サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

All in One SEOは賛否両論!弊社が継続して利用している理由

All in One SEOを使う理由

All in One SEOというワードプレスのプラグインをご存知でしょうか。

弊社はホームページを制作したら、ほぼすべての会社に導入しているプラグインになるのですが、実は調べると賛否両論の意見が出ています。

今回はそれでも弊社が利用し続ける理由や良いと言う人と悪いと言う人の意見をご紹介したいと思います。

All in One SEOとは

All in One SEOとはワードプレスのSEO系プラグインになります。

このプラグインを利用すれば、ホームページはSEOに最適化されるため、検索順位が高まる可能性が大きく向上するのです。

例えばクライアントさまで関係があるのが、実績系コンテンツやスタッフブログになっていて、All in One SEOを入れているとメタディスクリプションが導入可能です。

このメタディスクリプションは、導入しても検索順位を上げる効果はありません。

ただ、メタディスクリプションを正しく導入すれば訪問者が増える可能性が高まるのです。

どういうことかと言うと、ここに挿入した文字は、検索結果のタイトルの下に2行ほどのテキストで表示される可能性があります。

その時にしっかりとページ内容を説明できていれば、検索結果ページでクリックしてもらえるようになるので、訪問者数が増やせるのです。

もちろん、導入していなくても、グーグルは自動で本文の抜粋を表示してくれます。

ただ、抜粋はあくまでグーグル次第でどこを抜き取られるかが分からないので、しっかりと設定をしておくようにしましょう。

All in One SEOに慣れている

そして賛否両論があるにしても弊社では、All in One SEOを現在も利用しています。

その理由は、弊社がAll in One SEOを導入後のチューニングに慣れているや、ホームページ制作後にお客さまからご質問をいただいても即答できる可能性が高いためです。

このAll in One SEOの問題は、後述もしていますが、基本的にはバージョンアップ時になっています。

そのため、バージョンアップにだけ注意をしていれば、実はデメリットはほぼほぼないと思っています。

逆に別のプラグインを利用した経験もあるのですが、そちらの方がホームページの制作に時間がかかったり、お客さまへのレスポンスにも時間がかかっていました。

もちろん問題がある状態で納品は絶対にいけませんが、上記の理由から弊社では現在もAll in One SEOを利用しています。

良い点

では実際にAll in One SEOを利用したホームページを制作していて優れている点をご紹介します。

ほぼすべての内部対策が行える

闇雲に導入してはいけませんが、All in One SEOを利用すれば、実はタグを最適な状態に保つことが可能です。

もちろん闇雲に導入したホームページは、まれにカノニカルタグやタイトルタグが2ヵ所に入っているケースも見かけます。

これは、All in One SEOをそのまま導入してなんとなく体裁を整えた場合に発生する問題です。

これらをしっかりと改善していけば、本当に内部対策に最適化できたホームページを作ることが可能なのです。

ただし、現在のSEOでは、ホームページの制作よりもサイト運営の方が重要なので、内部対策に最適化した後しっかりとサイト運営を行わないといけません。

お客さまの作業が分かりやすい

弊社が中々辞めれない最大の理由は、クライアントさまに、行って欲しいことを行ってもらいやすいことがあります。

基本的にはメタディスクリプションになるのですが、All in One SEOでは、記事投稿画面の下部に入力スペースがあります。

他のツールも同じように下部にはあるのですが、タブボタンを押さないと表示されないなどがあります。

そのため、ホームページを公開後に一度説明をすれば、かなりの確率でしっかりと記述をいただけるのが大きな要因です。

地味に非常に大切になるので、弊社ではこれが原因で辞めることができていません。

悪い点

次に悪い点をご紹介します。

バージョンアップで崩れる可能性

まず、ちょくちょくあるのが、バージョンアップによってレイアウトやソースコードが崩れる可能性です。

昔に合ったのですが、All in One SEOをバージョンアップするとカノニカルタグがタイトルに記載した内容に切り替わった事例がありました。

この事例では、当然切り替わった会社の検索順位が大きく落ちて、改善すれば大体似たような順位まで戻っております。

このような事例が発生しないようにバージョンアップを闇雲に行っては絶対になりません。

Webサイト制作会社に相談をしてしっかりと対策を行う必要があります。

知識がない状態で導入するとエラーが出る

Webサイト制作会社は、All in One SEOを導入するとカスタマイズを実施しています。

All in One SEOの情報は多いので、例えばWebサイト制作会社のブログを見ながら導入をしても、最適化されないケースが多いです。

先日ツイッターで見た情報では、あるSEOの専門家が、All in One SEOをブログを見て導入したけど、カスタマイズをしていないのでマイナス評価を受けている事例が多いとのことです。

そのため、実はサイト運営は簡単ですが、導入は比較的に難しく、HTMLやCSSなどを理解されていない場合は、導入すれば終わりではない可能性があるのです。

しっかりとホームページを制作

All in One SEOは、SEO効果を高めるためには必須のツールになるのは間違いありません。

ただ、導入については、100%御社のホームページでカスタマイズが不要かどうかは分かりません。

そのため、All in One SEOを導入したホームページを制作する際には、しっかりとカスタマイズを実施したホームページ制作が望ましいでしょう。

もちろん、個人でホームページを作る方だとカスタマイズは難しいかもしれません。

その場合は、取り敢えず導入をして見て、ソースコードを確認する習慣をつけると良いでしょう。

すぐには改善ができなくても、サイト運営期間が長くなり、ソースコードについて理解をしていけば、少しずつ改善が行えるようになります。

やはり大切なのはサイト運用

All in One SEOを導入すれば、必ず上位表示ができるものではありません。

最近のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、サイト運営を重視しています。

基本的には、ユーザーの検索キーワードに対してもっとも詳しいか人気があるホームページを上位表示させています。

そして人気は被リンクになるのですが、この被リンクは簡単に集まるものではないので、主な対策は詳しさの追求です。

詳しさを追求とは何が必要かと言うと、新規ページ作成とリライトになっています。

All in One SEOを導入しただけで上位表示ができるのではなく、サイト運営を行う際に、そのページの価値を高めれるという位置づけになっています。

そのため、All in One SEOはあくまで補佐的なポジションで、成果を出すにはサイト運営以外ありえないと理解をしましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP