった後、まずはお客さまが行うことは、スタッフブログの更新にはなっているのですが、このスタッフブログの更新は基本的には、専門性があるページにすること、そして権威性と信頼性を高めるために新規ページを作成することで御社のSEO効果は飛躍的に高まるのです。

指名検索を増やすために

指名検索を増やす

このように弊社のWeb制作実績で見れば、指名検索を増やしているホームページがSEO効果を出しているように思われますが、この指名検索を増やすためにはどのような対策があるのでしょうか。

  • 内容が優れている
  • サイト名の覚えやすさ
  • 再訪利用がある
  • インターネット外の活動

上記の4点が指名検索を増やすための対策になっており、この4点をしっかりと行い続けることで指名検索数を着実に増やすことが可能になります。

内容が優れている

指名検索を増やすためには、基本的にはすべてのページが優れたページであることが大切です。

どんなに見込み顧客を集客していたとしても、それぞれのページの内容がしっかりとしていなければ、ユーザーはそのページの内容を途中まで見て離脱してしまったり、それ以上御社のホームページを見ようと思ってくれない可能性があるのです。

そのため、基本的には、現在のWeb制作では、すべてのページをユーザーにとって読みやすく理解しやすい、さらにはそのユーザーに有益な情報を公開することに力を入れてることが重要になるのですが、このユーザーのためにというのを、しっかりと運営段階でも行い続けることで、そのホームページの名称を覚えてくれ、しばらくした後に指名検索で再訪してくれるようになるのです。

サイト名の覚えやすさ

指名検索を獲得するにあたり、まずはトップページであれば会社名などでも良いとは思いますが、スタッフブログを制作する際には、そのスタッフブログの名称を覚えやすい名称とするのが良いでしょう。

弊社のスタッフブログは、特に指名検索を考えておりませんでしたので、「大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ」という名称になっておりますが、この名称よりももっと短くそしてユーザーの記憶に残る名称の方が、優れた成果を得ることが可能になるのです。

そしてホームページの質が高ければ、自然と指名検索を増やすことが可能になっており、本当に期待以上のSEO効果を発揮できるようになるのです。

再訪利用がある

Web制作時に再訪理由をしっかりと定めることが大切です。

この再訪理由としては、例えば弊社のスタッフブログであれば、日々しっかりと更新することで、ユーザーが最新の情報がないかを確認するために、再訪してくれるようになります。

この再訪理由については、決して複雑に考える必要はなく、弊社がWeb制作時にお客さまに「再訪理由を付けてください」とお願いすると、本当に難しく考えられてしまうことがありますが、どのような内容であったとしても、再訪する理由になっていれば問題がないので、そこまでの時間をかけて検討する必要はありません。

ただし、最新の情報を常に掲載するなどの再訪理由を定めれば、しっかりと最新の情報を公開し続けることが重要になっていて、これらを徹底して行い続けることで御社のホームページは、着実にユーザーが再訪してくれるようになるのです。

インターネット外の活動

インターネット外の活動も重要になっております。

例えば、リアルのイベントに参加する際にはそのイベントの告知用の印刷物で、しっかりとホームページがあることを打ち出すようにしましょう。

そして訪問者は1度目のアクセスでは指名検索になりませんが、そのホームページに書かれている内容が良ければ、御社の社名を暗記してくれ、二度目の訪問時には指名検索を行ってくれるのです。

この活動は、現在のWeb制作においては非常に大切で、もちろんお客さまによってはSEOに依存してしまうこともありますが、SEOは日々進化するものになっていて、コアアルゴリズムアップデートに意図せず被弾してしまうこともあるので、被弾してしまった場合でも一定数の見込み顧客を集客し続けることができる集客対策を実施することで、訪問者数の底上げが可能になり、ホームページの質が高ければ、再訪してくれるようになるのです。

まだ完全ではない

完全ではない

このように、年々被リンクの価値が落ちてしまう代わりに指名検索のSEO効果が出ていると思われます。

そのため、Web制作直後には基本的にはSEO対策のための運営を行うのではなく、E-A-T対策を中心にして運営を行うことが重要になっており、このE-A-T対策を中心にした運営を行い続けることで、御社のSEOは飛躍的にその効果を高めることが可能になるのです。

現在のSEOは、テクニックとして捉えることももちろん必要になっておりますが、基本的にはE-A-T対策をしっかりと行い続けることも重要になっているので、しっかりとE-A-T対策を行い指名検索数を増やすことで御社のSEOは成功するのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績