大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/8/01

ワードプレスのSEOを強化する「All in One SEO Pack」

多くの企業様が、自社でホームページの更新ができるというメリットと、SEO対策に強いというメリットから、ワードプレスでホームページを制作されたかと思います。

しかし、ワードプレスは通常の機能だけでは、SEO対策に強いと言うことはできず、例えばページごとにメタディスクリプションやメタキーワードを設定できないなどの問題点があります。

そこで、ワードプレスのSEO対策の定番プラグインである「All in One SEO Pack」をご紹介いたします。「All in One SEO Pack」を導入することで、「ページごとのディスクリプションやキーワードの設定」や「Canonical URLsの設定」など、様々なSEO対策が簡単に行なえるようになります。

「All in One SEO Pack」でできること

「All in One SEO Pack」をワードプレスに導入することで、以下の機能が追加されます。

・トップページのページタイトルとディスクリプション、キーワードの設定
・記事ごとのページタイトルとディスクリプション、キーワードの設定
・Canonical URLsの設定
・検索エンジンに認識されたくないページの設定 など

これらの機能は、SEO対策にとって非常に重要となるため、「All in One SEO Pack」は、SEO対策を意識しているホームページであれば、必ず導入しなくてはなりません。

「All in One SEO Pack」で行うべきこと

「All in One SEO Pack」を導入したら、行っておきたいことをご紹介いたします。

詳しく「All in One SEO Pack」を知りたい方は、「All in One SEO Pack」の初期設定のページをご確認ください。

「All in One SEO Pack」の初期設定はこちら

トップページのタイトルとディスクリプション、キーワードを設定

トップページのタイトルとディスクリプション、キーワードを設定

「All in One SEO Pack」をインストールすると、管理画面の左ナビゲーションに「All in One SEO」というメニューが出てきます。

その中にある「general settings」を選択し、「general settings」のページの2番目の項目「Home Page Settings」にある「ホームタイトル」と「ホーム詳細」、「ホームキーワード」を設定します。

「ホームタイトル」は、トップページのタイトルになり、「ホーム詳細」は、トップページのディスクリプション、「ホームキーワード」は、トップページのキーワードになります。

各ページのタイトルとディスクリプション、キーワードを設定

ページのタイトルとディスクリプション、キーワードを設定

「All in One SEO Pack」をインストールすると、記事投稿画面の下部に、「Title」と「Description」、「Keywords」の入力欄がでてきます。

そこから、ページごとのタイトルとディスクリプション、キーワードを設定することができます。

Canonical URLsを設定

「Canonical URLs」とは、URLの正規化のことを言います。

例えば、弊社のホームページであれば、「https://www.sevendesign.biz/」と「https://sevendesign.biz/」では、wwwが付いているか、付いていないかだけの違いであり、実際は同じページとなっています。

URLの正規化を行っていない場合、検索エンジンは、この2つのページを同じ内容の別ページであると認識してしまします。これは検索エンジンスパムの重複コンテンツに当たりますし、また検索エンジンからの本来のページの評価を分散させてしまっている可能性もあります。

このように、同じ内容でURLが違うだけの意図せず生成されてしまうページを、1つのページであると検索エンジンに伝えることができるのが、「Canonical URLs」になります。

設定方法
Canonical URLsを設定

管理画面の左ナビゲーションの「All in One SEO」の中にある「general settings」を選択し、「general settings」のページの1番目の項目「general settings」にある「Canonical URLs」にチェックを入れるだけになります。

検索エンジンに認識されたくないページの設定

ワードプレスでホームページを制作すると、「アーカイブページ」と「カテゴリーページ」、「著者ページ」、「タグページ」、「検索結果ページ」が作成されます。

弊社のスタッフブログで言うと、「アーカイブページは、右ナビゲーションにあるアーカイブの下の日付ごとの記事一覧ページ」、「カテゴリーページは、右ナビゲーションにあるカテゴリーの下のホームページ制作や業種別制作法などの記事一覧ページ」、「著者ページは、ブログを更新したユーザごとのアーカイブページ」、「タグページは、記事を作成したときに設定したタグの記事一覧ページ」、「検索結果ページは、検索を行ったときの記事一覧ページ」になります。

これらの一覧ページは、SEO対策に対する考え方次第になりますが、弊社では、「カテゴリーページ」を検索エンジンに認識させ、その他のページは認識させないようにいたしております。

カテゴリーページとその他のページでは、まったく原稿が同じで、ただ情報が並び替えられたページとなっているため、検索エンジンスパムの重複コンテンツとなる可能性があり、そのように設定いたしております。

設定方法
認識されたくないページの設定

管理画面の左ナビゲーションの「All in One SEO」の中にある「general settings」を選択し、「general settings」のページの9番目の項目「noindex settings」にある「カテゴリーをnoindexにする」と「Use noindex for Date Archives」、「Use noindex for Author Archives」、「タグをnoindexにする」、「Use noindex for the Search page」を設定するだけになります。

「カテゴリーをnoindexにする」については、御社のホームページの状況に合わせて、チェックの検討を行ってください。

「All in One SEO Pack」のダウンロードはこちら
このページのトップへ