1人が見た平均ページビュー数の改善

1人が見た平均ページビュー数とは、 「総ページビュー数」÷「総訪問者数」で求めることができ、「ユーザが1度の訪問で、平均何ページを閲覧したのか」を示す数値になります。

この1人が見た平均ページビュー数を向上させ、訪問者に少しでも多くのページを閲覧して貰うことができれば、御社の強みやサービス、実績などについて、より深くアピールすることが可能になり、ホームページの成約率を向上させることが可能になります。

今回は、ホームページの成果対策としてアクセス解析「グーグルアナリティクス」が示す「1人が見た平均ページビュー数」の考え方と、その改善法についてご紹介いたします。

アクセス解析を活用した理論的なホームページ運営の参考になりましたら幸いです。

“1人が見た平均ページビュー数の改善” の続きを読む

直帰率の解説と改善方法

アクセス解析を導入して、まず初めに見ていただきたいデータは、直帰率になります。

直帰とは、訪問者が入口ページの1ページだけを見て、ブラウザの戻るボタンやバツボタンを押す、あるいはブラウザのアドレスバーから再検索を行うなど、御社の運営しているホームページから出て行くことを言います。

この直帰は、ホームページの成果と密接に関わっており、直帰者数を減らすことができれば、訪問者にさまざまなページを見てもらうことができるため、御社の魅力やサービス情報をより多く伝えることが可能になり、お問い合わせ数や商品販売数の向上に繋がります。

今回は、アクセス解析「グーグルアナリティクス」が示す直帰率について、詳しくご紹介します。
グーグルアナリティクスを導入しているが、活用法が分からないとお悩みの企業様の参考になりましたら幸いです。

“直帰率の解説と改善方法” の続きを読む