HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ブラウザキャッシュをクリア!ホームページの更新内容を反映

ブラウザキャッシュをクリア!ホームページの更新内容を反映

ホームページ制作後に、Webサイト制作会社へ修正指示を行って、修正が完了したと報告があったけれど、ホームページが変わっていなかった経験をお持ちの方も多いと思います。

この場合、もちろんWebサイト制作会社が、作業を完璧にやっていないケースもありますが、そうではなくブラウザキャッシュによって変更内容が反映されない可能性もあります。

そこで今回は、煩わしいブラウザキャッシュについてご紹介をしたいと思います。

ブラウザキャッシュとは

ブラウザキャッシュとは

ブラウザキャッシュとは、ホームページの情報をウェブブラウザが記憶するために保存している小さなファイルを言います。

このブラウザキャッシュを保存すれば、例えば、ホームページに2回アクセスした人が、1回目はサーバーからホームページの情報を取得します。

しかし、2回目は、わざわざサーバーにホームページ情報をリクエストしなくて良く、ブラウザ側でデータを保管していて、そこから読み込めます。

もちろん、メリットが存在していて、それは、ホームページの表示速度が高まり、ユーザー体験が飛躍的に高まります。

このように、非常に便利なものになっていますが、しかし、ホームページ制作時には少し気を付けなくてはいけません。

何を気を付けるかと言うと、サイト運営で、Webサイト制作会社に修正指示を出したときです。

一般的には、修正指示を行う前に、該当ページを何度か開いていると思います。

そしてその情報が、強くブラウザに記憶されてしまうと、Webサイト制作会社から作業が終わったと連絡があり、該当ページを見ても、修正前の状態で表示されます。

このように、ウェブマスターにとっては、非常に面倒くさいですが、これはユーザーには必須になっています。

そのため、当社でホームページを制作したクライアントさまに、サイト修正をご依頼いただく際に、ブラウザキャッシュクリア法をご説明しています。

ブラウザキャッシュをクリアする方法

ブラウザキャッシュをクリアする方法

実際に、ホームページを制作したクライアントに説明するブラウザキャッシュをクリア法ををご紹介します。

スーパーリロード

もっとも手っ取り早い方法が、スーパーリロードになっています。

通常F5でリロードがかかりますが、F5ではキャッシュがクリアされないケースがあり、基本的にはスーパーリロードを行う習慣を作りましょう。

では、実際に、どう行うかと言うと、コントロール+F5になります。

ただし、ウェブブラウザによって行い方が異なり、滅多にいないと思いますが、オペラをご利用であれば、F5でスーパーリロードがかかります。

実績企業でも、始めは、結構忘れて、F5だけを押してしまいます。

しかし、慣れてしまえば、習慣化できるため、初めだけ大変だと思い、習慣化させましょう。

閲覧履歴データーの削除

スーパーリロード以外にも閲覧履歴データーの削除があります。

PCであればスーパーリロードで問題がありませんが、アイパッドなどのタブレットや、アイフォンとグーグルフォンなどのスマートフォンの場合は、スーパーリロードができません。

そのため、閲覧履歴を削除することで、キャッシュも一緒に削除が可能です。

プライベートブラウズで確認作業

プライベートブラウズを利用する確認法も良いと思われます。

呼び方はウェブブラウザによって異なっていますが、プライベートブラウズやシークレットモード、InPriveteと言います。

これらは、基本的にはキャッシュを完全にオフ状態にすることができ、サイト修正内容が現在公開されている状態で表示されます。

Webサイト制作会社などは、結構利用する機能であり、クライアントサイトで検索順位をチェックする際に利用します。

もちろん、スーパーリロードを使えば問題はありませんが、一応キャッシュに影響されないウェブブラウザもあると理解をしておきましょう。

ブラウザキャッシュはホームページ制作には関係ない

ブラウザキャッシュはホームページ制作には関係ない

このようにスーパーリロードあるいは、閲覧履歴データーを削除することで、キャッシュがクリアーされます。

ただし、新規ホームページ制作や、リニューアルでは、あまり影響がないと思われます。

新規ホームページ制作であれば、もともと見ていたURLアドレスがないので関係がありません。

そして、ホームページリニューアルの場合は、当社が創業したての2010年ごろであれば、リニューアル後に制作したホームページが崩れているという事例は多くありました。

しかも、当時面倒くさかったのが、全体的におかしいのではなく、一部だけCSSが動いていないなどになります。

しかし、昨今においては、ホームページリニューアルでキャッシュが原因で崩れているケースはないと感じます。

実際に当社もこれまで数多くのホームページを制作して来ましたが、ここ1年でリニューアルで崩れていると言われた経験はありません。

ただ、サイト運営では、ちょくちょくあります。

なぜ、ホームページリニューアル時に発生しづらくなったかは不明ですが、これらをしっかりと理解をしてサイト運営を行いましょう。

また、当ページはブラウザキャッシュの話ですが、実はサーバーキャッシュと言われるものも存在しています。

当社は、基本的には、サーバーキャッシュは、ほとんど利用しておりません。

しかし、昨今のホームページ制作後のSEOで言えば、ホームページの表示速度が重要な要素の1つであり、利用される方もいらっしゃると思います。

このサーバーキャッシュは、ブラウザキャッシュの何倍も強いイメージがあり、サイト修正依頼を行う際には、サーバーキャッシュがあると理解しましょう。

ブラウザキャッシュを完全に切ったホームページ制作は駄目

ブラウザキャッシュを完全に切ったホームページ制作は駄目

ブラウザキャッシュは、ウェブブラウザの基本機能であり、オフにはできません。

そして、多くの方が気になるのが、サイト更新を行ったとしても、キャッシュが残っているユーザーが見たら、レイアウトが崩れていないか、古い情報が表示されないかになります。

もちろん、おっしゃる通りではありますが、自社サイトくらい訪問回数が多くないと、それほど気にしなくても良いと思われます。

さらには、ブラウザキャッシュは、永遠に残るものではなく、ブラウザごとに保存期間が定められています。

当社が良く利用するグーグルクロームでは90日間になっていて、大体その他のブラウザも似た日数になっています。

また、さらには、.htaccessを利用すれば、その期間を秒単位で設定が可能で、もしどうしても気になる場合は、.htaccessに指定を行いましょう。

ただし、設定を行う際には、0は絶対にいけません。

現在のホームページは表示速度が大切であり、0にすると表示速度が微妙に遅くなってしまいます。

パソコンで見るのであれば、ほとんど表示速度は影響がないですが、スマートフォンなどでは常に電波が良い状態とは言えないのです。

その場合でも、極端に遅くならない、あるいはウェブページが表示されず404 NOT FOUNDにならないようにするためにも、できる限り有効化することを意識しましょう。

当社経験で言えば、滅多に指定はしませんが、指定する場合にお客さまから要望が多いのが1ヶ月です。

そのため、どうしても気になる場合は、30日で設定をするのがおすすめになります。

ブラウザキャッシュを理解してサイト運営を

ブラウザキャッシュを理解してサイト運営を

ホームページ制作の成果とは、ほとんど関係がありませんが、サイト運営を効率化させる手段として、ブラウザキャッシュの存在を知ることは大切です。

しっかりと理解して、そして、Webサイト制作会社に修正依頼を行うことで、よりスムーズなサイト運営が可能になります。

もちろん、理解をしていたとしても、忘れてしまって、Webサイト制作会社に確認しても、嫌な顔せず対応してくれると思われます。

ただ、やり取りも面倒くさいものになるので、当ページをご覧の方は、この機会にしっかりと理解しましょう。

また、最後に、ブラウザキャッシュは、あまりに溜めすぎると、パソコンが重くなる可能性があります。

もちろん、キャッシュは、非常に軽いファイルになっていて、相当量を溜めていないと重くはならないと思います。

ただ、最近パソコンが少し重くなってきたなと感じたら、もちろんパソコン側に原因があるかもしれませんが、ブラウザキャッシュを一度クリアしてみましょう。

また、その際には、一緒にブラウザに記憶されたダウンロードファイルなども削除しておくと、軽くなる可能性が高まります。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP