サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ビングウェブマスターツールとホームページ制作の関係

ホームページ制作を成功に導くビングウェブマスターツール

SEOを実施する会社の多くが、ホームページ制作後にサーチコンソールを導入し確認していると思います。

サーチコンソールを見て改善したら、グーグルとヤフーでSEO効果を発揮でき、国内の検索エンジンで言えば、グーグルが1位、ヤフーが2位で9割以上のユーザーが利用しています。

残り1割未満のユーザーは、さまざまな検索エンジンを利用しますが、その中で1位がビングと言うマイクロソフトが提供する検索エンジンになります。

ビングは、サーチコンソールと似たようなツールであるビングウェブマスターツールを提供していて、実はウェブマスターツールを確認して改善したら、ホームページ制作のSEO効果をさらに高めれます。

もちろん、ホームページ制作直後やSEOを行い初めであれば、意識は必要ありませんが、ある程度グーグルやヤフーで上位表示が実現され、さらなる効果や訪問者向上をお考えであれば、ぜひとも導入しご活用ください。

ビングウェブマスターツールとは

ビングウェブマスターツールって何?

ホームページ制作会社や、SEO会社でなければ、あまり耳にしないツールではありますが、検索エンジンのビングは、サーチコンソールに似たビングウェブマスターツールを提供しています。

こちらのツールはグーグルとヤフーの検索結果ではなく、ビングの検索結果で上位表示を行うのに利用されるツールで、しっかりと確認して改善したら、ビングでの検索順位を高めることが可能で、ホームページ制作の成果を底上げできます。

基本的に確認できる内容は、サーチコンソールと大差がなく、インデックス状況や被リンク状況などを確認が可能です。

決定的に違うのが、インデックス状況はもちろん検索エンジンごとに違ってくるのは当然ですが、被リンク状況になっていて、サーチコンソールでは知れなかったような被リンクを確認ができるようになっています。

ただし、現在においてはビングユーザー数が少ないので、ホームページ制作を実施させていただいた会社さまの大半が、サーチコンソールは利用しても、ウェブマスターツールは未使用ケースが多く、弊社としても、ユーザー数が少ないので、当初に説明して、不明点があればお問い合わせくださいとお伝え程度になっています。

総仕上げに

総仕上げ

上記のように、ビングは訪問者数の獲得が難しいので、ホームページ制作時から意識は不要ですが、しかしある程度グーグルとヤフーの検索順位が高い会社であればおすすめします。

理由は、SEOで見込み顧客を集客できていればいるほど、成果を向上させれるので、どんなに作業を行っても終わりがありません。

そして基本的にはがむしゃらな作業は一切SEO効果を高めず、しっかりと数値データをもとにしての作業でなければ意味がありません。

そのため、大切になるのが、ウェブマスターツールの数値データの確認になっていて、もちろんグーグルやヤフーで上がっていないのに利用しても、ユーザー数の多い検索エンジンで上位表示が狙えませんし、さらにはビングに最適化しても、グーグルやヤフーで検索順位が落ちてしまっては、まったく無意味なので、以下の点を理解しましょう

  • サーチコンソールの問題を改善してから
  • グーグルやヤフーの検索順位も意識
  • 基本はサーチコンソールを活用

あくまで総仕上げだと思うので、ホームページ制作後のSEOの基本はサーチコンソールであると理解したら、御社のグーグルとヤフーの検索順位を高め、さらにはビングでも新たな見込み顧客が集客できるようになります。

ホームページ制作の集客は、基本的には検索エンジンではグーグルとヤフーが大半であると理解しなくてはいけません。

主な機能

主な機能

では、実際にウェブマスターツールで提供される機能をご紹介します。

あくまで弊社はホームページ制作実績の会社で利用しているデータになり、他にももしかすれば活用したほうが良いデータがあるかもしれません。

サイトマップ

ホームページ制作が終われば、サーチコンソールでもXMLサイトマップを送信したと思いますが、ウェブマスターツールでも送信しなくてはいけません。

XMLサイトマップを送信で検索順位が高まるというケースはないと思いますが、しかしせっかく作成したページになるので、しっかりと検索エンジンに認識してもらうのが大切です。

特にウェブマスターツールでは、弊社がおすすめする作業は実はほとんどありませんので、ホームページ制作が終わったら、しっかりとXMLサイトマップの送信だけでも行うようにしましょう。

バックリンク

ホームページ制作が終わったら、自分や自動的にバックリンクが付くケースがあります。

こちらは何かをするのは不要ですが、しかし一応念のために、バックリンク元を調査しています。

実際にサーチコンソールで認識されていないバックリンクを否認しても、グーグルの検索順位に変動はないケースが多く、バックリンクのリストを見て、相当ひどい場合にタブから否認ツールを開きしてみて、もし検索順位が落ちれば解除、上がればそのまま放置と言うようにします。

ただし、大量に行ってしまうと、検証が本当に手間ですので、可能な限り少ない数で実施をおすすめし、もしビングではマイナス評価でもグーグルではプラス評価の可能性もあるので、しっかりと検索順位を検証しなくてはいけません。

SEOレポート

SEOに力を入れている会社であれば、ほとんど表示されませんが、念のために定期的に確認をしています。

SEOレポートではメタディスクリプションがないや、ALTタグの不備などの基本的な内容が多いので、これらにしっかりと対応すれば、さらなるSEO効果を見込めます。

実際にお客さまが行える作業と行えない作業があり、もし自社では対応が難しい箇所がリストアップされていれば、ホームページ制作会社などに依頼しましょう。

ただし、これまで多くを見たことがないですが、基本的には弊社が見たのが、メタディスクリプションとALTに不備ですので、ほとんど触るケースはないと思います。

それほど意識は不要

多くの意識は不要

ホームページ制作後に、ウェブマスターツールを使い改善しなくてはならないポイントをご紹介しました。

基本的には、ウェブマスターツールを検討されている会社であれば、サーチコンソールを利用していると思いますので、ほとんど作業はありませんが、その場合でも、XMLサイトマップの送信は行っておきましょう。

ビングはユーザー数が少ない検索エンジンですので、基本はサーチコンソールの方が重要だと理解をして、サーチコンソールでとりあえず大きな問題が解決され、その他の問題は予算が多く必要だという場合で良いと思います。

ただし、実際に弊社にホームページ制作のお問い合わせを行う会社の中には、ビングで検索をしたとおっしゃる方もいるので、グーグルやヤフー対策がそれなりに完了した場合にはおすすめです。

より効果を出そう

ホームページ制作の成果を出そう

ウェブマスターツールは、ホームページ制作時に導入と初期設定は行いますが、実際に運用されるケースは少ないと思います。

しかし、ビングもユーザー数が少ないと言っても、しっかりと対策を行い、上位表示ができていれば、必ず御社の訪問者数の底上げには役立ちます。

さらには実際に弊社にホームページ制作のお問い合わせを行う方の中にも、ビングを利用されている方も少数ですがいますので、しっかりと対策を行えば、たとえ月に1つでもお問い合わせが獲得できるのは大きいと思います。

もし、現在サーチコンソールを利用されていて、大まかに改善ができて反映待ちという場合に改善すれば、可能性はそこまで高くないですが、御社のホームページ制作の成果を飛躍的に高めれます。

ただし、改善の際にはしっかりとグーグルやヤフー対策としてはどうなのかも検討したうえで、対策の取捨選択を行いましょう。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP