HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ビジネスブログって何を書くの?おすすめするテーマについて

ビジネスブログの更新内容

ホームページを制作時にビジネスブログを内部に配置する会社は増えました。

実際に弊社がホームページを制作した事例で言うと、約90%程度の会社でスタッフブログという名称でビジネスブログを内蔵しています。

ビジネスブログを提案すると何を書けばいいの?とよく聞かれるため、今回はビジネスブログで更新する内容をご紹介します。

ビジネスブログの目的

ビジネスブログを制作した目的は、SEOとソーシャルメディアによる集客力の向上とお問い合わせ数を向上させることになっています。

Webサイト制作会社が作成したページだけでは実は集客力の問題から成果を出せません。

そのため、お客さま自身でビジネスブログを運営いただいて、集客力と成約力を高める必要があるのです。

もちろん、闇雲に更新しては絶対に成果が出ません。

例えば、ブログと言えば昔あったような社長の1日の日記などを想定されるケースが多いのですが、これらはホームページ内には適していないのです。

もし、このような日記を書くのであれば、無料ブログやソーシャルメディアで公開しなくてはなりません。

ホームページ内のページはすべてビジネスに関連している必要があり、基本ベースにはビジネスブログに書く内容はビジネスとの関連性が大切です。

SEOはビジネス情報を網羅

まずSEOで集客を考えた場合にビジネスブログで更新作業を行う内容は、ビジネスに関連する情報すべてです。

例えば当社であればホームページ制作に関連する情報であれば何でも良く、ブランディングやSEO、被リンク、広告などの情報がそれにあたります。

例えば実際の例で言えば、ホームページ制作実績のANA・JAL株主優待即納サービスは、ANAやJALなどの航空会社の株主優待券を販売するネットショップです。

こちらのホームページにおいては、スタッフブログで更新している内容は旅行日記になっています。

では、なぜ株主優待券販売サイトで、旅行日記が良いのでしょうか。

それは、株主優待券は誰が利用するかから導き出してテーマとしております。

まず株主優待券を利用する人は飛行機に乗る人です。

ただし、飛行機について専門的な情報は書けないので、次に飛行機に乗る人は、どこか遠くの場所に移動する人と考えました。

そして各地域の情報を公開するか悩んだのですが、それも原稿作成が厳しかったので、であれば、自社が出張や旅行をしたときの情報を書こうと考えたのです。

もちろん、株主優待券を使った場合はしっかりと原稿に含んでおります。

このように、ホームページを制作する際にはテーマを定めると思います。

そのテーマでブログ更新が難しい場合は、そのテーマを利用する人はどんな人?と考えながらテーマを定めることで効果を発揮できるのです。

実際に、ANA・JAL株主優待即納サービスでは現在弊社が運用をサポートしているどのホームページよりもSEOで成功しています。

具体的に言うと、訪問者数としては、SEOで成功しているホームページや弊社サイトと変わりません。

ただ、トップページの上位表示キーワード数の多さや、さらにはトップページの流入数の多さが異常なくらい高くそして安定しています。

ANA・JAL株主優待即納サービスを制作してから、3年が立っていて、グーグルコアアルゴリズムアップデートは、5度ほどあったと思います。

そのすべてのアップデートで、落ちるではなく、さらにSEO効果を発揮しているので、これらのテーマでの更新であってもグーグルからは問題がないと認識されております。

このようにビジネスに直球ではなく、少しの変化球を加えてもグーグルは評価してくれますので、とにかくビジネスとの関連性を意識しましょう。

ソーシャルメディアは流行

次にソーシャルメディアから集客を考えている場合はビジネスブログに何を書けば良いでしょうか。

これについては、基本的にはSEOを狙った記事を9記事書いたらソーシャルメディアを狙った記事を1記事程度のペースで公開します。

その理由は、やはり現在のホームページへの流入は、SEOが非常に強いためで、SEO効果を中心にした対策が良いでしょう。

で、本題ですが、ソーシャルメディアからの流入時はツイッターのケースでご紹介をします。

もちろん、インタスタグラムやフェイスブックを利用する場合は、ツイッターをインスタグラムやフェイスブックに変更すれば問題ありません。

まず、いきなり記事を書くのではなく、ツイッターで検索機能を使って、さまざまなキーワードで検索をして見ます。

その時に例えば、SEOなどの広い言葉で書くのではなく、クロール済み - インデックス未登録や、スライドショーの使い方など、少し絞り込んだ検索を行います。

そして、この検索結果を確認して、以下の場合は御社のビジネスブログの更新ネタになります。

  • 多くのユーザーがつぶやいている
  • 投稿内容にいいねやシェアがたくさんついている
  • 専門家がツイートしている

要するに一言で言うと、話題になっているあるいはなる可能性が高いキーワードを探します。

そしてそのキーワードをテーマにビジネスブログで記事を公開します。

ここで終わっていては、十分な対策にはならないので、そこから御社が運用しているツイッターでURL付きで投稿を行うと良いでしょう。

その際には、単にアドレスを貼るだけではなく、メタディスクリプションの作成のように、短文でそのページの内容を紹介します。

このときにコピー&ペーストではなく、ユーザーが検索しそうなキーワードを織り込むのがおすすめです。

この活動を繰り返していれば、必ず御社のホームページはソーシャルメディアで話題になるようになります。

実際に弊社の検出 - インデックス未登録でこの対策を行い、現在は行っていないのでアクセスが0ですが、当時は1日に80人程度の訪問者が集客できています。

そのため、非常に効果を発揮するので、ソーシャルメディアをご検討の方は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

ビジネスに関連してソーシャルメディアを意識すればなんでも良い

ソーシャルメディアを利用しない場合は、ビジネスに関連していればなんでも良いです。

さらには直球ではなく、少しひねりを入れたテーマで更新作業を行ってもSEOで評価されるので、問題ありません。

ただし、一点だけ注意が必要になり、それは運営の継続です。

例えば、今日は10記事投稿して、来月まで投稿しないと言うのはあまり良いとは言えません。

それであれば、3日に1投稿を予約投稿を使って、分散させて投稿をしましょう。

その理由は2点あり、まずはユーザーに生きたホームページであると伝えやすいためです。

そしてもう一点は、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトのビングなどの検索エンジンは、更新頻度を重要視しているため、分散させたほうがSEO効果が発揮できるのです。

これからホームページを制作される方は、本当に自分で更新ができるか不安に思われていると思います。

しかし、ホームページを制作するまで、ブログ運営をしたことがない会社でも成果を発揮できているので、まずはビジネスブログの更新を行ってみましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP