セブンデザイン 成果を追求した大阪のホームページ制作会社

  • 2023.07.19

AISCEASの法則で成果が出るホームページを制作

AISCEASの法則とは、インターネット時代の購買行動を考慮したデジタルマーケティングの核心的理念です。この法則は、一般的にはモデルやメディア戦略の範疇として語られることが多いです。しかし、この法則をホームページ制作の初期段階から取り入れることで、訪問者の興味や行動を引き出し、購入へと導く効果が飛躍的に向上します。

この法則を適切に活用することで、ホームページは単なる情報提供の場から、消費者の購買プロセスを活発化させる有効なツールへと変貌します。ホームページ制作においてAISCEASを適切に採用することは、企業や商品の認知、興味の喚起、そして最終的な購入へと導く重要なポイントとなります。このページでは、その法則をどのようにホームページ制作に活用するか、具体的な事例や方法を通して詳しく解説いたします。

ホームページ制作で利用するAISCEASの法則とは

AISCEASの法則は、インターネットが普及する現代の消費者の購買行動を的確に捉えた新しいモデルです。この法則を理解し、ホームページ制作に取り入れることで、訪問者を効果的に商品やサービスへと導くことができます。

まず、認知・注意(Attention)の段階。この段階では、訪問者にサイトの存在を知ってもらい、興味を引きつける必要があります。次に、興味・関心(Interest)を刺激するコンテンツやデザインが求められます。訪問者が情報を検索(Search)し、他のサイトやサービスと比較(Comparison)することは、今のインターネット時代の特徴です。ここで、ホームページ上での詳しい情報提供や利点の解説が必要となります。

検討(Examination)段階では、訪問者が購入や依頼に至る前の最後の判断を行います。この時、明確な呼びかけや行動(Action)への誘導が欠かせません。最後に、良い経験や情報を共有(Share)することで、新しい訪問者や顧客を引きつけることができます。

この一連の流れをホームページ制作に反映させることで、訪問者のエンゲージメントを高め、結果的に成果を上げることが可能です。そして、AIDMAの法則を知っている方も多いかと思いますが、デジタルメディアの進化に伴い、AISCEASの法則の方が現代の消費者行動をより正確に捉えていると言えるでしょう。

ホームページ制作を進める際、AISCEASの法則をしっかりと取り入れ、訪問者の行動を正確に予測し、効果的なサイトを制作しましょう。

認知・注意と興味・関心

インターネットが日常の一部となった現代、ホームページ制作の初めの一歩は「認知・注意」と「興味・関心」の2つのフェーズです。これらのステップは、AISCEASの法則においても非常に重要な位置を占めています。

ホームページが注目を集めるためには、まずその存在をユーザーに知ってもらわなければなりません。この「認知・注意」フェーズは、SNSやメディア広告、さらにはテレビのCMなどを活用してホームページへの誘導を図る段階です。例えば、ある企業が新しい商品やサービスを提供する際、ユーザーがその情報をインターネットで検索したとき、ホームページが上位表示されることで「認知・注意」を引きつけることができます。

次に、「興味・関心」の段階。ユーザーが一度サイトを訪れた際、彼らの興味や関心を引きつけるコンテンツやデザインが不可欠です。情報の提供や商品の特長、サービスの強みを明確に伝え、ユーザーがさらに深くページを探索するきっかけを作るのです。

ホームページ制作会社として、この二つのポイントを強化することは、購買プロセスの初めの一歩とも言えます。ユーザーがサイトを訪れて商品やサービスを購入するまでの流れをスムーズに進めるため、まずはこの「認知・注意」と「興味・関心」をしっかりと考慮したホームページ制作が必要となります。

検索

インターネット時代の今、消費者の購買行動は従来よりも複雑になりました。多くのユーザーは、購入やサービスの利用を検討する前に、インターネットでの検索を行うことが増えています。この検索プロセスが、AISCEASの法則における重要なフェーズとして位置づけられています。

検索エンジンを活用した際、上位に表示されるホームページは、そのブランドやサービスへの認知・関心を高める絶好のチャンスです。そのため、ホームページ制作時には、ユーザーが求める情報を提供すること、そして検索エンジンでの上位表示を目指すことが不可欠です。

制作するホームページのタイトルやメタディスクリプションは、企業やサービスの特徴を明確に伝えるための要となります。例えば、同業種の競合が多い場合や、似たような名前の企業が存在する場合、明確なビジネス内容の打ち出しは非常に重要です。

さらに、ユーザーが具体的なキーワード、例えば「業種名+地域名」での検索を行うことも少なくありません。このようなユーザーも意識し、ホームページの内容やディスクリプションを工夫することで、検索エンジンからの訪問者を増やし、最終的な購買やサービスの利用へとつなげることが可能となります。

AISCEASの法則を理解し、適切にホームページ制作を行うことで、検索時代の消費者の行動を有利に進めることができます。

比較

インターネット時代、購買行動は単純なものではありません。消費者は、情報を求める際に複数のサイトを検討し、最も魅力的なホームページに注目する傾向があります。特に、特定の業種や地域名での検索時、比較を無意識に行うユーザーが増加しています。

この比較のステージで優位に立つためには、競合他社を凌駕するクオリティのコンテンツが不可欠です。ホームページ制作の際、その目的やコンセプトだけでなく、競合との比較を意識した情報提供が重要となります。

実際に、上位表示を目指すキーワードでの検索結果を分析し、1位から10位までのサイトの内容を深く研究することで、その差別化ポイントや独自性を見つけ出すことができます。そして、これらの情報をベースに、ユーザーにとって価値のある、興味を引くコンテンツの制作が求められます。

