大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

HP制作・運営
2014/8/11

居酒屋のホームページ制作法

居酒屋様の多くは、ホームページを制作せずに、ぐるなびやホットペッパーなどのグルメサイトを利用し、お店の宣伝を行っていますが、それだけでは十分な宣伝効果があるとは言えません。

グルメサイトの場合、そのサイト自体に集客力があるため、webサイトを作成するよりも、多くのユーザに店舗情報を見てもらうことができる可能性がありますが、グルメサイトの形式に則った情報公開になり、店舗のアピールを十分にできなかったり、他社との差別化ができなかったりなど、様々な問題があります。

そのため、グルメサイトから成果の出ている居酒屋様であれば、そのままグルメサイトを活用しながら、ホームページを制作することで、御社の特徴や他店との差別化をアピールすることが可能で、相乗効果を生むことが可能です。

もちろん、グルメサイトを利用されていない企業様であっても、webサイトを作成することで、御社の特徴や他店との差別化をアピールするはもちろんですが、新規顧客の開拓を行うことも十分に可能です。

今回は、居酒屋様のwebサイトで成果を出すためのホームページ制作法をご紹介します。現在、webサイトの新規作成やリニューアルをご検討の方にとって参考になりましたら幸いです。

ホームページ制作かグルメサイトか

これまでwebサイトの作成も、グルメサイトの利用も行ってこられなかった居酒屋様にとって、グルメサイトに掲載するか、webサイトを制作するか、どちらが良いかお悩みのことかと思います。

どちらが良いかは、御社の状況によって変わってくるため、一概には申し上げられませんが、それぞれの特徴についてご紹介させていただきます。

グルメサイト

グルメサイトを利用する最大のメリットは、その集客力の高さにあります。

多くのグルメサイトが、グーグルやヤフーで、【大阪 居酒屋】や【京橋 焼き肉】などのキーワードで検索すると、上位表示されており、ユーザはグルメサイトでお店を探すことが一般的となっています。

また、グルメサイト内の御社のページも検索エンジンで上位表示される可能性が高く、グルメサイトの検索結果だけではなく、検索エンジンの検索結果からも御社のページに直接訪れてくれます。

しかし、掲載すれば、多くのユーザに店舗情報を見てもらえるわけではなく、グルメサイト内での上位表示対策と、検索エンジンでの上位表示対策を行なわなくては、まったく見てもらえないページとなってしまいます。

また、その他のメリットとして、webマーケティング支援や最新のweb技術の導入はもちろん、仕入れ支援や予約システムの提供など、居酒屋運営のための様々なサポートを無償で提供してくれます。

ホームページ制作

自社でwebサイトを制作する最大のメリットは、自社の強みや特徴を明確に打ち出したオリジナルのホームページが作成できることにあります。

グルメサイトの多くは、一般的な情報しか掲載することができず、競合他社との差別化ができないために、金額や立地、店の雰囲気で、多くのユーザが店を決めるのに対して、自社サイトでは、御社の魅力でユーザに選んでもらえることが可能です。

また、集客については、SEOを考慮したホームページを制作することで、検索エンジンから多くの見込み客を集客することが可能です。

選び方

どちらも検索結果に上位表示させるための対策は必要となってきますが、即効性であればグルメサイトへの掲載をお薦めします。

しかし、中長期的に見ると、自社サイトをしっかりと運営していくことで、多くの見込み客を獲得できるようになるため、自社サイトのほうが費用対効果は高くなります。

新規顧客を開拓できる居酒屋のホームページ

居酒屋様のホームページで成果を出すためのポイントをご紹介します。

強みや特徴をアピール

多くの居酒屋様のwebサイトは、メニューのページで料理の写真と金額を紹介し、お店の紹介のページで内装や雰囲気を写真を使って紹介し、全ページの下部にお店へのアクセスマップが張られているだけとなってしまっています。

このホームページの作りは、グルメサイトと同様の作りとなっており、御社のwebサイトに訪れたユーザは、値段と雰囲気と立地だけで、御社を判断しなくてはなりません。値段や雰囲気、立地ももちろん重要な判断材料になりますが、訪問者に対して「来店したい!」と思わせることができるコンテンツが無くては、期待通りの成果の出るwebサイトとすることはできません。

来店したいと思わせることができるコンテンツとは、御社の魅力や他店との差別化を伝えることができるコンテンツになります。例えば、「お店の特徴」や「味への追求」、「最高の空間作り」が、お店のアピールポイントを伝えるためのコンテンツになります。

これらのコンテンツを制作することで、値段や雰囲気、立地でしか選ばれなかったwebサイトではなくなり、本当に御社の魅力や強みで選ばれる成果の出るホームページとすることが可能です。

ターゲットの明確化

ターゲットユーザを明確化させることは非常に重要です。

20代の女性や学生、主婦などのターゲット層を明確化させるだけではなく、どういったニーズの人に来て欲しいかを明確にすることも重要です。例えば、「結婚式の2次会」や「宴会」など、対応できる利用目的をコンテンツ化することで、それらのニーズの訪問者に選ばれるwebサイトとすることが可能です。

お店の雰囲気を踏襲したウェブデザインを作成

居酒屋サイトにおいて、ウェブデザインは最も重要であると言っても過言ではありません。

必ず、お店の雰囲気を踏襲したデザインを作成することをお薦めします。落ち着きのあるシックな感じのお店で、ポップな明るい感じのサイトデザインでは、ユーザがお店に来たときにがっかりしてしまう可能性があります。

写真にはこだわる

居酒屋様のホームページの写真の多くは、料理の写真になるかと思います。

料理の写真を掲載する際には、必ず「美味しそう!」と思わせることができる写真を選ばなくてはなりません。とにかく張り付ければ良いと言うものではなく、料理の写真にはこだわり、御社の料理の魅力を最大限に引き出していかなくてはなりません。

また、料理以外の写真であれば、訪問者に利用シーンを想像させるような写真を掲載することが重要です。

分かりやすいアクセスマップ

初めて来店される方はもちろん、その地域の土地勘が無い方でも、分かりやすいアクセスマップを用意することが重要です。

例えば、単にアクセスマップのページにグーグルマップを埋め込み、住所と電話番号を掲載するだけではなく、最寄駅からのアクセス方法や駅からの徒歩時間を明記することで、ユーザは迷わず店舗へとたどり着くことが可能です。

店舗の雰囲気を伝えるスタッフブログ

来店動機の向上を図るために作成されたスタッフブログは非常に効果的なものになります。

ユーザは、webサイト内の情報は、広告のように認識し、100%信用してくれませんが、ブログで紹介された原稿や写真は、ダイレクトにユーザに伝えることができ、信じてくれます。そのため、お店の雰囲気を伝えるために、スタッフブログを制作することで、ホームページの成果を飛躍的に向上させることが可能です。

また、ブログはSEOに非常に効果的となるため、ホームページの集客力の向上も図ることが可能です。

見込み客を獲得できるSEO

居酒屋様のホームページが行うべきSEOの考え方についてご紹介します。

[居酒屋 大阪]などの地域名でのSEO

居酒屋様の見込み客は、近隣にお住まいの方や近隣のオフィスで働いている方になるかと思います。
そのため、必ず地域名を含めたSEOが重要で、例えば大阪の居酒屋様は、[居酒屋 大阪]や[焼肉 食べ放題 大阪]などのキーワードでSEOを行わなくてはなりません。

また、地域名だけではなく、駅名でのSEOも非常に効果的になります。
通勤や通学に電車などの交通機関を利用しているユーザに対して、[居酒屋 京橋]や[居酒屋 都島]などの駅名を含めたSEOを実施することで、より多くの訪問者を獲得することが可能です。

[和食 大阪]などの料理のジャンルでのSEO

料理のジャンルが決まっている検索者は非常に多いです。

そのため、[和食 大阪]や[鍋 大阪]などの料理のジャンルを含めたキーワードでのSEOも行わなくてはなりません。

[結婚式 二次会 大阪]などのシチュエーションでのSEO

シチュエーションでの検索も一般的になります。

そのため、[結婚式 二次会 大阪]や[デート 和食 大阪]などのシチュエーションを含めたキーワードでのSEOも行わなくてはなりません。

[個室 居酒屋 大阪]などの条件を含めたSEO

検索者の中には、[個室 居酒屋 大阪]や[食べ放題 焼肉 大阪]などの条件を含めた検索を行うユーザもいます。

これらの検索者は、効率よく知りたい情報だけを得たいと考えている、あるいは一度[居酒屋 大阪]などで検索を行い、良い結果を得ることができなかった検索者になります。

これらの検索者は、ニーズが合致すれば、非常に成約率の高い訪問者となるため、必ず条件を含めたキーワードでのSEOも行わなくてはなりません。

[個室 デート 大阪 フレンチ]などのニッチワードでのSEO

[居酒屋 大阪]や[個室 和食 大阪]などのキーワードでSEOを実施するだけでも、十分な成果を得ることができますが、より成果の出るホームページとするためには、ニッチワードでのSEOも行わなくてはなりません。

ニッチワードとは、検索される回数は少ないですが、ニーズの絞り込まれた成約率の高い検索ワードのことを言います。

例えば、[個室 デート 大阪 フレンチ]などの検索ワードは、ユーザのニーズがそのままキーワードになったものになります。

[居酒屋 大阪]は、「大阪の居酒屋を探そう」や「大阪の居酒屋に営業を掛けよう」など様々なニーズが混在してるのに対して、[個室 デート 大阪 フレンチ]は、「大阪でデートで使える個室のフレンチレストランを探そう」というニーズがそのままキーワードになっています。

これらの検索ワードで訪れたユーザに、御社がデートで使える個室のあるフレンチレストランであることを伝えることができれば、来店してくれる確率は非常に高くなります。

これらのニッチワードでのSEOを実施し、多数の検索ユーザを集客することで、ホームページの成果を飛躍的に向上させることが可能です。

ニッチな検索ユーザを多数集客できるロングテールSEOはこちら

グーグルプレイスへの登録

グーグルプレイスとは、例えば[居酒屋 大阪]などの、[地域名 サービス名(業種名)]で検索した際に、グーグルの検索結果の上部に表示されるマップのことを言います。

[居酒屋 大阪]でのグーグルプレイスの検索結果

右上にある地図と検索結果にあるA~Gまでの吹き出しが、グーグルプレイスの表示になります。グーグルプレイスの検索結果は、上位表示サイトよりも検索結果の上に表示されるために、集客対策として非常に効果的なものになります。

地域名を絞ったSEOを実施しているホームページであれば、必ずグーグルプレイスの登録を行わなくてはなりません。

グーグルプレイスの登録方法と上位表示対策はこちら

その他成果を向上させるために

その他成果を向上させるための対策をご紹介します。

スマートフォンへの対応

居酒屋様のwebサイトにおいて、スマートフォンへの対応は必要不可欠になります。

ユーザに多くは、スマートフォンを活用し、居酒屋を探すため、必ずスマートフォン対応を行わなくてはなりません。

最近は、スマートフォン向けサイトを作成するのではなく、レスポンシブウェブデザインを活用し、1つのホームページで、媒体ごとに表示を変更させる手法が一般的です。

レスポンシブウェブデザインについてはこちら

クーポンを活用

グルメサイトと同様に、webサイトでもクーポンを用意を掲載することは非常に効果的になります。

目的は2つあり、1つはクーポンを見てもらうことで、お得感を出し、来店意欲の向上を図ります。
もう1つは、いくつかの候補の中からどこにしようか迷っているユーザが印刷して、紙媒体として手元にお店の情報を置いて貰えることにあります。

そうすることで、クーポンの印刷にお店の特徴や地図を掲載しておけば、一緒にお店に行く人と相談するときに、ライバルより一歩有利になる可能性があります。

ソーシャルメディアを活用

ツイッターやフェイスブック、グーグルプラスなどのソーシャルメディアを活用することもホームページの成功の重要な要素の一つです。

グーグルプラスやフェイスブックを活用し、コミュニティーの構築を図ったり、ツイッターを活用し、定期的に情報を閲覧してもらえるようにすることも、広告活動の一環として非常に効果の出るものになります。

また、最近は、ラインを使ったキャンペーン情報の配信も効果的です。

飲食店のホームページ作成法はこちら
このページのトップへ