大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2015/4/27

HPの表示を早くしSEO効果を高める「Better Delete Revision」

SEOを行なわれている方であれば、ウェブサイトの表示速度対策にも気を使われていることかと思います。

ホームページの表示速度は、SEOとしてももちろん重要ですが、ユーザがウェブサイトに訪れたときに、あまりに表示速度が遅いと、ユーザはページが完全に表示される前にウェブサイトから離脱をしてしまうため、ホームページの成約対策としても重要な対策の1つで、ユーザにストレスを与えないよな表示速度を保つための対策を行わなくてはなりません。

今回は、ワードプレスでホームページを作成している方向けに、HPの表示速度を少し早めることができるプラグイン「Better Delete Revision」をご紹介させていただきます。

HPの表示とSEOについて

2010年4月に、グーグルはホームページの表示速度を検索順位を決定する要因の1つとして扱うことを発表しています。

グーグルがウェブサイトの表示速度をランキング要因の1つとしている理由は、もしグーグルを利用しているユーザが、検索結果の上位に表示されているHPに訪れた場合に、そのwebサイトの表示が非常に遅いものであったら、そのユーザは「ブラウザの戻るボタン」から検索結果ページに戻り、別のwebサイトを閲覧しようと考えます。

また、もしグーグルが上位表示しているウェブサイトの大半が表示速度が遅かった場合、ユーザはグーグルではなく、ヤフージャパンやビングなど、その他の検索エンジンを利用して検索を行うようになってしまいます。

そのため、グーグルは検索エンジンユーザの満足度を高めるために、ホームページの表示速度を検索順位を決定する要因の1つとし、ユーザにとってストレスを感じさせないウェブサイトを検索エンジンユーザに紹介するようにいたしております。

SEOと表示速度の関係性について詳しく見る

ワードプレスのリビジョン機能

webサイト更新システム「ワードプレス」には、「リビジョン」と呼ばれる更新中のデータを自動でバックアップしてくれる機能があります。

この機能は、webサイトの更新を頻繁に行われている方にとって、非常に便利な機能となっており、過去の情報に戻したいと思ったときに、過去のどのタイミングにでも戻すことが可能な機能となっています。

リビジョン機能

しかし、これらのバックアップデータは、記事を公開した後にも削除されることが無く、データベースに蓄積されているため、次第にデータベース容量を圧迫していきます。

もちろん、バックアップされている情報は、テキストデータとなるため、それほど大きく圧迫するものではありませんが、ホームページの運営期間が長くなればなるほど、その容量は少しずつ大きくなってしまい、データベースの使用容量が大きければ大きいほど、HPの表示速度に影響を与えてしまう可能性があります。

そのため、これらのリビジョン機能は定期的に削除したほうが良いと言え、それらを非常に簡単に行うことができるのが、ワードプレスのプラグイン「Better Delete Revision」です。

「Better Delete Revision」の使い方

「Better Delete Revision」の導入法から使い方までをご紹介いたします。

インストール

「Better Delete Revision」で検索

ワードプレスの管理画面の左ナビゲーションにある「プラグイン > 新規追加」をクリックします。

表示されたページの右上に検索ボックスがあるため、そこに「Better Delete Revision」と入力し、エンターで検索します。

検索結果の左上に表示されている「Better Delete Revision」が今回導入するプラグインとなるため、プラグイン名の右にある「いますぐインストール」をクリックします。

これでインストールが完了なので、次はプラグインの有効化を行います。

プラグインの有効化

「Better Delete Revision」の有効化

「プラグイン > インストール済みプラグイン」をクリックします。

クリックした先のページで、「Better Delete Revision」の有効化を行います。

「Better Delete Revision」の使い方

リビジョンのチェック

「Better Delete Revision」を有効化すると、左ナビゲーションの設定の中に「Better Delete Revision」が追加されているため、「Better Delete Revision」をクリックします。

クリックしたページにある「Check Revision Posts」をクリックすることで、データベースに保管されているリビジョンのチェックが行われます。

リビジョンの表示

データベースに溜まっている、すべてのリビジョンが表示されます。

リビジョンの削除

ページの下部にある「Yes, I would like to delete them!」をクリックすることで、すべてのリビジョンデータを削除することが可能です。

こちらでリビジョンデータの削除は完了ですが、「Better Delete Revision」は、頻繁に利用するプラグインではないため、使用後には削除するようにしましょう。

このページのトップへ