しかし、一度制作したホームページを放置するのではなく、アクセス解析を定期的に行い、ユーザーの反応や動向を把握することが大切です。このデータを元に、必要に応じてリライトを行うことで、常に最新のニーズに応えたページを提供することが可能となります。

結論として、AISCEASの法則に基づいたホームページ制作は、単なるデザインや内容の更新だけではなく、競合との比較を意識した情報提供と、その後の適切な運営が鍵となります。

検討

インターネット時代の購買行動は、単純な情報収集からではなく、深い検討のプロセスを経て消費者の最終的な選択が行われます。AISCEASの法則に基づくホームページ制作は、この検討の段階でユーザーに最も影響を与える要素となります。

検討は単なる比較のステージではありません。ユーザーは、情報収集した上で、関連するページや内容に目を通すことで、自身の購入意向や興味を絞り込んでいきます。この時、ホームページ上の一つ一つのページが質の高いコンテンツで構成されているかが、非常に重要となります。

質の高いコンテンツとは、ユーザーが求める情報やサービスを明確に、かつ魅力的に伝えるものです。例えば、商品の詳細情報、利用者の声、関連する事例やサービスの特長など、ユーザーが知りたいと思う内容を的確に伝える必要があります。

また、制作時には、各ページのデザインや情報の構造も大切です。ユーザーが無駄に迷わず、必要な情報を簡単に探し出せるサイト構造となっているか、再度の検討を行う際にストレスなく操作できるかがキーとなります。

AISCEASの法則を意識したホームページ制作では、検討の段階でのユーザーの動向や興味をしっかり捉え、彼らが求める情報提供を行うことがポイントとなります。これにより、ユーザーが最終的な選択を行う際に、御社のホームページやサービスが有力な選択肢として考慮される確率が高まるでしょう。

行動

インターネット時代の普及に伴い、ユーザーの購買行動も大きく変わってきました。特に、AISCEASの法則を用いたホームページ制作は、この行動の核となるポイントをしっかりと捉えています。行動とは、具体的には商品やサービスの購入、または問い合わせを行ってもらうことを指しますが、その背後には多くのプロセスや情報が絡み合っています。

ユーザーが行動を起こす際、最も大切なのは「シンプルで使いやすい」インターフェースです。検索や比較、そして検討を経て、最終的に行動に移る段階で、ホームページの操作性やデザインが難解だと、訪問者はその時点で離脱してしまう危険性があります。

ショッピングカートや問い合わせフォームの制作に際しては、LPO(Landing Page Optimization)の考え方を活用することが必要です。これにより、ユーザーにとってストレスフリーで扱いやすいページ構造となります。

また、行動を取りやすくするためのポイントとして、情報の提供や商品の特長、料金相場、事例の紹介など、ユーザーが求める内容を充実させることが大切です。時代の流れとともに、テレビや他のメディアからインターネットへと情報収集の主流が移行してきました。この変化を意識し、ホームページ制作においてもユーザーの行動をしっかりとサポートする内容を考える必要があります。

総じて、AISCEASの法則を基盤にしたホームページ制作は、ユーザーの購買行動を深く理解し、それを最大限サポートすることを目的としています。行動の段階での最適化は、企業としての成功を大きく左右する要素となるでしょう。

共有

インターネットが日常の一部として普及する現代、情報や経験の共有が非常に重要となっています。特に、ホームページ制作においては、ユーザーが得た価値を他者と共有することで、企業やサービスの認知拡大が期待されます。

AISCEASの法則を考慮したホームページは、その中でも「共有」の側面が魅力的に映る要素として位置づけられています。ユーザーが購入した商品や利用したサービスに満足した際、それを自らのネットワークやSNSで拡散し、興味を持った新しいユーザーを引き込むチャンスが広がります。

一方で、企業側としては、この共有のプロセスを無視してはならない。ただ待っているだけではなく、ユーザーが簡単に情報を共有できるようなメカニズムやツールの提供が求められます。シンプルな共有ボタンの配置や、共有時に表示される情報の最適化など、細かなポイントが絡み合っています。

また、企業としては、共有される情報の内容や質にも注目が必要です。例えば、サイト内の興味深い記事や有益な情報、ユーザーにとっての価値を明確にしたキャンペーン情報など、共有しやすく、そして共有される価値があるコンテンツ制作が重要となります。

総じて、AISCEASの法則を活用したホームページ制作において、共有は避けて通れない要素です。時代の流れに乗り、この共有の価値を最大限に引き出すような戦略と施策の実施が、成功への鍵となるでしょう。

まとめ

インターネットの普及と共に、ホームページ制作の手法や戦略も進化してきました。中でも、AISCEASの法則は、現代のオンライン消費行動と密接に関わる要素を持つモデルとして注目されています。

事例として、ANA・JAL株主優待即納サービスの制作実績を挙げると、AISCEASの法則を適用した結果、日々100人近い新規購入者を獲得しているのは驚異的です。この成功の背景には、SEOの適用やSNSでの拡散、紹介制度の活用など、多岐にわたる施策が組み込まれています。しかし、これらのポイントは、すべてAISCEASの法則を根底に置いた上での取り組みであり、それが大きな成果を生んでいるのです。

この法則を活用することで、ユーザーの購買プロセスや情報検索の行動を深く理解し、それに合わせたサイトデザインやコンテンツの提供が可能となります。広告やメディアを通じた情報発信だけでなく、ユーザー自身が興味を持ち、共有する価値のあるホームページを制作することが、この法則の真髄と言えるでしょう。

これからホームページを制作する企業や個人は、時代のニーズに合わせてAISCEASの法則を取り入れることで、より多くの訪問者との接点を持ち、その結果としての成果を期待することができます。