HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作後スタッフブログの記事作成が大変な方の選択肢

スタッフブログ以外の選択肢

当社のホームページ制作では、公開後はSEOのためにスタッフブログの更新をお願いしています。

このスタッフブログの更新は、ほぼすべての企業さまが大変だと言う内容になっているので、相当大変です。

そこで今回はスタッフブログの更新が大変だとお考えの方のための選択肢をご紹介します。

スタッフブログ運営は本当大変

ホームページ制作実績の会社や当社では、SEOのためにスタッフブログの運営を行っています。

実際にこのスタッフブログの運営で行うのは、新規ページ作成とリライトの2つになっているのですが、相当大変な労力が必要です。

実際に当社も当スタッフブログを2010年ごろから運用をしているのですが、それから毎日必死に原稿作成を行っております。

基本的には5年程度であれば、新規ページ作成とリライトだけで充分な対策になっております。

しかし、10年もなると、削除するページが出てきたり、さらには過去に記述した原稿のページを探して、リライトをしたりと本当に多くの労力が必要です。

このようにスタッフブログの運営は割と大変なものになっているので、実はスタッフブログに依存し続けるのはあまりおすすめではないのです。

では、記事作成が大変だなと思ったときの選択肢をご紹介いたします。

実績や事例

作業量で言えば圧倒的におすすめなのが実績や事例コンテンツです。

これらのコンテンツは、実はそれほど時間をかけずに、新規作成が可能です。

もちろん、現在のSEOで言えばタイトルに対しての詳しさが重要になっています。

ここで言う詳しさとは文字数ではありません。

その実績や事例に対してしっかりと説明をすることだけを意識して良いのです。

実際にホームページ制作実績のプラシアさまの事例コンテンツは、それほどの文字数ではありませんが、高いSEO効果を得ています。

このように、ユーザーがそのページタイトルの内容で何を求めているかをしっかりと検討をして、そしてそのニーズに応えるコンテンツを作成すれば必ずSEO効果を得れるのです。

もちろん、事例や実績数には限りがあり有限です。

そのため、掲載できる案件があれば、しっかりとすべてを網羅させることが重要になります。

よくあるご質問

最近はホームぺージ制作時に提案する機会は現減しましたが、次におすすめするのがよくあるご質問です。

こちらのコンテンツについては、当社サイトのように1ページに網羅させるよりも、1つのよくあるご質問ごとに1ページが必要です。

そして更新内容としては、基本的にはスタッフブログに近いものになっていて、しっかりと質問に対しての回答を紹介しなくてはなりません。

ただし、実はスタッフブログと違い、1点だけ作業時間を短縮する方法があります。

それは、実際にユーザーからの質問があったときに、その質問内容と回答をメモしておけば、そのままアップが可能な点です。

ビジネスを行っている以上、企業規模にもよりますが、1週間で1つ以上は質問があると思います。

そしてその質問をメモして、ホームページにアップしていけば短時間で1ページが作成できるのです。

1点だけ時間がかかるとすれば画像の準備にはなりますが、この画像の用意は慣れてしまえば数分の作業です。

そのため、実績や事例系コンテンツの次におすすめするのはよくあるご質問になっております。

お客さまの声

扱い方が難しいですが、お客さまの声も効果的なコンテンツになっています。

このお客さまの声では、基本的にはサービス利用者に対してアンケートを書いてもらい、その内容をそのまま公開すれば良いと思われます。

また、基本的には紙媒体で書いてもらった場合は、その紙のキャプチャー画像のアップとテキストに起こす作業を行いましょう。

現在のグーグルの画像認識力は日に日に高まっていますが、画像だけは少しリスクがある可能性もあるので、テキストにしておいた方が安全です。

また、基本的にはお客さまの声は御社が文字数を制御できません。

そのため、多い文字数のお客さまの声もあれば、短い文字数のお客さまの声もあります。

この対策としては、多い場合は詳細ページを、短い場合は一覧のみに表示されるなどの対策が良いでしょう。

文字数とSEOは関係がありませんが、しかし多い場合は、間接効果を狙って、1ページで公開したほうが良いと思われます。

そのため、この作業はホームページ制作時の企画段階で定める必要があります。

YouTubeの考察記事

お客さまのビジネスに関連するYouTubeを見つけ、その動画を見た感想などを用意するのも良いでしょう。

もちろん、単に音声をテキスト化するという意味ではありません。

基本的には現在の検索エンジンは、御社独自のテキストを評価しているため、御社がその動画を見て何を思いどう感じたかを紹介するのも評価対象になっています。

ただ、他人が上げた動画になっているので、それについてあまり厳しい意見は非常に言いづらいものになっています。

そのため、厳しい意見ではなく賛同するようなYouTubeを見つければ、それについての記事ページを作成するようにしましょう。

また、YouTubeについては単にURLを張り付けるだけではなく、そのページに埋め込むのがもっともベストです。

埋め込んでしまえば、そのページの滞在時間が伸びるため、SEO効果を得れる可能性が高まるのです。

日記っぽい記事

当社のホームページ制作実績でも作成することがあるコンテンツです。

基本的には日々の日記を公開しても、ビジネスに関連していなければ成果を出せません。

そのため、日記っぽい記事、すなわち3割以上はビジネスに関連するけれども、ベースは日記になっているような記事ページの作成も効果を発揮します。

例えば当社で言えば、都島を歩いていたら、こういった看板にアドレスが張られていて、ホームページを見たらどこどこが非常に良かったなどになっています。

これは結構ネタ切れにもなりづらいコンテンツであるため、更新頻度はかなり高く保てると思われます。

ただ、一点だけ注意点があり、それは類似コンテンツにならないことです。

日記になっているので、同じ内容で記事を作成してしまうリスクだけはかなり注意が必要です。

ただ、これさえ意識して守っていれば、更新が非常にしやすくSEO効果も期待できるので、お客さまの選択肢の一つであると言っても問題ありません。

新着情報

新着情報の扱いは本当に難しいです。

極端に文字数が少ないと内容が薄いホームページと見なされて検索順位が上がりませんし、文字数が多すぎるのは原稿が作成できません。

そのため、思いつかない場合のみ新着情報で対応するのが良いでしょう。

この新着情報では、文字数ではなく、そのタイトルに対して詳しいかどうかだけが重要ですが、しかしある程度の文字数は意識したほうが良いです。

具体的に当社がホームページ制作後にお客さまに提案するのが500文字以上です。

もちろん書けるのであれば、1,000文字や1,500文字ですが、最低500と認識しましょう。

ビジネスと更新頻度で検討

スタッフブログの更新に疲れた場合、当社がよく提案するのが上記です。

基本的には上記以外であっても問題はありませんが、ただし必ずビジネスに関連する内容でお願いしております。

現在のSEOはビジネスに関連しない内容だと、逆に狙っているキーワードの検索順位を落としてしまいます。

そのため、まずはビジネスに関連する内容であるかを検討しましょう。

そして次に検討すべきは更新頻度です。

現在フレッシュネスと言い、更新頻度が高い方が検索順位が上がりやすいと言われています。

そのため、更新頻度を最適化できるコンテンツに絞り込めば、スタッフブログの代わりになるコンテンツ作成が可能です。

現在のホームページ制作でSEOは必須です。

しかし、SEO作業は本当に大変なので、運営作業をしっかりと行えるコンテンツを検討して、作成する必要があるのです。

また、基本的には例えば5ページを作成しても効果が出ないと考えるケースがありますが、効果が出ないのは当たり前です。

10ページや100ページ単位で考えていくことが重要になっています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP