大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

All in One SEOのメリットとデメリット

ワードプレスのプラグインAll in One SEOのメリットとデメリット

ワードプレスでWeb制作を行った会社さまであれば、ワードプレスのプラグイン「All in One SEO」を導入されていることが非常に多いと思います。

このAll in One SEOを導入することで、導入していないホームページと比べたときに、確かに内部SEOに最適化されたホームページになるのですが、しかしこのAll in One SEOは導入しないよりもSEOに強くはなるけれども、完璧に内部SEOを行えているかと言うとそういうことはありません。

もちろん、内部SEOの効果をそこまで高く求めないWeb制作であればオススメですが、徹底的に内部SEOを行い、狙ったキーワードで上位表示を実現したい場合は、All in One SEOのメリットとデメリットを理解したうえで、All in One SEOの導入を選択することが重要になるのです。

All in One SEOとは

All in One SEOについて

All in One SEOとは、ワードプレスのプラグインのことを言います。

このAll in One SEOは、ワードプレスで制作したホームページの内部SEOに利用されるのが一般的になっております。

ただし、このAll in One SEOを導入すれば内部SEOに最適化されるかと言うと、確かに一般的に言われている内部SEOであれば対応することができるのですが、しかし徹底的に内部SEOを実施されたWeb制作なると物足りないツールになっております。

また、All in One SEOを導入すること自体がSEOに効果を発揮するのではなく、基本的にはAll in One SEOを導入した後に、しっかりとWeb運営を行うことでSEO効果を発揮することが可能になっております。

メリット

メリットについて

All in One SEOのメリットからご紹介をいたします。

もちろん、以下のメリット以外にもさまざまなメリットがありますが、弊社が考えている大きなメリットは以下の3点になっております。

タイトルタグの最適化

All in One SEOを導入することで、すべてのページのタイトルタグをSEOに最適化することが可能です。

Web制作において、タイトルタグを最適化することは、非常に重要な要素になっており、タイトルタグをSEOを意識して作成することはSEOの基本になっております。

そしてこのAll in One SEOでは、タイトルタグをそれぞれのページで最適化することが可能になっているのでSEOに強いプラグインであると言われております。

メタディスクリプションの最適化

All in One SEOでは、すべてのページで固有のメタディスクリプションを設定することが可能です。

このメタディスクリプションは、基本的には検索順位を向上させる効力はありませんが、検索結果ページのクリック率を高めることができるため、しっかりとすべてのページで固有のメタディスクリプションを設定したWeb制作を行うことが大切です。

そしてグーグル曰く、このメタディスクリプションの作成は、すべてのページで固有のものでないのであれば、導入しないほうが良いと言われており、共通のメタディスクリプションを導入するのであれば、何も入力しないほうが良いものになっております。

カノニカルタグの自動生成

最後に、All in One SEOではカノニカルタグを自動で作成してくれるため、URLの正規化を手軽に行うことが可能です。

このカノニカルタグの自動作成は内部SEOでタイトルタグと同じくらい重要な要素になっており、例えば弊社のトップページを1ページ作成すると、以下のようなページが作成されます。

  • https://www.sevendesign.biz/
  • https://www.sevendesign.biz/index.php
  • https://sevendesign.biz/
  • https://sevendesign.biz/index.php
  • http://www.sevendesign.biz/
  • http://www.sevendesign.biz/index.php
  • http://sevendesign.biz/
  • http://sevendesign.biz/index.php

このように、1ページを作成しただけで、実はURLとしては8ページも作成されるものになっており、基本的にはすべてのページで同じ見た目のページになっているので、グーグルのカニバリゼーションに引っかかるものになっており、このカニバリゼーションに引っかかると、ホームページ全体のSEO効果が飛躍的に落ちるのです。

そしてこのカノニカルタグの生成は、弊社のトップページで言えば、カノニカルタグに「https://www.sevendesign.biz/」を設定していくことで、量産された残りの7ページすべてが「https://www.sevendesign.biz/」と認識してくれるため、All in One SEOを導入するだけで、カノニカルタグが自動作成され、カニバリゼーションが発生しないホームページとなるのです。

このカノニカルタグを導入したWeb制作は、タイトルタグの最適化と同じくらい重要になるので、しっかりとカノニカルタグは設定しなくてはなりません。

デメリット

デメリットについて

上記のようにAll in One SEOを導入したWeb制作を行うことで、内部SEOの基本は実施することができるため、非常にありがたいものになってはおりますが、しかしさまざまなデメリットも存在しております。

こちらはSEO会社ではないのですが、しかし内製でのSEOでかなり成果を出している会社の代表者さまが公開する「All in One SEOを使うと危険な理由を実演します。」というyoutube動画になっております。

