サイト作成ならSevenDesign 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

直帰率の解説と改善方法

直帰率の解説と改善

ホームページ制作後に、アクセス解析を導入し、まず初めに見ていただきたいデータは直帰率です。

直帰とは、訪問者が入口の1ページだけを見て、ブラウザの「戻るボタン」や「バツボタン」を押す、あるいはブラウザのアドレスバーから再検索を行うなど、御社がWeb運営してるホームページから出て行く状態を言います。

直帰は、ホームページ制作の成果と密接に関わり、この数を減らせれば、訪問者にさまざまなページを見てもらえ、御社の魅力やサービス情報をより多く伝えれ、お問い合わせ数や商品販売数の向上に繋がります。

弊社ではホームページ制作後に、グーグルアナリティクスのサポートも行い、今回はグーグルアナリティクスが示す直帰率について詳しくご紹介します。

グーグルアナリティクスを導入してるが、活用法が分からないとお悩みの企業様の参考になれば幸いです。

直帰とは

直帰ってなに

直帰とは「入口だけを見て帰ってしまう状態」を言い、直帰率とは「総訪問者のうち、入口だけを見て帰った訪問者の割合」を言います。

訪問者が直帰してしまうのは、「Webデザインやコンテンツが不満だった」あるいは「次へ移動可能なナビゲーションやリンクが見当たらなかった分かりづらかった」などが原因で、割合が高いと、せっかく訪れてくれたユーザーをおもてなしが十分ではないです。

改善すれば、訪問者に、より多くを閲覧してもらえるので、御社の情報を多く閲覧してもらえれば、お問い合わせ数の向上や商品販売数の向上に繋げ、ホームページ制作の成果が最大化されます。

直帰率は、「リンクを設置」や「ユーザー目線でWebデザインを作成」、「コンテンツ内容を見直す」などで改善が可能で、その他の抱える問題点を改善よりも比較的容易で、ホームページ制作後に成果向上を行うには改善が最も効率の良い対策と言えます。

訪問者数が必要

訪問者が必要

ただし、その際に1点だけ注意点があるのですが、ホームページ制作の成果を高めれる直帰率の改善ですが、改善は、訪問者数がほとんどいないホームページ制作段階で行ってもまったく意味がないです。

例えば訪問者数が10人のホームページで改善したとしても、その後にSEO対策が成功をして訪問者数が増えれば必ず直帰率は上がります。

そもそも10人だった場合に、たまたま離脱した人もいて、たまたまの割合が大きすぎるので、すぐに変動をしてしまうのです。

そのため、改善時には、ある程度訪問者数が訪れる段階での改定が重要になり、もし訪問者数があまりいない場合は、直帰率の改善よりもまずは集客対策が必要です。

また、ホームページ制作直後は訪問者数も少なく、その場合はまずは集客対策が重要です。

計算方法

計算方法

直帰率の計算方法は、以下です。

最近は、どのようなアクセス解析でも数値データとして提供してるので、計算式を理解は不要ですが、ホームページ制作後の改善に役立てるためにも、頭の片隅に入れておくようにしましょう。

全体

ホームページ全体は、「直帰数÷訪問数」で求めれます。

個別

ページごとやキーワードごとなど、全体以外は、「直帰数÷それぞれの閲覧開始数」で求めれます。

離脱との違い

違い

グーグルアナリティクスが提供の数値の中に、似た数値で、離脱と言われる数値もあるのです。

離脱とは、「1ページ以上を閲覧し、ページを最後に見て帰ってしまった状態」を言い、離脱率とは、「閲覧した訪問者のうち、離脱した訪問者の割合」を言い、成果の出るホームページ制作には重要なのでしっかりと把握しましょう。

直帰率と離脱率

例えば、1と2と3の3ページがあり、3日間の訪問数が3だった場合、直帰率と離脱率は、以下です。

離脱率も基本的には同じ改善法で、しっかりと離脱されないようにホームページ制作時から検討が重要です。

1のデータ

1は、入口となるのが、6月6日と6月7日の2回で、6月7日は直帰してるので50%です。
また、離脱については、1度もページ1を最後にアクセスしていないので、離脱率は0%です。

2のデータ

2は、一度も入口ではないので0%です。
また、6月8日に離脱してるので33%です。

3のデータ

3は、6月8日に入口となりますが、複数ページ見られてるので0%です。
また、6月6日に離脱してるので離脱率は33%です。

合わせて改善

直帰率と平均滞在時間

直帰率と平均滞在時間を合わせれば、ページごとの問題点を知れるのです。

平均滞在時間とは、「訪問者がページが表示していた時間」で、コンテンツ量が多いページでは長く、少ないページでは短いです。

最近のSEOでは、滞在時間も重要であると言われてるので、ホームページ制作時から滞在時間を意識が大切です。

離脱はないがあまり読まない

直帰率が低く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合です。

内容が伝わり、誘導可能

訪問者の誘導を目的とした比較的コンテンツ量の少ないカテゴリートップなどであれば、ページの内容がしっかりとユーザーに伝わり、次へと誘導可能なパターンです。
この場合であれば、ページは非常にホームページ制作の成果に貢献と言えます。

訪問者のニーズと内容が異なる

コンテンツ量が比較的多めのページであれば、「訪問者のニーズと、違う内容が掲載」か、「内容が多すぎ、一切読まれず、次に移動」のどちらかで、ユーザーが別のページに自分が求めてる情報があるかもしれないと探してる可能性があります。
この場合は、コンテンツ内容の改善を行うや、コンテンツ量を少し減らす、レイアウトを変えるなどの対策が必要です。

じっくり読む

直帰率が低く、平均滞在時間が長いページは、以下のような場合です。

訪問者が迷う

コンテンツ量が少ないページであれば、「訪問者が次へのリンクを探す」、あるいは「バナーやテキストリンクの文言が分かりづらく、どのリンクをクリックすれば、求めてるページにたどり着けるか分からず迷う」可能性があります。
この場合は、ナビゲーションやリンクの配置、リンク文言などを見直す必要があります。

内容が伝わり、誘導可能

サービスなどの詳細や、ブログやコラムの記事に見られるパターンで、内容を訪問者がしっかりと閲覧し、次へと誘導可能なパターンです。
この場合であれば、非常にホームページ制作の成果に貢献してると言えます。

離脱され読んで貰えない

直帰率が高く、平均滞在時間が短いページは、以下のような場合です。

訪問者のニーズと不一致

検索エンジンなどから訪れた訪問者が、「検索結果でタイトルやディスクリプションを見て想像していた内容と、全く別の内容が紹介される」となります。
この場合であれば、入口とした訪問者の検索キーワードをチェックし、上位表示したいキーワードの見直しや、あるいは上部のコンテンツを一新が必要です。

Webデザインやレイアウトが信用できなかった

ホームページで紹介してる内容にもよりますが、「あまりに古いWebデザイン」や「テーマとかけ離れたWebデザイン」を作成されてる場合は、訪問者はWebデザインを見てすぐに、ホームページから出て行ってしまいます。
この場合であれば、ホームページ全体のWebデザインリニューアルを行う必要があります。
基本的には、コンテンツの原稿や画像のALT文言などがまったく同じであれば、WebデザインリニューアルではSEO効果が変わりませんので、安心してWebデザインリニューアルを実施が可能です。

離脱されるがじっくり読む

直帰率が高く、平均滞在時間が長い場合は、以下のような場合です。

情報が完結

情報公開を目的としたブログで、訪問者の知りたい情報が完結してしまってる場合は、ユーザーは「記事をしっかりと読み、そして知りたい情報をすべて知れた」ので、直帰してしまいます。
情報だけを提供が目的のページであれば、問題ないですが、もしそうでないならば、関連した製品やサービス情報へのリンク、関連記事へのリンク掲載が必要です。

訪問者が次の移動先に迷う

コラムなどでよく見られるパターンで、「入口とした訪問者が、内容をしっかりと見て、次へのリンクを探したが見つからなかった」場合です。
この場合であれば、「訪問者を誘導のための、関連ページへのリンクを分かりやすい箇所に配置」や「ナビゲーションを見直す」などの対策が必要です。

個別で対策

全体を見て個別に見る

まず改善には、全体の数値データを見ても改善のしようがなく、全体を把握のために全体で自社のホームページ制作がどれくらい直帰率があるのかを確認してから、改善すべきページや改善すべき検索キーワードを発見します。

一般的には高いページは100%が多くあるのですが、100%であっても入口回数が少ないページは改善よりも集客力を高めなくてはならないので、後回しにして問題ございません。

それよりも入口回数が多く、直帰率が高いページの改善が急務になり、これらをしっかりと改善で、ホームページ制作の成果は飛躍的に高まるのです。

基本的には、ホームページ制作直後や、ある程度のアクセスが無いと正確なデータを見れないので、まずは入口回数が多く直帰率が高いページを改善して、そして入口回数が少なく直帰率が高いページについては、改善ではなく、まずはSEOやソーシャルメディアからの流入を増やす対策を行いましょう。

閲覧について

2ページ以上見てもらおう

ホームページの訪問者に2ページ以上を見てもらえれば、比較的多くを閲覧してもらえ、ホームページ制作の成果が向上します。

訪問者で直帰したユーザーを引いて、ユーザーが一体何ページを閲覧してくれてるかを確認が良いでしょう。

多くの場合においては、5ページ以上が平均になり、これは内容の2ページプラス、お問い合わせ、確認画面、サンキューを見てると言えます。

そのため、改善では、ホームページに訪れたユーザーの半数程度がお問い合わせを行ってくれる可能性を秘め、効果的なホームページ制作と言えます。

このように直帰率はホームページの成果を妨げてる数値データになるので、しっかりと改善で、ホームページの成果は飛躍的に高まっていきます。

いくつが良いのか

目標数値

最後に、多くの方が気にされるのは、直帰率は何パーセントくらいが良いのかになると思います。

これについては本当に難しいものになりすが、ざっくりと聞かれると40%程度であれば良いとお答えをしてます。

せっかくホームページ制作後に集客対策を行い成果を出したのであれば、直帰はして欲しくないと言うのが本音になると思いますが、実際に0%は現実的に不可能な数値になります。

ではどれくらいなら現実的な数値になるかと言うと、これまでのホームページ制作実績から見ていくと、コンテンツが比較的優れてるホームページでは、30%後半から40%後半が多くございます。

そのため、改善は、まずは40%台を目標で、10人に6人は巡回してくれるホームページになるので、効果を非常に出しやすくなります。

改善しよう

最適なWeb運営を

多くの方がホームページ制作で成果を出すための対策として、SEOなどの集客対策ばかりに目を向けてしまいがちですが、集客対策ばかりを行っても、期待通りの成果を得れないのです。

ホームページ制作で期待以上の成果を出すためには、集客対策と合わせて、今回ご紹介した対策が重要で、直帰率を下げれば、訪れた訪問者にしっかりと巡回してもらえ、ホームページの成果を飛躍的に高めれます。

今回ご紹介した改善法は、ごく一例ですが、これから成果向上のための対策をご検討の企業さまは、ぜひ集客対策と合わせて、直帰率の改善も行われてみてはいかがでしょうか。

弊社では対策を行うためのアクセス解析サービスを提供してますので、ご興味がございましたら、弊社のアクセス解析サービスを合わせてご覧ください。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP