大阪のホームページ制作会社

株式会社セブンデザイン

ブログの更新がどれくらいSEO効果があるのか

弊社では、SEOの検証のために現在のブログページの記事アドレスをすべて変更をしてみました。

これによりブログの記事数は300ページ近くあるのですが、グーグルが弊社のホームページは300ページほどが突然減少したと勘違いをしてくれ、純粋にブログ記事作成がどれくらいSEOにとってプラスであるかを計測しようと考えたのです。

今回はブログの更新が本当にSEOに必要かどうかについてご紹介をいたします。

なぜブログ更新のSEO調査を行ったのか

まず初めに、弊社がなぜブログページのアドレスを一時的に削除して、トップページの検索順位を調べたかについてご紹介をいたします。

それは先日、新規の営業でお伺いさせていただいた会社さまに訪問したときに、ブログの更新の話になったのですが、「訪問する会社によっていうことが違う。御社はブログの更新は必要だと思いますか?」と言われたことが発端です。

弊社では基本的に、トップページのSEOにおいては、しっかりとSEOを考えてホームページを制作すること、そしてブログなどのコンテンツをしっかりと更新して、上位表示しているホームページよりも多くの記事を作成すること、そして同じテーマでしっかりと作成されたページから被リンクを増やすことの3点が大切だと考えております。

そのため、そのようにお伝えをさせていただきましたが、やはりこのブログの更新はかなりお客さまに負荷のかかるものになってくるので、「やるとしたら必ず成果が欲しいから確約して欲しい」と言われました。

その段階では弊社では特に調査もしていなかったので、「確約はできませんが、さまざまなホームページに記事作成の効果は記載があります」とだけお伝えをいたしました。

そしてお打ち合わせが終わり、自社に戻って考えていたのですが、やはり単に書いていることだけではなく、しっかりと自社としてデータを蓄積していくことで、より提案を具体的なものにできるのではない考えたのです。

そのため弊社では今回の調査を行うようにして、一時的に記事ページの変更を行い、検索順位をチェックすることといたしました。

本当は新規サイトでの検証が良い

今回の検証はすでにあるモノを削除した形になっており、正確なデータではありません。

基本的にページを削除すること自体がSEOにとって大きなマイナスになっているので、作成とはまた違うデータが取れると思われます。

例えば新規ページ作成で1つ順位が上がったとしたときに、グーグルがしっかりと認識したページを削除すると、2位以上下がることはざらにあるのです。

そのため、検証結果としてはかなり微妙なものになると思われますが、しかし実際に検証した結果ということになるので、弊社のお客さまのブログ更新のきっかけになればと思っております。

SEO調査の実施期間

今回のSEO調査については、本当はもう少し時間をおいて検証すべきだと思いましたが、グーグルが新アドレスを認識してしまうと、元の順位に戻ると考え、2営業日だけ新アドレスに設定をいたしました。

具体的に言うと、2020年10月5日の朝一にアドレスを変更して、2020年10月7日の朝一に元のアドレスに戻しております。

本来ならば一度すべての記事を非公開にして、長い期間調査すべきだと考えたのですが、弊社のホームページも現在SEO対策を行っているため、そこまでの時間を掛けれないと判断し、2営業日とさせていただきました。

そして2営業日の期間でどれくらい検索順位が変動したのでしょうか。

ブログの記事数と文字数

まず弊社のブログの記事数は、月曜日の段階で269記事になっており、その他のページが86ページあります。

そしてトップページについては、大量に被リンクが付いていますが、グーグルサーチコンソールの被リンクの項目を見ると、トップページの被リンク数が472本、ブログページの被リンク数の合計が345本になっておりました。

弊社のような小規模サイトにおいて、作成しているページ数の大半、さらには被リンク数の半分以上があるブログページを変更した場合のSEO効果はおそらく相当なものになると思われます。

すべてのキーワードで平均4位ほど下がった

結果としては、弊社が現在ツールで検索順位を見ている10キーワードのすべてで平均して4位ほど順位を下げておりました。

もう少しアドレス変更期間が長くなれば、もしかすればもっと下がったかもしれませんが、それは弊社のお問い合わせ数にも影響を与えるので、この期間が精いっぱいになっていたと思っております。

ただし、ツールでの順位計測はしておりませんでしたが、グーグル検索で順位を見ていたキーワードもあり、これらのキーワードの中には順位が下がっていないキーワードもありました。

基本的に下がったのはホームページ制作に関する検索キーワード

今回の調査で基本的に下がったキーワードは、ホームページ制作に関するキーワードだけになっておりました。

例えば弊社では、【ホームページ制作 大阪】や【ホームページ作成 大阪】の二つのキーワードで1ページ目を目指しているのですが、これらのキーワードに関するキーワードはすべて落ちておりました。

しかし落ちていないキーワードもあり、弊社では、【SEO 大阪】などのキーワードでも10位に入っているのですが、SEOについての検索順位はまったく落ちていませんでした。

それは弊社のブログがホームページ制作に関する記事ばかりであるためであり、その結果SEOなどのホームページ制作に関わらないキーワードは落ちていなかったと思います。

検索からの訪問数は減ったのか

そして次に気になるのが検索からの訪問者数はどれくらい減ったのかになると思います。

これについてはほとんど減っておらず、順位が落ちたにもかかわらず検索からの訪問者数がなぜ減っていないのかと言うと、ホームページ制作に関するキーワードがもともと2ページ目であったため、5位下がっても訪問者数は変わらなかったと推測しております。

これがホームページ制作に関するキーワードでの検索順位が1位から10位の間であればかなり訪問者数にも影響を与えた恐れはありますが、良かったのかは不明ですが、実際に5人程度のアクセスの現象にとどまっておりました。

追記として、5人くらいの変動は結構あるので、本当に今回の調査で順位が影響して減ったのかと言うのは、計測をしていないキーワードが多いので不明です。

200記事と少しの被リンクで5位ほど上がる

今回の調査データとしては、まったく被リンクがないほうが良かったのですが、弊社のブログには被リンクが付いておりましたので、被リンク付のブログ記事という前提はありますが、被リンクが付いたブログページは大体300記事を作成すれば、そのブログ記事に関連する内容を記載していれば5位ほど順位を上げれるということが分かりました。

これは結構大きな数字であると考えており、300記事で5位ならば600記事を書けば10位上がるのではないだろうかと思っております。

ただしこの順位の減り方については、もちろん狙っているキーワードによってさまざまだと思いますので、取り敢えずは【ホームページ制作 大阪】と【ホームページ作成 大阪】であれば300記事書けば、全体で5位程度上がりますと話せると思います。

そして提案をしていて思うのが、【ホームページ制作 大阪】や【ホームページ作成 大阪】のキーワードは、お客さまの業界で狙うキーワードよりも難易度が高いということになっており、実際にお客さまのホームページではもっと少ない記事数で順位を5位上げれると思われます。

今回の調査により、お客さまにブログ更新を行うメリットがはっきりとしてくるので、これらのメリットをしっかりとお伝えさせていただき、お客さまのSEO対策でブログ更新を行うメリットをご理解いただくことで、本当に更新されるスタッフブログとなると思われます。

現状ではまだ順位が戻っていない

そしてこれは弊社の問題ですが、実際に記事ページのアドレスをすべて戻したのですが、すでに2営業日目になるのですが、いまだに順位が戻っておりません。

また、【ホームページ作成 大阪】の順位は、今回のテストを行う前は、PCで12位でスマホで10位だったのですが、現在はPCで16位でスマホで14位になっております。

SEO調査のため仕方がないことですが、正直に言うと早く戻ってくれ・・・と考えております。

TOP

ホームページ制作実績