さらに上記の動画は東京のSEO会社さまになっており、実際にこの2点のyoutubeにおいては弊社でもほぼ同じ意見を持っております。

では、実際に弊社が感じるAll in One SEOのデメリットをご紹介いたします。

自社のホームページに悪影響がある

弊社の事例として、ワードプレスのカスタマイズを行い、SEO効果の向上のためのタグの最適化を行った場合に、All in One SEOを導入するとAll in One SEOが優先され、タグが正しく表示されていないWeb制作になることがあります。

これは非常に大きなデメリットになっており、SEOのために入れたタグがAll in One SEOによって消されてしまうと、ライバルのホームページがAll in One SEOを導入していると、そのライバルサイトとタグの上で優位に立つことができないのです。

もちろん、すべてのタグが、All in One SEOで消されると言うことはないのですが、しかし場合によっては消されてしまうと理解をしておくことが重要で、自分で書いたタグがAll in One SEOで消されていないかを確認することが必須になっております。

バージョンアップをするとソースコードが崩れる

そして実際の事例として、弊社のホームページで以前All in One SEOのバージョンアップを行うと、カノニカルタグが適切に表示されなくなったことがあります。

そのため、弊社では、一度All in One SEOのバージョンダウンをした上で、なぜ崩れるのかをHTMLコーダーが調査をして、その原因が明確になった段階でバージョンアップを実施したのですが、弊社であればかなりの数のWeb制作を行っているので、経験から原因が明確になりましたが、原因が分からなかったらAll in One SEOをバージョンアップすることができませんし、さらにはバージョンアップ後にソースコードの確認をしていないと、そもそも不具合が起こったのかすら分からないものになっております。

実際に弊社では、All in One SEOのバージョンアップにより、カノニカルタグが適切に表示されなくなったのですが、しかしすぐに改善を行う必要はないと考え、1日ほど放置をしてしまったのですが、その結果、翌朝に検索順位を確認すると平均で5位ほど落としていたため、すぐに対策を実施いたしました。

このように頻繁ではないにしても、All in One SEOのバージョンアップで不具合が発生したという話は年に1度くらいは聞きますので、非常にAll in One SEOのバージョンアップがしづらいプラグインであるというのは間違いないと思われます。

ただし、弊社のこれまでの経験では、ほとんどワードプレスのカスタマイズをせずにWeb制作を行っている会社さまでは、SEO効果が出ることも稀ですが、しかしAll in One SEOのバージョンアップで不具合が発生することも少ないように思います。

All in One SEOを導入せずにWeb制作

All in One SEOに頼らないWeb制作は重要

このAll in One SEOを利用せずに、ホームページを制作することは非常に大切です。

多くの方が思いつくのが、代わりのプラグインを導入することになるのですが、代わりのプラグインを導入する際には、「御社のホームページで不足している機能が追加できること」、「過剰にプラグインを導入しないこと」、「定期的なバージョンアップが行われていること」の3点に注力してプラグインを探すことが重要になっております。

プラグインは過剰に入れることは必ず中長期的なWeb運営で見たときには大きなデメリットになってくるので、できる限りプラグインを使わずに対応していくことが重要になっております。

そのため、基本的には、ワードプレスでホームページを制作し、All in One SEOなどのプラグインに頼らなくても対応できる箇所をしっかりとカスタマイズして対応をしてから、All in One SEOではなく、不足している機能で最適なプラグインを探すことが重要になっております。

もちろん、Web制作直後は、All in One SEOで対応をしても良いのですが、All in One SEOを利用せずとも最適な内部SEOに強いホームページになる方法を探して、どこかのタイミングでは必ずAll in One SEOを利用しないホームページへと成長させることが重要になっております。

更新システムはフルスクラッチがもっとも良い

更新システムはフルスクラッチ

上記が弊社のAll in One SEOに対する考え方になっております。

確かにAll in One SEOは非常に優れておりますが、しかし内部SEOの観点やバージョンアップの観点で見れば、さまざまな問題を抱えているため、できる限りAll in One SEOに頼らないホームページを制作することが大切です。

一般的に弊社のWeb制作の提案では、まずはワードプレスでホームページを制作して、そしてその後ホームページから成果を出していただき、その成果の度合いでフルスクラッチでコンテンツ管理システムの構築を提案しております。

その理由は、単純にAll in One SEOは基本的な内部SEOができるので、マンパワーさえあれば、SEOで成果を出せるようになるのですが、しかし細かな内部SEOには最適化ができませんので、ある程度のWeb制作予算が取れるようになってから、高額のフルスクラッチでコンテンツ管理システムの構築を行い、さらに内部SEOに強いホームページへと成長させております。

もちろん、内部SEOをどこまで追求するのかは、お客さまの考え方次第になっているのですが、そこまで追求する必要がないと判断されれば、All in One SEOでも十分なものになっております。

しかし、SEOで絶対に成果が出せるホームページにしたいという場合は、少しAll in One SEOでは物足りないものになっているので、お客さまの予算に合わせてフルスクラッチのコンテンツ管理システムの構築を検討することが重要になっているのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績