直帰率の解説と改善方法

アクセス解析を導入して、まず初めに見ていただきたいデータは、直帰率になります。

直帰とは、訪問者が入口ページの1ページだけを見て、ブラウザの戻るボタンやバツボタンを押す、あるいはブラウザのアドレスバーから再検索を行うなど、御社の運営しているホームページから出て行くことを言います。

この直帰は、ホームページの成果と密接に関わっており、直帰者数を減らすことができれば、訪問者にさまざまなページを見てもらうことができるため、御社の魅力やサービス情報をより多く伝えることが可能になり、お問い合わせ数や商品販売数の向上に繋がります。

今回は、アクセス解析「グーグルアナリティクス」が示す直帰率について、詳しくご紹介します。
グーグルアナリティクスを導入しているが、活用法が分からないとお悩みの企業様の参考になりましたら幸いです。

直帰とは

直帰とは、「入口ページだけを見て帰ってしまうこと」を言い、直帰率とは、「総訪問者のうち、直帰した訪問者の割合のこと」を言います。

訪問者が直帰するのは、「ホームページのデザインやコンテンツが不満だった」あるいは、「次のページへ移動するナビゲーションが見当たらなかった(分かりづらかった)」などが原因で、直帰率の高いwebサイトは、せっかく訪れてくれたユーザをおもてなしができていないwebサイトと言うことができます。

直帰率を改善することで、訪問者に、より多くのページを閲覧してもらうことが可能で、御社の情報を多く閲覧してもらうことで、お問い合わせ数の向上や商品販売数の向上に繋げることが可能です。

直帰率は、「関連するページへのリンクを設置する」や「ユーザ目線でデザインを作成する」、「コンテンツ内容を見直す」などで改善することができ、その他のwebサイトが抱える問題点を改善するよりも比較的容易にできるため、ホームページの成果向上を行うには、直帰率の改善が最も効率の良い対策と言うことができます。

直帰率の計算方法

直帰率の計算方法は、以下になります。

サイト全体の直帰率

サイト全体の直帰率は、「直帰数÷セッション(訪問数)」で求めることができます。

その他の直帰率

ページごとやキーワードごとなど、サイト全体以外の直帰率は、「直帰数÷閲覧開始数」で求めることができます。

直帰と離脱の違い

グーグルアナリティクスが提供する数値の中に、直帰と似た数値で、離脱と言われるものがあります。

離脱とは、「1ページ以上を閲覧し、そのページを最後に見て帰ってしまったこと」を言い、離脱率とは、「ページを閲覧した訪問者のうち、離脱した訪問者の割合のこと」を言います。

離脱と直帰

例えば、ページAとページBとページCの3ページがあり、3日間の訪問数が3だった場合、直帰率と離脱率は、以下のようになります。

ページAの直帰率と離脱率

ページAの直帰率と離脱率をご紹介いたします。

直帰率

入口となったのが、6月6日と6月7日の2回で、6月7日は直帰しているため、50%になります。

離脱率

6月7日に離脱しているため、33%になります。

ページBの直帰率と離脱率

ページBの直帰率と離脱率をご紹介いたします。

直帰率

入口とはなっていないため、0%になります。

離脱率

6月8日に離脱しているため、33%になります。

ページCの直帰率と離脱率

ページCの直帰率と離脱率をご紹介いたします。

直帰率

6月8日に入口となっていますが、複数ページ見られているため、0%になります。

離脱率

6月6日に離脱しているため、33%になります。

直帰率は平均滞在時間と合わせて分析する

直帰率と平均滞在時間を合わせることで、ページごとの問題点を知ることが可能です。

平均滞在時間とは、「訪問者がページが表示していた時間」になり、コンテンツ量が多いページでは長く、少ないページでは短くならなくてはなりません。

直帰率が低く、平均滞在時間が短い

直帰率が低く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合になります。

ページの内容が伝わり、誘導ができている

訪問者の誘導を目的とした比較的コンテンツ量の少ないカテゴリートップなどであれば、そのページの内容がしっかりとユーザに伝わり、次のページへと誘導できているパターンになります。

この場合であれば、そのページは非常にホームページの成果に貢献していると言うことができます。

訪問者のニーズとページ内容が異なる

コンテンツ量が比較的多めのページであれば、「訪問者のニーズと、違う内容が掲載されている」か、「内容が多すぎるために、一切読まれず、次のページに移動されている」のどちらかで、ユーザが別のページに自分が求めている情報があるかもしれないと探している可能性があります。

この場合は、コンテンツ内容の改善を行うや、コンテンツ量を少し減らす、ページのレイアウトを変えるなどの対策が必要です。

直帰率が低く、平均滞在時間が長い

直帰率が低く、平均滞在時間が長いページは、以下のような場合になります。

訪問者が迷っている

コンテンツ量が少ないページであれば、「訪問者が次のページへのリンクを探している」、あるいは「バナーやテキストリンクの文言が分かりづらいために、どのリンクをクリックすれば、求めているページにたどり着けるか分からず迷っている」可能性があります。

この場合は、ナビゲーションやリンクの配置、リンク文言などを見直す必要があります。

ページの内容が伝わり、誘導ができている

サービスなどの詳細ページや、ブログやコラムの記事ページに見られるパターンで、そのページの内容を訪問者がしっかりと閲覧し、次のページへと誘導できているパターンになります。

この場合であれば、そのページは非常にwebサイトの成果に貢献していると言うことができます。

直帰率が高く、平均滞在時間が短い

直帰率が高く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合になります。

訪問者のニーズと不一致

検索エンジンなどから訪れた訪問者が、「検索結果でタイトルやディスクリプションを見て想像していた内容と、全く別の内容が紹介されているページ」となってしまっています。

この場合であれば、そのページを入口として訪れた訪問者の検索ワードをチェックし、ページの上位表示したいキーワードの見直しや、あるいはコンテンツの一新を行わなくてはなりません。

デザインやレイアウトが信用できなかった

ホームページで紹介している内容にもよりますが、「あまりに古いウェブデザイン」や「そのサイトのテーマとかけ離れたウェブデザイン」を作成されている場合は、訪問者はデザインを見てすぐに、そのホームページから出て行ってしまいます。

この場合であれば、webサイト全体のデザインリニューアルを行わなくてはなりません。

直帰率が高く、平均滞在時間が長い

直帰率が高く、平均滞在時間が長い場合は、以下のような場合になります。

そのページで情報が完結している場合

情報公開を目的としたブログのページで、そのページで訪問者の知りたい情報が完結してしまっている場合は、ユーザは「その記事をしっかりと読み、そして知りたい情報をすべて知ることができた」ため、直帰してしまいます。

その情報だけを提供することが目的のページであれば、問題ありませんが、もしそうでないならば、関連する製品やサービス情報へのリンク、関連記事へのリンクを掲載しなくてはなりません。

訪問者が次の移動先に迷っている場合

コラムページなどでよく見られるパターンで、「そのページを入口とした訪問者が、ページの内容をしっかりと見て、次のページへのリンクを探したが見つからなかった」場合になります。

この場合であれば、「訪問者を誘導するための、関連ページへのリンクを分かりやすい箇所に配置する」や「ナビゲーションを見直す」などの対策を行わなくてはなりません。

検索ワードの検証も行う

直帰率の高いページの分析は、そのページを入口とした訪問者の検索ワードも合わせて見ることで、「どのキーワードが効果を下げているのか」や、「そもそもニーズの合致する訪問者が訪れていない」などの問題点を発見することができます。

まとめ

多くの方がホームページから成果を出すための対策として、SEOなどの集客対策ばかりに目を向けてしまいがちですが、集客対策ばかりを行っても、期待通りの成果を得ることは非常に難しいものになります。

ウェブサイトから期待通りの成果を出すためには、集客対策と合わせて、今回ご紹介した直帰率対策も行うことが重要になり、直帰率を下げることで、訪れた訪問者にしっかりとホームページ内を巡回してもらえるようになり、ホームページの成果を飛躍的に高めることが可能になります。

今回ご紹介した直帰率の改善法は、ごく一例になりますが、これからホームページの成果向上のための対策をご検討の企業さまは、ぜひ集客対策と合わせて、直帰率の改善も行われてみてはいかがでしょうか。