大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOは多いので楽をする方法

SEO作業は多いので楽をする方法

SEO作業は本当にその作業量は多いものになっております。

現状で弊社が行っているSEO作業は、主にページ作成が中心になっているのですが、このページ作成は、1記事作成するだけでも数時間かかるものになっています。

そしてこれを普段の業務プラスアルファで行う必要があるので、本当にできれば辞めたいものだと思います。

しかし、SEO作業は辞めてしまうと検索順位が落ちるので、絶対に辞めることができませんが、何とかこの作業を効率化させていかなくてはなりません。

そこで今回は弊社が考える、SEO作業を効率化して少しでも楽をする方法をご紹介いたします。

SEOをしなくても上がるホームページはあるが

SEOをしなくても上がるホームページ

基本的にはホームページ制作会社として、SEO作業をしなくても上位表示をキープできるホームページを制作したいと考えております。

しかし、実際にはこのようなホームページは非常に稀なケースになっており、さらには弊社のホームページ制作実績の中にもホームページ制作段階で行うSEOはしっかりと行いましたが、運営段階でのSEOを一切行っていないのに、狙った複数のキーワードすべてで5位以内に入っているホームページもあります。

このホームページがなぜ上がっているかが分かれば、他のお客さまのホームページ制作にも役立てることができるのですが、実際に調査データを出しても、すべてでライバルに負けているにもかかわらず、上位表示を実現しているのです。

そして現状で可能性があるとすれば、被リンクの質ではないかと考えており、被リンク自体もほとんどしていないですが、数本は被リンクを獲得していて、その被リンクの価値が高いのではないかと思っております。

このようにほとんどSEO作業を行わずに上げているのは、基本的にはすべてのホームページ、そしてホームページ制作会社が目指すことになるのですが、しかし、実際にはそのようなケースはレアになるので、何とか更新量の最小化を図らないといけないのです。

クローラビリティーを高めたホームページ制作

クローラビリティーを高めたホームページ制作

まずSEO作業を楽にする第一の施策として、クローラビリティーを高めたホームページ制作を行うことがあります。

クローラビリティーとは、グーグルのプログラムがホームページ全体を行き来しやすいようにホームページを制作することで、そのホームページで新規ページを作成した効果を最大限得ることが可能になります。

そしてこのクローラビリティーを高めたホームページ制作は本当に大切なものになっており、しっかりとこれらを対策建てて行うことで、ページ作成量が最小化されると考えております。

また、このクローラビリティーを高めたホームページ制作を行う際には、ホームページ運営法なども明確にしていく必要があり、このホームページ運営で最も効率的な施策を行っていただくことで、SEO効果を最大化することが可能です。

ページ数の考え方

ページ数の考え方

基本的にはSEO対策で言うと、例えば【ホームページ制作 大阪】で検索したときに上位表示されるのは、【ホームページ制作 大阪】について最も詳しいホームページになってきます。

そのため、SEOのために記事を作成する際には、【ホームページ制作 大阪】で上げたいようであれば、【ホームページ制作 大阪】に関連する記事数をライバルよりも多くすることが重要になってきます。

この作業は実際に弊社がさまざまなSEOに強いホームページ制作を行うために調査をしたところ、大体ですが、100記事から200記事の追加をお願いすることが一般的になっており、ここだけはどうしても楽をすることができないと考えております。

ただ実際に200記事だった場合には、1日1記事の投稿であっても、1年くらいの作業になってくるので、相当大変ですが、ここは最低限クリアーしていく必要があります。

この記事作成については、特に更新頻度を考えずに、とにかく目標値をクリアーすることが大事になってくるので、書かない日があってもいいのですが、しかし書ける日には1日に2記事や3記事の作成をお願いしております。

更新頻度の考え方

更新頻度の考え方

SEOについて学んだことがある方であれば、一度は耳にしたことがあるのが、ホームページの更新頻度とSEOになると思います。

このホームぺージの更新頻度とSEOを考えた場合に、まず最も大切になるのが、更新頻度が高ければ良いというものではないということです。

この更新頻度については、大体ですが、多くて1日1記事程度、少ないと週に1記事程度でよく、この更新するタイミングについては、ホームページによってさまざまになると思われます。

そのため、せっかくホームページの更新を行うのであれば、できる限り効率的な更新をしたほうが良いと思いますので、例えば1ヶ月間の間1日1記事の作成をしてみて、その効果計測のために1ヶ月前と今での検索順位を比較してみること、そして翌月は週に6記事を投稿してみてその効果を計測することというように、自分のホームページにとって最もSEO効果が高かった更新頻度で行うことが大切になっています。

この更新頻度を勘違いしてしまうと、1日1記事が最も効果的であると勝手に思い込んでしまい、意味のない更新が多くなってきますので、非常に非効率なSEOを行う必要が出てくるのです。

ただし、目標ページ数に到達していない場合は、更新頻度は関係がなく、とにかく新規ページを作成することが大事になってくるので、まずは目標ページ数までページを作成して、その後更新頻度を意識すること、そしてもっとも少ない更新頻度で自社のホームページの更新を行うことで、より楽なSEO対策が可能になります。

SEOは作業時間が多すぎる

SEOは時間がかかる

実際に弊社でSEOを行っている限りで言うと、SEO対策は本当に多くの時間がかかるものになっています。

このSEOがなければもう少しホームページの内部を改定できたりと思いますが、現状ではホームページの内部を改定するよりもアクセス数を増やすことの方が大切な状態ですので、これらの改定は後回しにしています。

もちろん同時並行でもいいのですが、しかしホームページの内部の改定案を検討しながらSEOで新規記事を書いていくことは本当に大変ですので、現状ではSEOだけに特化してホームページ運営を行っています。

SEO対策は大変ですが、しっかりと指針を立てて対策を行うことで、必ず成果の出るものになっているので、SEO対策でお困りの方はぜひ弊社にお気軽にご相談ください。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績