大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

アクセス解析を導入する重要性

アクセス解析の重要性

ホームページを公開したらアクセス解析を導入していますか?

アクセス解析とは、ホームページに訪れた訪問者の動きを数値データとして表示してくれるものになっていて、例えば、「ホームページ全体でどれくらいの訪問者がいたのか」や「どのページが入口になっているか」、「どのページで離脱したのか」、「検索からの訪問者はどれくらいいたのか」などを数値データとして提供してくれるツールになっております。

そして、このアクセス解析をWeb運営で利用することで、ホームページは飛躍的に戦略的な運営が行えるようになり、御社の期待以上の成果を出せるようになるのです。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、一言で言うと、ホームページの健康診断ツールになっております。

例えば、「ホームページ全体で何人の訪問者がいたのか」や「全体のページビュー数は何ページあったのか」、「1人の訪問者が閲覧したページ数は何ページなのか」などを数値データとして提供してくれます。

そしてさらには、それぞれのページの訪問者数や入口回数、直帰率、出口率、平均滞在時間などを提供してくれるので、アクセス解析を閲覧することで、ホームページが抱える問題ページの発見を行うことができるのです。

そしてこのホームページが抱える問題ページの発見までがアクセス解析で確認できるポイントになっており、そこから先の問題ページのどこにどのような問題があるかについては、アクセス解析が示すさまざまな数値データと連携させて、問題点の仮説と検証を繰り返してから改善作業を行う必要があるのです。

問題ページは分かっても問題箇所が分からないからアクセス解析は不要だということはなく、しっかりと問題ページの発見と問題箇所の検討、そして具体的な改善策の検討と実行を行うことで、御社のホームページの成約率は飛躍的に高まるのです。

このようにアクセス解析は、ホームぺージの成約率を高めるために必要不可欠なものになっており、ホームページの成果数を増やすために、いつまでも集客対策を行い続けることは実は効率が悪く、アクセス解析を使ったWeb運営を行うことでWeb運営効率が飛躍的に高まるのです。

1度の更新では数値データは改善されない

上記のように基本的に、アクセス解析は、ホームページの問題ページは分かるのですが、しかし具体的な問題箇所は推測レベルとなるので、当然改善方法もあくまで推測です。

そのため、1度の更新でホームページの数値データが飛躍的に改善されず、多くの場合が、1度ではなく2,3度は数値データを見て改善を行う必要があります。

こればかりはどうしようもないものになっており、問題ページは明確になっているので、何度か改善を行うことで、どこかのタイミングで必ず数値を高めていくことが可能になります。

例として、ある人材派遣会社さまのアクセス解析を使ったWeb運営をサポートしていたときに、そのホームページでは自社の強み一覧ページと自社の強みの詳細ページが数ページありました。

そして、解析データとしては、自社の強み一覧ページの直帰率と出口率が異常に高くなっていて、当初はお客さまが原稿を一新させてみるということでしたので、まずは原稿を一新していただきました。

しかし原稿を一新した後、1ヶ月間のデータを蓄積してみたのですが、まったく成果が変わらなかったので、当社の提案として、平均滞在時間が一覧ページにしては長いので、おそらくリンクが分かりづらいあるいはリンクであることに気が付いていないのではないかと話をいたしました。

そして弊社の提案としては、続きを読むのテキストリンクをボタン形式に変更する提案をしており、テキストと比べると、結構大きくはなったので、お客さまも少し違和感を覚えていたのですが、ユーザの認識を優先させることを意識していたので、少し大きめのボタンで当社の強みの詳細ページへのリンクを設置いたしました。

この効果は非常に高く、直帰率は少しの減少でしたが、出口率は大幅に改善され、当社の強みの詳細ページがしっかりと閲覧されるホームページとなったのです。

もちろん、この当社の強み一覧ページだけで言えば、成約数で言えば、月に数本しか増えなかったのですが、この数値の改善から、一覧ページは当社で提案したデザインの詳細ページを見るボタンを採用され、ホームページ全体の一覧ページの出口率を下げることに成功いたしました。

そして、すべての一覧ページとなると、ホームページの成約率も結構向上しており、その後は詳細ページの内部リンク構造の構築に力を入れられております。

アクセス解析の利用は集客対策後

このようにアクセス解析はホームページの状態を把握し、そしてその数値データを利用して、改善することで、ホームページ自体の成約率を高める役割があるのですが、実はこちらのアクセス解析は、ホームページを制作して、すぐにWeb制作会社にサポートをしてもらい、利用する必要はありません。

と言うのが、新規Web制作の場合においては、まずは集客対策を行わなければ、アクセス解析としてのデータを見ても、ほとんどのページでアクセス数が0になるので、問題点の発見と具体的な改善法の検討をすることができないのです。

そしてさらにその段階でWeb制作会社にアクセス解析を使ったホームページの改善提案を行ってもらっていたとしても、おそらくすべてのWeb制作会社がまずは集客対策を行いましょうとしか言えないものになっております。

そのため、アクセス解析の利用はある程度ホームページに集客ができるようになってから実施することになっており、当初は単純にアクセス解析を導入して、過去のデータを蓄積していくことがオススメになります。

グーグルアナリティクスがオススメ

そしてこのアクセス解析においては、弊社がオススメするのは、検索エンジンのグーグルが提供するアクセス解析「グーグルアナリティクス」になっております。

グーグルアナリティクスは、原則無料なのに本当に優れたアクセス解析になっていて、基本的にはホームページ改善に必要なデータをすべて提供してくれております。

ただ、そのデータ量は非常に豊富で、初めてのアクセス解析の方であれば、できればWeb制作会社にサポートを受けて運営することがオススメです。

ホームページを公開したら必ず導入しよう

そしてこのアクセス解析は、「アクセス解析の利用は集客対策の後だから、実際に利用する前に入れればいい」と思われるかもしれませんが、必ずWeb制作やリニューアル直後に導入するようにしましょう。

このアクセス解析はデータを蓄積することが可能になっているので、例えば集客対策を行っていれば毎月少しずつ訪問者数が増えているかの確認などに利用が可能ですし、さらにはリニューアル直後と実際にアクセス解析利用直後の成約率からの分析などにも利用が可能になっております。

そのため、ホームページを公開したらすぐに導入した方が良いものになっていて、集客が終わってから利用することは間違いないですが、導入だけは必ずホームページ公開直後に行うと良いでしょう。

アクセス解析を使ったWeb運営

アクセス解析を使ったWeb運営は非常に重要になっており、Web運営にアクセス解析を利用することで、そのホームぺージの問題ページが明確になるので、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

もちろん、一度更新すればそれで数値データが飛躍的に改善されることはないですが、しかしそれでも何度も改善を続けていくことで、どこかのタイミングで御社のホームページの成約率は期待以上になってくると思います。

SEOなどの集客対策は基本的には期待通りの成果しか得れませんが、期待以上の成果を得るためには、Web運営の中でアクセス解析を利用することが重要です。

当記事をご覧の方は、ぜひこの機会にアクセス解析を利用してみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績