HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サイト運営量を限界まで減らす!集客手法ごとの対策法

集客のためのサイト運営効率を高めるために

ホームページ公開後にサイト運営が始まるのですが、このサイト運営量は比較的多いものになっています。

実際に当社では、すべての企業さまにサイト運営計画とスケジュールを提出し行っていただいていますが、その量はかなり大変なものになっています。

そのため、サイト運営をどれくらい行えるか、そしてその作業をどうやって減らすかを検討することが大切になります。

サイト運営をしなければ成果が出ない

まずサイト運営の重要性からご紹介します。

現在のホームページにおいては、制作後にしっかりと計画的にサイト運営を行わなくては成果が出なくなっています。

その理由は集客の問題です。

現在集客力を高めるためには、ホームページ制作時から明確に集客手法をお持ちの場合以外は、サイト運営で集客力を高めなくてはなりません。

例えば、SEOを行うにしても、ソーシャルメディア運用、リスティング広告、YouTube広告など、どの集客法を選択したとしても運営が必要です。

このそれぞれの集客ルートに対して最適なサイト運営を行うことで本当に高い成果を得れるようになるのです。

そしてこのときに問題になるのが正しい施策を行う必要がある点、そして継続する点です。

例えば間違えた集客対策を行ったとしても、現在ではほとんど効果を見ることができません。

さらには、例えば30ページを1日で公開するよりも、1日1投稿を毎日続ける方が効果を発揮できるのです。

このように現在のホームページの集客はかなり運営量の継続に依存しているため、しっかりと正しい対策を行う必要があります。

そして、さらには成約率を高めるためにも、継続されたサイト運営は重要です。

例えば、当社で言えばアクセス解析グーグルアナリティクスを利用するのですが、このグーグルアナリティクスは1度の改善でホームページの成果が飛躍的に高まるケースは珍しいです。

1度の更新で、その効果が成果を出す例もありますが、基本は、1度ではなく何度も繰り返し行い続ける必要があります。

そのため、Webサイト制作会社やアクセス解析業者などは、PDCAサイクルを回す重要性を良くブログなどに公開しています。

このように運営は、まず大きな影響があるのが集客力の点。

そしてさらには成約力の点でも重要になっていて、これらの運営を効率化することが求められています。

では、成果を出すために最も大切な集客における運営をどのように効率化するかをご紹介します。

SEOは効率とスケジュール

集客対策でもっとも人気があるのがSEOだと思います。

このSEOは、新規ページ作成とリライトを繰り返し行うことで成果を出すのですが、かなりの量の新規作成とリライト作業が必要です。

現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングの検索エンジンは、検索キーワードに対してもっとも詳しいホームページを上位表示させています。

そのため、それなりの量のページを作成して頂かなくてはならず当社のホームページ制作経験で言えば、150ページ前後が多いように思います。

そのため、この150ページをどのようなスケジュールで作成していくかがまず第一関門です。

もちろん、1日で10ページ作成できれば、15日で完了しますが、現実的には不可能でしょう。

そのため、当社がもっとも多い提案が、クライアントのウェブマスターさまのスケジュールを確認して、最大で1日1ページが多くなっています。

これであれば大体7カ月で達成が可能になるので、7ヶ月後で成果を出せる可能性が高まるとお話をしています。

ただ、実は現在の検索エンジンは、ページ数だけを見ているわけではなく、質も確認されています。

150ページを作成して効果が出ていなければ、すなわち1ページ目にランクインしていない場合は、リライトで質を高めなくてはなりません。

このリライトにおいても実はポイントがあり、このポイントをホームページ制作後にお客さまにお伝えしております。

もちろん100%リライトが不要になるケースはありません。

ただ、少しでも効果が出る可能性が高まるので、サイト運営効率は高まると考えています。

ただし、150ページが作成し終わればもう更新をしなくて良いということはなく、その後も更新量を落としながら新規作成とリライトが必要になります。

現状で弊社が考えるSEO効果を出す最も効率的な手法は上記になっています。

その他は調査と実行

SEO以外にもリスティング広告運用やYouTube広告出稿、ソーシャルメディア運用、他サイトの利用などが主な集客手法です。

これらの集客手法についてはSEOほどサイト運営努力は必要がありませんが、しかしユーザー目線の徹底化が求められています。

そのため、闇雲に運用しても効果が出ないため、まずは徹底して成功している会社の調査を行うのが良いでしょう。

そしてその調査結果をもとに実行することで、成果が出る可能性が飛躍的に高まるのです。

この調査については、クライアントさま自身では難しい場合は、Webサイト制作会社や専門業者に相談するのがおすすめです。

実際に代行まで行ってしまうと、予算が必要になりますので、まずは相談をして情報収集を行い、自分で行ってみるのも良いと思われます。

当社は実際に上記の集客手法もサポートしていますが、SEOほど大変な労力は必要ないと思われます。

そしてこの調査が正確であればあるほど、サイト運営効率はどんどん向上していきます。

正しいサイト運営で効率よく成果を出す

ホームページ制作にはサイト運営は必須です。

ただ、がむしゃらに頑張るのは非常に非効率になっているので、しっかりとライバルを調査するようにしましょう。

調査の精度によって、効率が大きく変わってくるものになるのです。

この調査はお客さまだけで行うのが難しい場合は、しかるべき業者にしっかりとサポートしてもらいましょう。

もちろん、有料の可能性もあると思いますが、例えば当社はホームページ制作を行ったお客さまであれば、サポートベースであれば無料で対応しております。

このように1社だけでは有料ですと言われると終わりですが、複数社問い合わせれば必ず何か良い情報を提供してくれる業者があると思います。

もちろん、予算をお持ちの場合は有料の方が御社のノウハウは蓄積されます。

ただ、無料の場合は問い合わせベースやグーグル検索、ツイッター検索などを駆使し、調査法をしっかりと調べてから行うことがサイト運営効率には重要です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP