サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページを制作する前の準備

ホームページを制作する前の準備

ホームページを制作するのは、Webサイト制作会社に問い合わせを行えばそれで終わりと思われていませんか?

もちろん、ある程度は対応してくれると思いますが、しかし丸投げをしてしまうと、実は成果が出るかがどうしても運次第になってしまうため、しっかりと自社でも成果を出せるホームページを制作するために対策を行わなくてはいけません。

この対策はもちろん、運営段階でも重要ですが、しかし最も大切になってくるタイミングが、ホームページを制作前であり、お問い合わせ前後からしっかりと自社で内容を検討しておく必要がございます。

そこで今回は、ホームページを制作前にお客さまが行う準備にはどんな内容があるかをご紹介します。

ホームページを制作前に準備

ホームページ制作前に準備

ホームページの制作は、問い合わせればそれで終わりではございません。

基本的には、Webサイト制作会社は、ホームページはプロですが、お客さまが関係した業界やお客さま自身についてはまったく素人であるため、これらの情報をしっかりと渡さなければ、当たり障りがないコンテンツしか作成ができないため、期待通りに成果を得れません。

そのため、理想を言えば、Webサイト制作会社に問い合わせを行う前に、しっかりと整理して用意してしまうのが良いですが、最悪、忙しくて対応ができないようであれば、初回ヒアリング前まででも問題がございません。

この整理された内容を、分かりやすくどれくらい伝えるかで、提案内容が大きく変わってくるので、できる限り詳細にさらには細部までしっかりと伝える準備をしておくことで、本当に成果を出せるホームページが制作できます。

そしてさらには、情報整理を行う際には、もし資料があれば、それら資料もあらかじめ用意しておくことで、より提案内容が具体的なものへと成長し、成果を出せる仕組み作りをふんだんに利用してもらえるようになります。

では、一般論ですが、どんな内容を整理しておいたほうが良いかまたは大切かをご紹介します。

会社情報

会社情報

まず、会社情報を整理すれば、会社情報を適切に表示してくれます。

ただし、一般的には弊社へホームページの制作を依頼いただく会社は、会社情報などは1ページで良いと言われるケースがあるので、1ページ内でどの情報を掲載し、どれが不要化までを考えておくと良いでしょう。

基本的にはお客さまの要望がなければ、Webサイト制作会社は、ユーザーのためになる情報すべてを公開したいと考えているため、基本的にはお客さまが不要だと言わなければ、すべてを公開しようと考えます。

そのため、もっとも効率的な対策としては、一度情報すべてを渡して、その上で不要やどちらでも良い、必要と分けて渡すようにすれば、本当に効果的な情報配信が可能です。

実際に、ここまでを考えてそして整理を行うケースは、弊社がホームページを制作するうえでは滅多になく、何を公開すれば良いかが分からないと言われるケースが多く、その場合は、それをそのまま伝えてしまう方が効果的です。

製品とサービス

製品とサービス

ホームページに制作する内容として、製品サービスは非常に重要です。

基本的には製品やサービスは、1つにつき1ページであるケースがもっとも多いと思うので、これらの乗せたい情報をすべて網羅して伝えれば、本当に効果的なサイト構成での提案が可能です。

もちろん、それぞれのページで大体でも構わないので、どれくらいの情報があるか、何アイテムくらいがあるのかなども重要な情報で、これらをしっかりと確認していけば、本当に効果的な提案ができます。

特に製品やサービスについては、SEOとも密接に関わっているので、提案前にしっかりと整理を行っておけば、より具体的な提案が可能ですし、本当にSEOで成果を発揮できるようになります。

事例やお客さまの声

事例やお客さまの声

業種によっては、ホームページを制作時に、事例や実績、お客さまの声でページを作ってアピールしましょうと話すと、うちの業界は閉鎖的だから無理と言われるケースがございます。

もちろん、無理であれば、これらのコンテンツは作成しませんが、これらが分からないと、基本的には提案に含めてしまいますし、さらには内部リンクによる誘導なども検討します。

そのため、この検討自体は無料になりますが、あらかじめお伝えいただけていれば、その時間を別のコンテンツの検討に当てれたと考えると非常にもったいない結果になります。

そのため、できれば、提案前からしっかりと事例やお客さまの声をどうしたら良いかを伝えるようにしなくてはならず、もちろんWebサイト制作会社も確認はしますが、その時に思い付きで話すのではなく、しっかりと検討した結果で話を進めたほうがより良い提案を行えるようになります。

運営コンテンツ

運営可能コンテンツ

現在のホームページを制作した後の成果を考えた場合に、運営は非常に大切です。

この運営については要望がなければ、単純にスタッフブログを作成し、そこにあくまで目安ですが2,000文字程度の記事を書いていただきます。

実際の事例としては、もちろん提案段階ではしっかりとスタッフブログを作成し、そこに大体2,000文字くらいで原稿を用意してもらいますと言っているにもかかわらず、公開後にそんなに書けないと言われるケースがございます。

これは非常にもったいないものになっていて、基本的には、書けないのであれば、もっと文章量が少なくても不自然ではないコンテンツ提案が可能ですので、運営は必須として、どのようなコンテンツであれば運営が可能かもしっかりと考えておきましょう。

ただし、SEOにおいては、基本的には運営が可能なコンテンツと言えば、まったくテキストがないと言うのはあり得なくなっていて、基本的には最低でも1,000文字は用意いただく形が一般的です。

運営法

運営法

ホームページを制作後に、まったく運営を行わないのは、絶対にいけません。

もちろん、スタッフブログなどの自社で更新ができるコンテンツがあり、そこを更新しているのも良いとは思いますが、半年に1回くらいは、しっかりとその他のコンテンツを改定しましょう。

そして改定は、思い付きで行うのではなく、しっかりと事前に、例えば半年に一度アクセス解析を使って提案をして欲しいと依頼をして、そしてその提案内容を聞いても割りではなく、恐らく改善提案書も同時に渡されると思うので、その中で御社が本当に効果がありそうな施策を行うと良いでしょう。

運営と言うとどうしても多くが、更新ができるコンテンツを更新や、思い付きでWebサイト制作会社に依頼してしまうケースが見られますが、しっかりと計画建てて行わなくては絶対に成果が向上しないので、ヒアリング時あるいは納品後に、どのように運営を考えているかを伝えれば、本当に効果的な提案を行ってくれます。

検討して成果を出そう

検討して成果を出す

上記が、ホームページを制作前の準備いただく内容になっています。

もちろん、当ページを見たからと言って、直後から完ぺきにこれらを検討できるとは思いませんが、しかし、検討をしておくことで、適切に伝えれるようになり、本当に成果を出せる可能性が高まります。

現在、ホームページを制作すれば成果が出る時代は、10年ほど前に終わっていて、現在では、打ち出す情報を打ち出し、そしてその中にもユーザーが求めている情報を含めている必要があり、ホームページを制作前にしっかりと検討をしたうえで伝え、本当に成果を出せるホームページを制作してみてはいかがでしょうか。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP