HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

被リンク営業の需要って減った?良質なコンテンツ作成の方が効率が良い

被リンク営業の需要

過去に当社は被リンク営業を行った経験があり、残念ながら母数が少なかったため、1つも被リンクが獲得できておりませんでした。

ただ、被リンク営業を諦めたわけではなく、実は調査だけは行い続け、確かな情報を得れば、ホームページ制作実績の会社さまに提案しようと考えていました。

最近の調査結果で見ていくと、実は海外の方でも被リンク営業を行うよりも、良質なコンテンツ作成に力を入れている企業が増えているようです。

当社が行った被リンク営業

当社が行った被リンク営業は、同業他社の新着情報などをお持ちの企業に、被リンクをお願いする営業です。

もちろん、弊社のようにスタッフブログを制作されている場合は、この記事のここにリンクを貼ってくださいとお願いメールを送っておりました。

しかし、確か100通くらい送ったのですが、成果は0になっていました。

そのため、弊社の被リンク営業でも記載していますが、自分からアクションを起こすのではなく、待ちのスタイルの営業手法へと変更をしたのです。

実際にこの待ちのスタイルに変えると、実はちょくちょく被リンクを獲得することができております。

ただ、正直なところ、弊社としては、自社のノウハウが十分でないことも要因であるため、あまり期待はできないというのが正直なところではありました。

ただ、被リンク獲得のための営業自体は、取り敢えずは時間がかかりすぎるので、当社では対応を辞めましたが、諦めたたわけではありません。

そのため、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンや、ツイッター、フェイスブック、インスタグラムなどのソーシャルメディアで検索はしていました。

海外から見る被リンク営業の効果

確かソーシャルメディアで見たと思うのですが、そのソーシャルメディアで海外のある会社が被リンク営業を辞めたという記事を紹介している投稿がありました。

その記事を読んでみると、確かに効果はあるとは思うと紹介したうえで、ただし人件費と成果のバランスが非常に悪いと紹介されていました。

実際に、当社も営業で100社ほど行っていて思うのが、その労力の多さです。

もちろん闇雲な被リンクであれば、ホームページの調査は不要で、短時間でテンプレートのメール本文を用意して送信は可能です。

しかし、テンプレートを利用してしまうと、その企業にバレてしまい、すぐにメールを削除されてしまう恐れがあったのです。

そのため、一社一社しっかりとホームページを閲覧し、さらにはその会社用のメールを書いていると、1社送るだけでも10分以上は必要です。

このように営業は、1通のメールを送るにも10分が必要で、さらには成約率が仮に高く見て1%だとしても、100通が必要になっています。

100通になるので、1,000分になるので、1つ獲得するのにも、2営業日ほどの時間がかかってしまいます。

そして現在のグーグルは、実は一つの被リンクで大幅に検索順位を上げてくれるのは滅多にない事例です。

もちろん被リンク元のホームページが、相当質が高ければ別ですが、一般的にはあり得ず、数十本は必要になっています。

そのため、検索順位を少し上げるだけでも、最短で1ヶ月以上の期間が必要になっていて、とてもコスパの良い対策ではないと判断をされていました。

SEOは良質なコンテンツ作成と被リンク

SEOの基本は被リンクだけではありません。

基本的には良質なコンテンツを作成していれば検索順位は上がります。

確かに1ページ作成しかも良質となるとそれなりに時間がかかる作業です。

しかし、この作業と被リンクによるSEO効果を考えると、実は良質なページを作り続けたほうが、コストパフォーマンスが高くなっています。

実際に当社も昔は営業や対策を行っていた時期がありました。

しかし、検索順位が少し上がるまでの時間を考えると、実は良質なコンテンツを作り続けたほうが早いと思っています。

海外などもその傾向が少しずつ強くなっているので、現在SEOのために被リンク対策を行っている方はぜひ良質なコンテンツ作成に切り替えてみてはいかがでしょうか。

これらを理解してホームページを制作することで、SEOに効果的なコンテンツ作成が可能になります。

良質なコンテンツとは

Webサイト制作会社などから、ホームページを公開したら、良質なコンテンツを作り続けてくださいと言われた経験がある方も多いとは思います。

この良質なコンテンツとは、もちろんプロライターや大ベストセラー小説家が書いたような文章が理想ではあります。

しかし、一般的なウェブマスターさまがそのような文章を書くことは、できるかもしれませんが、本当に時間がかかるのが一般的です。

そして、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンもそのような良質は求めておりません。

ここで求められているのは、今現在ウェブマスターさまができる最高の質の原稿になっています。

これだけでも多くのホームページ制作実績の企業さまは、上位表示に成功している事例は多くあります。

良質なコンテンツとは、素晴らしい文章を書くことではなく、ページタイトルに対して、今できる最高の文章作成で良いのです。

これらをしっかりと行うことで、御社のホームページは期待以上のSEO成果を生み出せるようになります。

実は被リンクも得れれる

良質なコンテンツを作成することは、実はそれほど多くありませんが、被リンクも獲得が可能です。

一般的に多くの企業さまが考えられるのが、良質なコンテンツを作成しても、大量に獲得できているホームページのようにはならないと思われます。

しかし、実際にそれほど多くは必要がないと思われます。

もちろん、最近の検索エンジンは、被リンクに対して非常にシビアであり、大半が無効化処理をされています。

ただ、一気に大量を集める必要がなく、良質なページを公開していると、そのページを見た人がたまに被リンクを行ってくれ、その数を積み重ねることが大切です。

実際に当社も、短時間で1記事を作成しているので、それほど良い文章は書けておりません。

しかし、訪問者が探している情報と合致したタイトルだと結構被リンクをしてくれるケースがあります。

当社のホームページ制作ではこれがベストな状態であると考えていて、基本はページ作成で上げる、そこにたまにつく被リンクで効果を倍増させる程度の認識で良いと考えています。

被リンクは手を出さない方が良いかも?

ホームページ制作後にSEOを行っていると、被リンクも必要なのかな?と思うケースは確かにあります。

しかし営業は効率が悪いので、自然に集めることがおすすめです。

基本的には、対策は不要になっていて、とにかく良質なコンテンツを作成することに注力しましょう。

被リンクはあくまでサポート程度です。

もちろんあれば、飛躍的に検索順位が高まりますが、現在の検索エンジンは非常に厳しい目でチェックをしています。

このような内容をホームページ制作後にクライアントさまに説明をして、実際に被リンクがほとんどないホームページが上位表示を実現しています。

ホームページ制作後のSEOは、外部ではなく内部です。

しっかりと内部を育てることに全力で取り組むことがおすすめです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP