サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

無料ブログにグーグルサーチコンソールを導入したほうが良い?

グーグルサーチコンソールを無料ブログに導入

弊社がホームページを制作した会社さまで、無料ブログを運営されている企業があります。

被リンク対策のためではなく、告知のために無料ブログを運営されているのですが、最近のご質問で、無料ブログにもグーグルサーチコンソールは入れたほうが良い?とご質問がありました。

これについては、もちろん入れてくださいとお願いをしたのですが、ある程度SEO知識があると、その後の作業が本当に大変だったので、その事例をご紹介します。

グーグルサーチコンソールが導入できる無料ブログ

無料ブログの中にはグーグルサーチコンソールを導入できる場合とできない場合があります。

例えば、有名どころであれば、アメブロとライブドアブログは導入ができます。

さらにnoteは無料版は導入ができませんが、有料版を利用すれば導入が可能です。

楽天ブログなどについては、導入ができません。

現在、非常に多くのサービスが提供されていますが、弊社では基本的にはグーグルサーチコンソールが導入できるものを推奨しています。

その理由は、無料ブログであったとしても、SEOは必要になるからです。

無料ブログは確かに独自の集客施策を行っていて、SEOがなくても、ユーザー視点の記事を作成していれば、それなりの訪問者数は獲得が可能です。

しかし、せっかく運用するのであれば、検索結果ページから多くの見込み顧客を集め、より多くのユーザーに見て貰ったほうが良い結果を得れます。

そのため、現在無料ブログをどこにしようかお悩みの方は、ぜひともグーグルサーチコンソールが導入できるものをお選びください。

また、弊社がおすすめする無料ブログをこちらのページに掲載していますので、参考としていただけましたら幸いです。

分かること

無料ブログにグーグルサーチコンソールを導入すればどのようなことが分かるのでしょうか。

これについては、主にざっくりと言うとSEOのための施策方法が分かるとなっています。

例えば、検索結果での表示がどうなっているかや、構造化データは適切か、インデックス未登録になっていないか、クローラーの訪問頻度、被リンクなどになっています。

これらの数値データを利用して運用を継続することで、SEO効果を大きく高めれる可能性が高まります。

もちろん、実際にホームページ制作実績の企業さまを見ると、まったくグーグルサーチコンソールを利用せずに、成果を出している会社もあります。

しかし、時間に余裕があるのであれば、しっかりとそれぞれのデータが持つ意味を理解して、そして数値データを生かした運営を行うことで理論的で戦略的なものへと成長します。

詳しいとインデックス未登録にこだわる

そして、今回の事例でもっとも厄介だったのが、検出 - インデックス未登録はそれほどではなかったのですが、クロール済み - インデックス未登録の改善でした。

実際に完全には改善ができていないのですが、大きく減らすことに成功しています。

このようにSEOに知識がある方は、クロール済み - インデックス未登録を意識してしまう傾向があり、多発するとご相談を受けるケースが本当に多いです。

ただ、本体サイトであれば、確かに改善はすべきで、できる限り0に近い数値にする必要があると考えますが、無料ブログではそこまで気にしなくて良いと思っています。

その理由は、基本的なテンプレートが提供されているので、もちろんライブドアブログのようにカスタマイズが自由にできるケースもありますが、大半があまりカスタマイズできません。

では、どのように改善したかと言うと、実は当社は何もしておらず、お客さまに、内部リンクを充実させてほしいとお願いしました。

クロール済み - インデックス未登録の原因の多くが、実は該当ページではなく、他のページにあります。

グーグル自身もホームページ全体の問題である可能性があると明言しています。

そしてこれらの改善は、該当ページだけではなく、実はホームページ全体の問題になっています。

ただ、本サイトの更新だけでも非常に大変で、さらに無料ブログのリライトまでとなると本当大変なので、弊社は内部リンク数を増やす提案をしました。

その結果、0ではないですが、一応大きく減らせたので、お客さまも何とか納得しています。

無料ブログはそこまで気にしなくて良い

無料ブログの場合、クロール済み - インデックス未登録はさほど気にしなくても良いと思います。

その理由は、テンプレートで触れる限界があるや、リライトを行うにしても本体サイトの運用を行っていると、そこまで手が回らないからです。

もちろん、すべてのページがインデックス未登録であれば、改善すべきだとは思います。

そして、一般的には弊社が把握しているだけでのお話ですが、無料ブログは非常にインデックス未登録が多くなる傾向があります。

そのため、そこまで意識をして改善していくとなると、できればウェブマスターを1名用意する必要があると思われるので、そこまでの意識は必要ありません。

被リンク対策ではなく適切な運用を

無料ブログの活用と言うと、被リンクのためと思われる方が本当に多いです。

その理由は、昔のSEOでは無料ブログから大量に被リンクを本体サイトに行うだけで上がっていた時代があったためです。

現在では、実はほとんど効果を生み出さないものになっていて、さらに言えば過剰に行う被リンクは、スパム行為となってしまうリスクもあります。

そのため、例えばリンク付の1記事を公開した後、別ページで、もしここにリンクがあったほうが効果が出そうと考えたら、外部リンクではなく内部リンクで対応しましょう。

恐らくですが、多少多いくらいであっても、現在のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングは無効化してくれます。

ただ、念には念を入れて、基本的には1つのリンクを設置したら、その後はそのページへの内部リンクで対応するのをおすすめします。

基本的にはユーザーのための運用が重要であり、ユーザーのためで、さらには本体サイトへの発リンクを減らすことで、健全で安心な無料ブログ運営が可能です。

ホームページ制作前に活用

無料ブログは、しっかりと運用していれば、確かに効果が発揮できます。

ただ、更新するための時間が一般的にはあまり取れないケースが多いので、それなりの効果しか生み出せません。

そして、弊社がおすすめする無料ブログ運営法は、基本的には1記事作るのに1週間がかかったとしても、ユーザーが見たときに良い文章だと感じてもらうことが大切です。

そしてさらには、ホームページ制作中に無料ブログを開設することをおすすめします。

リンク対策の一環として行っていないので、ホームページ制作中はそれほどお客さまの負担も大きくないので、その時から始めればスタートダッシュが可能です。

ユーザー目線で、グーグルサーチコンソールを導入し、SEO効果もあり、さらには本体サイトに悪い影響を与えないようにすれば、必ず成果を出せるようになっています。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP