大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

直帰率の解説と改善方法

直帰率の解説と改善

アクセス解析を導入して、まず初めに見ていただきたいデータは直帰率になります。

直帰とは、訪問者が入口ページの1ページだけを見て、ブラウザの「戻るボタン」や「バツボタン」を押す、あるいはブラウザのアドレスバーから再検索を行うなど、御社の運営しているホームページから出て行くことを言います。

この直帰は、ホームページの成果と密接に関わっており、直帰者数を減らすことができれば、訪問者にさまざまなページを見てもらうことができるため、御社の魅力やサービス情報をより多く伝えることが可能になり、お問い合わせ数や商品販売数の向上に繋がります。

今回は、アクセス解析「グーグルアナリティクス」が示す直帰率について、詳しくご紹介します。

グーグルアナリティクスを導入しているが、活用法が分からないとお悩みの企業様の参考になりましたら幸いです。

直帰とは

直帰ってなに

直帰とは「入口ページだけを見て帰ってしまうこと」を言い、直帰率とは「総訪問者のうち、直帰した訪問者の割合のこと」を言います。

訪問者が直帰するのは、「ホームページのデザインやコンテンツが不満だった」あるいは「次のページへ移動するナビゲーションやリンクが見当たらなかった(分かりづらかった)」などが原因で、直帰率の高いwebサイトは、せっかく訪れてくれたユーザをおもてなしができていないwebサイトと言うことができます。

直帰率を改善することで、訪問者に、より多くのページを閲覧してもらうことが可能で、御社の情報を多く閲覧してもらうことで、お問い合わせ数の向上や商品販売数の向上に繋げることが可能です。

直帰率は、「関連するページへのリンクを設置する」や「ユーザ目線でデザインを作成する」、「コンテンツ内容を見直す」などで改善することができ、その他のwebサイトが抱える問題点を改善するよりも比較的容易にできるため、ホームページの成果向上を行うには、直帰率の改善が最も効率の良い対策と言うことができます。

ただし直帰率の改善はある程度訪問者数が必要

直帰率の改善には訪問者が必要

ただし、その際に1点だけ注意点があり、ホームページの成果を高めることができる直帰率の改善ですが、この直帰率の改善は、訪問者数がほとんどいない段階で行ってもまったく意味がないものになります。

例えば訪問者数が10人のホームページの直帰率を改善したとしても、その後にSEO対策が成功をして訪問者数が増えれば必ず直帰率は上がります。

そもそも10人だった場合に、たまたま離脱した人もいることがあり、そのたまたまの割合が大きすぎるので、直帰率がすぐに変動をしてしまうのです。

そのため、直帰率を改善する際には、ある程度ホームページに訪問者数が訪れる段階での改定を行うことが重要になっており、もしホームページの訪問者数があまりいない場合は、直帰率の改善よりもまずは集客対策を行うことが必要になります。

訪問者数でお困りの方は、弊社では、被リンクSEOサービスを提供しておりますので、そちらも合わせてご覧ください。

直帰率の計算方法

直帰率の計算方法

直帰率の計算方法は、以下になります。

サイト全体の直帰率

サイト全体の直帰率は、「直帰数÷訪問数」で求めることができます。

その他の直帰率

ページごとやキーワードごとなど、サイト全体以外の直帰率は、「直帰数÷それぞれのページの閲覧開始数」で求めることができます。

直帰と離脱の違い

直帰と離脱の違いとは

グーグルアナリティクスが提供する数値の中に、直帰と似た数値で、離脱と言われるものがあります。

離脱とは、「1ページ以上を閲覧し、そのページを最後に見て帰ってしまったこと」を言い、離脱率とは、「ページを閲覧した訪問者のうち、離脱した訪問者の割合のこと」を言います。

直帰率と離脱率

例えば、ページ1とページ2とページ3の3ページがあり、3日間の訪問数が3だった場合、直帰率と離脱率は、以下のようになります。

ページ1の直帰率と離脱率

ページ1は、入口となったのが、6月6日と6月7日の2回で、6月7日は直帰しているため、直帰率は50%になります。
また、離脱については、1度もページ1を最後にアクセスしていないので、離脱率は0%になります。

ページ2の直帰率と離脱率

ページ2は、一度も入口とはなっていないため、直帰率は0%になります。
また、6月8日に離脱しているため、離脱率は33%になります。

ページ3の直帰率と離脱率

ページ3は、6月8日に入口となっていますが、複数ページ見られているため、0%になります。
また、6月6日に離脱しているため、離脱率は33%になります。

直帰率は平均滞在時間と合わせて改善

直帰率と平均滞在時間

直帰率と平均滞在時間を合わせることで、ページごとの問題点を知ることが可能です。

平均滞在時間とは、「訪問者がページが表示していた時間」になり、コンテンツ量が多いページでは長く、少ないページでは短くならなくてはなりません。

直帰率が低く、平均滞在時間が短い

直帰率が低く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合になります。

ページの内容が伝わり、誘導ができている

訪問者の誘導を目的とした比較的コンテンツ量の少ないカテゴリートップなどであれば、そのページの内容がしっかりとユーザに伝わり、次のページへと誘導できているパターンになります。
この場合であれば、そのページは非常にホームページの成果に貢献していると言うことができます。

訪問者のニーズとページ内容が異なる

コンテンツ量が比較的多めのページであれば、「訪問者のニーズと、違う内容が掲載されている」か、「内容が多すぎるために、一切読まれず、次のページに移動されている」のどちらかで、ユーザが別のページに自分が求めている情報があるかもしれないと探している可能性があります。
この場合は、コンテンツ内容の改善を行うや、コンテンツ量を少し減らす、ページのレイアウトを変えるなどの対策が必要です。

直帰率が低く、平均滞在時間が長い

直帰率が低く、平均滞在時間が長いページは、以下のような場合になります。

訪問者が迷っている

コンテンツ量が少ないページであれば、「訪問者が次のページへのリンクを探している」、あるいは「バナーやテキストリンクの文言が分かりづらいために、どのリンクをクリックすれば、求めているページにたどり着けるか分からず迷っている」可能性があります。
この場合は、ナビゲーションやリンクの配置、リンク文言などを見直す必要があります。

ページの内容が伝わり、誘導ができている

サービスなどの詳細ページや、ブログやコラムの記事ページに見られるパターンで、そのページの内容を訪問者がしっかりと閲覧し、次のページへと誘導できているパターンになります。
この場合であれば、そのページは非常にwebサイトの成果に貢献していると言うことができます。

直帰率が高く、平均滞在時間が短い

直帰率が高く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合になります。

訪問者のニーズと不一致

検索エンジンなどから訪れた訪問者が、「検索結果でタイトルやディスクリプションを見て想像していた内容と、全く別の内容が紹介されているページ」となってしまっています。
この場合であれば、そのページを入口として訪れた訪問者の検索ワードをチェックし、ページの上位表示したいキーワードの見直しや、あるいはページ上部のコンテンツの一新を行わなくてはなりません。

デザインやレイアウトが信用できなかった

ホームページで紹介している内容にもよりますが、「あまりに古いウェブデザイン」や「そのサイトのテーマとかけ離れたウェブデザイン」を作成されている場合は、訪問者はデザインを見てすぐに、そのホームページから出て行ってしまいます。
この場合であれば、webサイト全体のデザインリニューアルを行わなくてはなりません。
基本的には、コンテンツの原稿や画像のALT文言などがまったく同じであれば、デザインリニューアルでSEO効果が変わるということはありませんので、安心してデザインリニューアルを実施することが可能です。

直帰率が高く、平均滞在時間が長い

直帰率が高く、平均滞在時間が長い場合は、以下のような場合になります。

そのページで情報が完結している場合

情報公開を目的としたブログのページで、そのページで訪問者の知りたい情報が完結してしまっている場合は、ユーザは「その記事をしっかりと読み、そして知りたい情報をすべて知ることができた」ため、直帰してしまいます。
その情報だけを提供することが目的のページであれば、問題ありませんが、もしそうでないならば、関連する製品やサービス情報へのリンク、関連記事へのリンクを掲載しなくてはなりません。

訪問者が次の移動先に迷っている場合

コラムページなどでよく見られるパターンで、「そのページを入口とした訪問者が、ページの内容をしっかりと見て、次のページへのリンクを探したが見つからなかった」場合になります。
この場合であれば、「訪問者を誘導するための、関連ページへのリンクを分かりやすい箇所に配置する」や「ナビゲーションを見直す」などの対策を行わなくてはなりません。

全体の直帰率を把握して、個別の直帰率対策を行う

直帰は全体を見て個別に見る

まず直帰率の改善には、全体の数値データを見ても改善のしようがなく、全体を把握するために自社のホームページの直帰率を確認してから、直帰率を改善すべきページや改善すべき検索キーワードを発見します。

一般的には直帰率の高いページは100%になっていることが多くあるのですが、100%であっても入口回数が少ないページは直帰率を改善するよりも集客力を高めなくてはならないので、後回しにして問題ありません。

それよりも入口回数が多く、直帰率が高いページの改善が急務になっており、これらのページをしっかりと改善していくことで、ホームページの成果は飛躍的に高まるのです。

基本的に直帰率は、ある程度のアクセスが無いと正確なデータを見ることができないので、まずは入口回数が多く直帰率が高いページを改善して、そして入口回数が少なく直帰率が高いページについては、直帰率改善ではなく、まずはSEO対策やソーシャルメディアからの流入を増やす対策を行いましょう。

2ページ以上見てくれる訪問者は結構色々なページを見てくれる

2ページ以上見てもらおう

そしてホームページの直帰するユーザに2ページ以上を見てもらうことで、比較的多くのページを閲覧してもらうことが可能です。

ホームページの訪問者で直帰したユーザを引いて、そのユーザが一体何ページを閲覧してくれているかを確認すると良いでしょう。

多くの場合においては、5ページ以上が平均になっており、これは2ページプラス、お問い合わせページ、確認画面、サンキューページを見ているということが可能です。

そのため、直帰を改善することで、ホームページに訪れたユーザの半数程度がお問い合わせを行ってくれる可能性を秘めているということになり、非常に効果的なホームページへと成長するのです。

このように直帰率はホームページの成果を妨げている数値データになるので、しっかりと改善を行うことで、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

直帰率はどれくらいの数値なら良いのか

直帰率の目標数値

最後に、多くの方が気にされるのは、直帰率は何パーセントくらいが良いのかになると思います。

これについては本当に難しいものになってきますが、ざっくりと聞かれると40%程度であれば良いとお答えをしております。

せっかくホームページの集客対策を行い成果を出したのであれば、できれば直帰はして欲しくないと言うのが本音になると思いますが、実際に直帰率0%は現実的に不可能な数値になっています。

ではどれくらいなら現実的な数値になるかと言うと、弊社のこれまでの実績から見ていくと、コンテンツが比較的優れているホームページでは、30%後半から40%後半になっていることが多くあります。

そのため、直帰率を改善するのは、まずは40%台を目標にすることで、10人に6人はホームページ内を巡回してくれるホームページになるので、効果を非常に出しやすいホームページになるのです。

直帰率を改善しよう

直帰率を改善して最適なホームページ運営を

多くの方がホームページから成果を出すための対策として、SEOなどの集客対策ばかりに目を向けてしまいがちですが、集客対策ばかりを行っても、期待通りの成果を得ることは非常に難しいものになります。

ウェブサイトから期待通りの成果を出すためには、集客対策と合わせて、今回ご紹介した直帰率対策も行うことが重要になり、直帰率を下げることで、訪れた訪問者にしっかりとホームページ内を巡回してもらえるようになり、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

今回ご紹介した直帰率の改善法は、ごく一例になりますが、これからホームページの成果向上のための対策をご検討の企業さまは、ぜひ集客対策と合わせて、直帰率の改善も行われてみてはいかがでしょうか。

弊社ではこの直帰率の対策を行うためのアクセス解析サービスを提供しておりますので、ご興味がございましたら、弊社のアクセス解析サービスを合わせてご覧ください。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績