HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

All in One SEOのメリットとデメリット

ワードプレスのプラグインAll in One SEOのメリットとデメリット

ワードプレスでホームページ制作を行った会社さまであれば、ワードプレスのプラグインAll in One SEOを導入されるケースが非常に多いと思います。

All in One SEOを導入で、導入していないホームページと比べたときに、確かに最適化ができるのですが、しかし導入しないよりも強いけれども、完璧かと言うとそうではありません。

もちろん、効果をそこまで高く求めないホームページ制作であればおすすめですが、徹底的に検索からの訪問者を狙い、狙ったキーワードで上位表示を実現したい場合は、メリットとデメリットを理解したうえで、導入を選択が重要です。

All in One SEOとは

All in One SEOについて

All in One SEOとは、ワードプレスのプラグインを言い、ワードプレスでホームページ制作時に内部SEOに利用されるのが一般的です。

ただし、導入すれば最適化されるかと言うと、確かに一般的に言われてる程度であれば対応ができるのですが、しかし徹底的に実施されたホームページ制作では物足りないツールです。

また、導入自体で効果が発揮できるのではなく、基本的には導入した後に、しっかりとWeb運営を行えば効果を発揮が可能です。

メリット

メリット

メリットからご紹介をいたします。

もちろん、以下のメリット以外にもさまざまなメリットがありますが、弊社が考えてる大きなメリットは以下の3点です。

タイトルタグの最適化

すべてのページのタイトルを最適化が可能です。

ホームページ制作において、タイトルタグを最適化は、非常に重要な要素で、基本的な施策の1つになります。

そしてタイトルタグをそれぞれのページで最適化が可能なのでSEOに強いプラグインであると言われてます。

メタディスクリプションの最適化

すべてのページで固有のメタディスクリプションを設定が可能です。

メタディスクリプションは、基本的には検索順位を向上させる効力はありませんが、検索結果ページのクリック率を高めれ、しっかりとすべてのページで固有のメタディスクリプションを設定したホームページ制作が大切です。

そしてグーグル曰く、メタディスクリプションの作成は、すべてのページで固有のものでないのであれば、導入しないほうが良いと言われ、共通のメタディスクリプションを導入であれば、何も入力しないほうが良いです。

カノニカルタグの自動生成

最後に、カノニカルタグを自動で作成してくれ、URLの正規化を手軽に行えます。

カノニカルタグの自動生成はタイトルタグと同じくらい重要な要素で、例えば弊社のトップページであれば、実は以下のようなページが作成されます。

  • https://www.sevendesign.biz/
  • https://www.sevendesign.biz/index.php
  • https://sevendesign.biz/
  • https://sevendesign.biz/index.php
  • http://www.sevendesign.biz/
  • http://www.sevendesign.biz/index.php
  • http://sevendesign.biz/
  • http://sevendesign.biz/index.php

このように、1ページであると思っていても、実はURLとしては8ページも作成され、基本的にはすべてのページで同じ見た目のページになので、グーグルのカニバリゼーションに引っかかり、カニバリゼーションに引っかかると、ホームページ全体の効果が飛躍的に落ちるのです。

そしてカノニカルタグの生成は、弊社のトップページで言えば、カノニカルタグに「https://www.sevendesign.biz/」を設定すれば、量産された残りの7ページすべてが「https://www.sevendesign.biz/」と認識してくれ、導入だけでカノニカルタグが自動作成され、カニバリゼーションが発生しないホームページになります。

このカノニカルタグを導入したホームページ制作は、タイトルタグの最適化と同じくらい重要で、しっかりとカノニカルタグは設定しなくてはなりません。

デメリット

デメリット

上記のように導入したホームページ制作で、内部SEOの基本は実施ができ、非常にありがたいですが、しかしさまざまなデメリットも存在してます。

内製でかなり成果を出してる会社の代表者さまが公開の「使うと危険な理由を実演します。」というyoutube動画です。

さらにご紹介の2点は弊社でもほぼ同じ意見を持ってます。

では、実際に弊社が感じるデメリットをご紹介いたします。

悪影響がある

弊社の事例として、ワードプレスのカスタマイズを行い、効果の向上が行えるタグの最適化を行った場合に、導入すればAll in One SEOが優先され、タグが正しく表示されていないホームページ制作があります。

これは非常に大きなデメリットで、せっかく入れたタグが消されてしまうと、ライバルのホームページが導入してると、ライバルサイトとタグの上で優位に立てないのです。

もちろん、すべてのタグが、消されると言う心配はないのですが、しかし場合によっては消されてしまうと理解が重要で、自分で書いたタグが消されていないかを確認が必須です。

ソースコードが崩れる

そして実際の事例として、弊社のホームページで以前バージョンアップを行うと、カノニカルタグが適切に表示されなくなりました。

そのため、弊社では、一度バージョンダウンをした上で、なぜ崩れるのかをHTMLコーダーが調査をして、原因が分かった段階でバージョンアップを実施したのですが、弊社であればかなりの数のホームページ制作を行ってるので、経験から原因が明確になりましたが、原因が分からなかったらバージョンアップができませんし、さらにはバージョンアップ後にソースコードの確認をしていないと、そもそも不具合が起こったのかすら分からないのです。

実際に弊社では、バージョンアップにより、カノニカルタグが適切に表示されず、しかしすぐに改善を行う必要はないと考え、1日ほど放置をしてしまったのですが、結果、翌朝に検索順位を確認してみると平均で5位ほど落とし、すぐに対策を実施いたしました。

このように頻繁ではないにしても、バージョンアップで不具合が発生したという話は年に1度くらいは聞きますので、非常にバージョンアップがしづらいプラグインであるというのは間違いないと思われます。

ただし、弊社のこれまでの経験では、ほとんどワードプレスのカスタマイズをせずにホームページ制作を行ってる会社さまでは、効果が出るのは稀ですが、しかしバージョンアップで不具合が発生も少ないように思います。

導入を見送る

頼らないホームページ制作

利用せずに、ホームページ制作は非常に大切です。

多くの方が思いつくのが、代わりのプラグインを導入ですが、代わりのプラグインを導入の際には、「御社のホームページで不足してる機能が追加できる」、「過剰にプラグインを導入しない」、「定期的なバージョンアップが行われてる」の3点に注力してプラグインを探しましょう。

プラグインは過剰に導入は必ず中長期的なWeb運営で見たときには大きなデメリットで、できる限りプラグインを使わずに対応が重要です。

そのため、基本的には、ワードプレスでホームページ制作を行い、All in One SEOなどのプラグインに頼らなくても対応できる箇所をしっかりとカスタマイズして対応をしてから、不足してる機能で最適なプラグインを探すのをおすすめします。

もちろん、公開直後は、All in One SEOで対応をしても良いのですが、利用せずとも最適なホームページ制作の方法を探して、どこかのタイミングでは必ず削除を検討しなくてはなりません。

フルスクラッチのWebシステム開発

フルスクラッチのWebシステム開発

上記が弊社のAll in One SEOにおける考え方です。

確かに非常に優れてますが、しかし内部SEOの観点やバージョンアップの観点で見れば、さまざまな問題を抱え、できる限り頼らないホームページ制作が大切です。

一般的に弊社のホームページの提案では、まずはワードプレスで制作して、そしてその後に成果を出していただき、成果の度合いでフルスクラッチでコンテンツ管理システムの構築を提案してます。

理由は、単純に基本的な対策ができるので、マンパワーさえあれば、成果を出せるのですが、しかし細かな箇所で最適化ができませんので、ある程度の予算が取れてから、高額のフルスクラッチでコンテンツ管理システムの構築を行い、さらに検索エンジンから集客できるホームページ制作へと成長させてます。

もちろん、どこまでを追求かは、お客さまの考え方次第ですが、そこまで追求の必要がないと判断されれば、All in One SEOでも十分です。

しかし、絶対に成果が出せるホームページ制作にしたいという場合は、少しAll in One SEOでは物足りず、お客さまの予算に合わせてフルスクラッチのコンテンツ管理システムの構築を検討が重要です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP