HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

被リンクに依存したホームページは検索順位が安定しない

被リンクは検索順位が安定しない

弊社のホームページ制作実績の多くでは、ホームページ制作後にSEOを行われています。

SEOには2つの対策があり、新規ページ作成やリライトを行いホームページの詳しさを高めれば自然と検索順位を高める方法と、被リンクを獲得して人気を高めて検索順位を高める方法です。

そして、弊社の提案では、新規ページ作成やリライトを行いホームページの詳しさを高めて自然と検索順位を高める対策を取ります。

理由は被リンクの効果は不安定になるためです。

ただし、まったく不要かと言うと、そうではありません。

まだまだ、グーグルやヤフー、マイクロソフトのビングなどは、被リンクを得たときに非常に高い効果を発揮しますが、精査法が年々厳しくなってきています。

まだまだ被リンク効果は高いが

効果

現在のホームページ制作において、検索順位を高めるには、被リンクはまだまだ効果的なSEOです。

実際に現在においても、上位表示しているホームページによっては、被リンク効果だけで上位表示しているケースもあり、完全に無視して良いものではありません。

ただし、昔のような闇雲な被リンクは、ペンギンアップデート以降、無効化またはマイナス効果になるため、価値のある被リンクをしっかりと獲得しなくてはなりません。

では、価値が高いとは、具体的にどのようなものになるかと言うと、大きく分けて2つです。

あくまで弊社が考える価値の高い対策になっていて、その他にももしかすれば価値の高い対策があるかもしれません。

政府系ドメインからの被リンク

政府系ドメインからの被リンクは非常に強力で効果的です。

どれが政府系であると認識されるかと言うと、ドメインがgo.jpであるホームページです。

弊社が把握している政府系ドメインは、数がそれほど多くないので、ある日突然、検索順位が高まったホームページ制作事例はないですが、着実にプラスに働いていると思います。

こちらについては、無料の外部リンクサイトに登録!被リンクで検索順位がアップかも?に一部を公開していますので、もしご興味がございましたら、一読をお願いいたします。

ただ、弊社では上記のウェブページでご紹介した外部リンクサイトは、あくまでおまじない程度であると思っていて、確実に上位表示ができるものではないとご理解お願いします。

サテライトサイト制作

現在のSEO会社、またはSEOに強いホームページ制作会社が行う手法ですが、外部にサテライトサイトを制作する手法があります。

ただし、サテライトサイト制作は、従来とはまったく違い、本当にサテライトサイトなのか?と感じるくらい質の高いホームページ制作になっています。

質の高いサテライトサイトであれば、検索エンジンから自演であると認識されないや、さらにはリンクの価値も飛躍的に高まるので、非常に効果的であると言えます。

ただし、質が高いホームページ制作は、予算が必要で、1サイトではなく複数サイトが必要になるので、中途半端な予算であれば、効果が出ないためおすすめではありません。

予算の関係上諦めるのであれば、無料ブログを使って質の高い記事を書いても、効果は少し落ちますが、同じ結果を得ることが可能です。

ある日突然検索順位が落ちる

突然落ちる

被リンク対策を行えば、上位表示を実現することは可能ですが、しかしこれまでの調査結果から言うと、効果は長続きせず、ある日突然検索順位を落としてしまいます。

検索エンジンは、基本的には闇雲な対策を推奨していませんし、さらには被リンクについてはかなり厳重なチェックをしていると思います。

闇雲な対策を行っても、確かに一時的に検索順位が向上していますが、しかし検索エンジンにバレてしまうと、突然検索順位を落としてしまいます。

そしてばれなければ良いと思われる方もいらっしゃると思います。

が、これまでのホームページ制作実績で言えば、すべての会社さまでしっかりとサイト運営を行っていたとしても、必ずばれています。

そして、SEOを行う目的は、訪問者数を集めるためではなく、お問い合わせ数を向上させるためになります。

一時的に、お問い合わせ数が増えたとしても、翌週から突然0というのは企業サイトとして、成り立たないホームページ制作となってしまうのです。

そのため、基本的にはSEOでは、対策として行うのはリスクしかなく、被リンクではなく、もう1つの対策である新規作成やリライトによって検索順位を高めることがおすすめです。

ただし最低限の被リンクは必要

最低限は必要

このように、被リンクは非常にリスクがある対策ですが、しかしまだまだ効果を発揮するので、ホームページ制作後に最低限の量は獲得しましょう。

実際に、ライバルがそれほどSEOに力を入れていない場合でも、10本程度はあったほうがサイト運営効率が高まります。

また、御社が上位表示したいキーワードで、実際に高い順位のホームページの被リンク本数が多い場合は、御社もしっかりと対策を行う必要があります。

上記でもご紹介した通り、政府系ドメインから集めることが現在の対策の中心で、それでも足りなかった場合に、サテライトサイトの制作が必要です。

ただし、まだまだSEOと言うと、被リンクだけであると考えられる方も多いと思います。

しかし、実際に弊社のホームページ制作実績であるANA・JAL株主優待即納サービスを始め、多くの制作実績の会社が被リンク無しでも上位表示を実現しているのです。

そのため、しっかりとコンテンツ作成だけでもライバル次第では成果を出せると認識が重要です。

そして、ライバルサイトの状況から、必要に応じて、少量の被リンクを獲得していくのが理想的なSEOではないでしょうか。

被リンクに手を出すと時間と予算が膨大

実際にホームページ制作実績の会社さまへの提案や、弊社サイトで言うと、被リンクに手を出してしまうと、時間と予算が膨大です。

例えば、現在の被リンクは、自然に集まる対策が主流になるのですが、もしここで、自然に集まらないから自分で対策を行うとします。

その時に、グーグルは被リンク元の質を見ていたり、先との関連性をしっかりと見ています。

さらには最近よく言われるのが、被リンクの価値は一定ではなく、設置の仕方によってその効果が変わってしまいます。

そのため、被リンク元のホームページは非常に高い質でなくてはならず、その作業は本当に膨大です。

この作業を、例えば、Webサイト制作会社やSEO会社に依頼すると、当然、Webサイト制作会社やSEO会社も時間がかかる作業になります。

そうなると、当然1つのサテライトサイトを制作するだけでも、どちらも作業時間で費用を算出しているので、時間と予算がかかるものになってくるのです。

そのため、あくまで弊社の提案内容ですが、基本的には自然に集まる被リンク対策を中心にして、最低限の対策として政府系ドメインからの被リンクを数本で良いと思っています。

実際に、これらだけでも多くの会社が上位表示を実現していますし、さらにはむやみに被リンク対策を行うと検索順位が安定せず、最適な集客対策と言えないのです。

そのため、弊社では即効性ではなく、安定性のあるSEOを推奨していて、この安定性には、基本施策が新規ページ作成とリライトになってきます。

また、弊社が推奨する政府系ドメインからの被リンクは、エクセルシートで納品し、おまじない程度であると説明した上で登録をお願いしています。

正しいSEOがホームページ制作には重要

正しいSEOを

現在は、SEOに強いホームページ制作を行った後、更新可能コンテンツで、新規ページ作成やリライトを行い続けるのが重要です。

実際に、ホームページ制作実績では、それだけの対策でも多くの会社が上位表示を実現していますので、御社もまずは新規作成とリライトを中心に対策をおすすめします。

ただし、ライバルサイトの被リンク数を確認して、もし膨大な量を獲得していてるようであれば、御社も対策を行いましょう。

ライバルサイトほどは集めなくても良いですが、ライバルが獲得した本当に価値の高そうなものがあれば、御社も獲得していくようにしましょう。

弊社はもちろん、ホームページ制作実績の多くの会社さまにSEOを提案してきて思うのが、正しい施策を行っている会社が成功しています。

量にこだわった対策を行われている会社は失敗しているので、御社も正しいSEOのために、ユーザーのためのサイト運営を行うようにしましょう。

最後に、現在のSEOは数ではなく質です。

どんなに質の低い被リンクを集めても、検索順位が上がらないどころか、逆に足を引っ張る恐れもあります。

そのため、丁寧な被リンク対策であれば、タイトルように検索順位が安定しないことはなく、少しでも質が低いと安定しないと思って、被リンク元のリライトを行い質を高めましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP