HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

サイト運営にフォトショップは必要?

サイト運営でフォトショップって必須?

ホームページ制作後に無料でお客さまにサイト運営サポートを行っています。

そして、マニュアルあるいは口頭で、画像サイズは横と縦幅をいくつにして公開して欲しいとお願いをしているのですが、そのサイズにできないと言われるケースがあります。

そこで今回はこのサイズを最適化した画像のアップ手段としてフォトショップが必要かどうかについてご紹介をします。

フォトショップとは

フォトショップとはアドビ社が提供する画像編集ソフトのことを言います。

最近はWebデザイナーでも別の画像編集ソフトを利用されているケースがあるようですが、一般的にはWebサイト制作会社の多くが利用しています。

このフォトショップは、画像の加工だけではなく、サイズ変更も手軽に行えるので、スタッフブログのアイキャッチ画像の編集も可能になっています。

また、最近のグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンはオリジナル画像を高く評価しています。

そのため、もちろん自分で撮影した写真を利用すればオリジナル画像ですが、写真撮影が難しくフリー素材を使う場合にはフォトショップで加工すればオリジナル画像になってきます。

このように、Webサイト制作会社だけではなく、ホームページを制作したすべてのお客さまでも利用ができるものになっているのです。

ただ、フォトショップの利用は基本的には年額が必要になっているので、予算をかけてまでは・・・と言う場合は実は利用をしなくても問題ありません。

サイズ変更はペイントでもできる

実際にホームページ制作実績の会社さまはサイズへの句を行う時には、ペイントを利用されています。

ペイントはウィンドウズPCであれば、初期でインストールされているソフトになっているので、ウィンドウズPCを購入された方であれば基本的には入っています。

このペイントはサイズ変更はもちろん加工なども行えるのですが、ただ当社としては、少し手間がかかると思っております。

もちろん、慣れてしまえば早いとは思いますが、現状で当社はフォトショップの扱いに慣れているため、ペイントは少し手間に思います。

また、ホームページ制作では、大量の画像を一気にサイズ変更するなどのケースもあるのですが、ペイントではこれができません。

ただ、クライアントさまにおいては、一気に画像編集をするケースもないと思うので、1枚ずつの対応であれば一応対応が可能になっております。

最近は自動調整

さらには、最近のワードプレスを導入したホームページでは、画像が自動調整されるようになっています。

また、フルスクラッチでCMSを構築した場合でも画像の自動調整は当たり前のように行われるようになりました。

そのため、実はサイズを変更しなくても、ホームページを見ているユーザーには適切なサイズで表示されるようになっています。

そのため無理に調整する必要はないのですが、しかしやはり当社としては余力があればですが調整したほうが良いと考えています。

あまりに大きな画像

あまりに大きな画像をアップすると、サーバー容量を圧迫することに繋がります。

最近のサーバーは、どのサーバーも容量が非常に多く、当社がよく利用するエックスサーバーでは、標準的なプランで300GBも容量があります。

そのため、大きな画像をアップしたところで、300GBを消費するには数年の時間が必要になっています。

ただ、動画などをたくさん公開しているホームページでは、もしかしたら容量の問題が発生するリスクがあります。

そのための対策として画像サイズの調整です。

画像が大きいと容量が当然大きくなるので、サーバーを圧迫することに繋がるのです。

そういう意味ではサイズ変更は重要で、フォトショップは必須ではありませんが、サイズは必ず調整したほうが良いと思われます。

SEOにも影響がある

実はこの使用容量が多いと言うのは、SEOにも影響を与えます。

現在のSEOでは、一つの指標にホームページの表示速度があり、サイズ変更をしていない画像が多いと当然そのウェブページの表示速度が遅くなります。

ただ、日本であれば回線は整備されているので、そこまで影響はないですし、さらにはこのページスピードはSEOとしては本当に小さな影響にはなっています。

しかし、SEOを行われている方であれば、少しでもSEO効果が高まることを期待していると思いますので、ぜひとも行っておきたい対策になります。

このように、画像のサイズ調整は、大きな影響ではなく、本当に小さな影響としてSEOにも効果があるので、ある程度はサイズ調整を行うことはメリットになっているのです。

ただし、当社のホームページ制作実績で言えば、サイズ調整を行わずとも上位表示を実現しているホームページは多くあります。

ホームページ制作時にルールを定めるのがベスト

フォトショップでなくてもサイズ調整は可能ですが、加工する場合にはフォトショップをおすすめします。

無料のペイントにするか、有料のフォトショップにするかはホームページ制作段階、サイト運営前までには定めておきましょう。

判断としては、SEO効果はどちらも変わりませんが、少しでも効果的な記事ページを上げたいのであればフォトショップをお願いします。

逆にそれほど質の高い画像は不要で、とにかくSEOで効果が出れば良いと考えるのであれば、無料のペイントでも十分です。

これらを定めたうえでサイト運営を行うようにすることで、適切な記事作成が可能になります。

また、検討時には、どのようにして利用するかも検討しましょう。

ここで具体的にソフトの利用法を明確にしておけば、サイト運営効率は飛躍的に高まります。

また、弊社が把握しているのはフォトショップやペイントになってきますが、他の無料ソフトでも問題がありません。

その他の無料ソフトでは、GIMPやPhotoDirectorなどが有名になっています。

どのソフトを利用するか、そしてその使い方をしっかりと定めたうえで、サイト運営を行うようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP