サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルサーチコンソールは変化するので情報収集は気を付ける

グーグルサーチコンソールは変化する

グーグルサーチコンソールを利用されている方は多いと思います。

Webサイト制作会社は、ホームページを公開寸前にグーグルサーチコンソールを導入して、クライアントさま自身でサイト運営の中で、SEO分析が行えるようにするのが一般的です。

ただ、こちらのツールは、日々は言い過ぎかもしれませんが、定期的なバージョンアップが行われるのです。

グーグルサーチコンソールとは

グーグルサーチコンソールとは、検索エンジンのグーグルが提供するSEO分析ツールになります。

この分析ツールは非常に優れていて、SEOを行うのであれば必須であると考え、ホームページ制作実績のすべての会社さまに導入いただいています。

ただし、一点だけ問題点があり、利用方法の活用マニュアルは存在しておらず、基本的には使ってみてどういう意味かを検討しなくてはなりません。

もちろん、提供しているグーグル側は、質問をGoogle ポリシー オフィスアワーやツイッターなどさまざまな方法で受け付けているので、一部情報は公開されています。

ただ、すべての情報を開示しているかと言うと、恐らくすべてではありませんし、さらにはさまざまなポイントを公開しているので、非常に分かりづらくなっています。

実は弊社もそうですが、Webサイト制作会社やSEO会社などもグーグルサーチコンソールの利用法を公開しています。

これらの情報を繋ぎ合わせていけば、しっかりとグーグルサーチコンソールを理解できるのですが、そこで1点問題があるのです。

その問題とは、グーグルサーチコンソールには、バージョンアップがあり、実は公開されている情報は時系列が存在しているのです。

グーグルサーチコンソールは定期的なバージョンアップがある

グーグルサーチコンソールは定期的なバージョンアップがあります。

このバージョンアップで、ビジュアルが異なってきたり、集計方法が変更されたりと、本当に多くの仕様変更が対象になります。

例えば、これまで利用ができた機能が閲覧できなくなったり、さらには新たに機能が追加されたりと、さまざまな変更が入ります。

そして、グーグル側から発信されている情報や、さらにはWebサイト制作会社などが公開している情報は、古い情報も含めて公開されているのです。

そのため、ページにキャプチャーを貼っているけれども、自分のビジュアルと違うや、こんな機能ないんだけど、というようなケースも見れれるようになっています。

このバージョンアップは、具体的にいつ頃行われるかというのは不明で、結局のところはグーグル次第です。

ある日突然、機能や項目が追加と変更、削除されたり、集計の仕方を変えることがあるので、こればかりはウェブマスターさまが制御することができません。

そのため、ホームページ制作後にグーグルサーチコンソールを導入し、利用しようと考えている方は、情報収集を行うときは、できる限り現在の年月日に近い情報を見なくてはいけません。

そうすれば、100%とは言い切れませんが、できる限り正確な情報を収集できるようになります。

グーグルサーチコンソールのデーターの方向性

あくまで弊社の感想ですが、グーグルサーチコンソールのデータは変わると言っても、改悪はなく、着実にSEOに役立つデータを提供してくれています。

例えば、最近であれば、インデックス未登録系のデータや、さらには404ページのリストは優先純度が高い情報のみを公開されていたりします。

特に404については、グーグルの評価として不要だと判断されたページが表示されないようなので、グーグルサーチコンソールだけを見て改善が必要であれば改善すれば良いのです。

404の話は当ページと関係ありませんが、基本的には404 NOT FOUNDのページはあっても良いものになっています。

情報が古くなったり、現在の御社のホームページに不要なページは404をしっかりと返すことが大切であるとグーグルが発言しています。

ただ、意図しないページでグーグルが高く評価しているページが404 NOT FOUNDになっていたら改善したほうがSEO効果が出るようになっています。

そしてグーグル側は、グーグルが考える重要であろうページなのに404のステータスコードが帰ってきたページをグーグルサーチコンソールで表示しているのです。

このように、グーグル側はウェブマスターさまが本当に利用できるようなデータ提供を行っていて、今後もSEOに役立つデータになるように改良され続けると思われます。

ただし、こちらもあくまで弊社の感想ですが、ホームページを運営していくうえでグーグルサーチコンソールは必須ではあります。

しかし、実は完ぺきなツールではなく、要所要所で不具合が見られ、これらの不具合はグーグル曰く仕様だということです。

情報収集は更新日をチェックが大事

基本的には、情報収集はWebサイト制作会社やSEO会社などのブログが中心になってくると思います。

これらの情報を正確に把握するには、必ず最終更新日のチェックが必要です。

この更新日をチェックしていけば、最新の情報を手に入れるようになります。

例えば、現状で言えば、モバイルユーザビリティは結構な頻度でエラーとして表示されるのですが、これは別にエラーではなく、グーグル側の判断ミスです。

もちろん、今後ツールは改善されると思われますが、現状では多くがモバイルユーザビリティでエラーが出てもモバイルフレンドリーテストで問題がなければ問題がないと記載されています。

しかし、今後改善された後は、恐らく多くのブログで最新日で正確になったという記事が上がると思います。

そのため、グーグルサーチコンソールの情報は、検索して見つけたとしても、それが現在の仕様かははっきりと分からないものになっています。

そのため、情報を見つけたとしても必ず、最終更新日を確認し、それよりも新しい日付で同じような内容があるかを確認するようにしましょう。

グーグルサーチコンソールはホームページ制作に必須

ホームページを制作したら、大半の会社がグーグルサーチコンソールは導入すると思われます。

そして日々バージョンアップがされていると理解をすることで、正しい情報収集が行えるようになっています。

恐らく今後もよりSEOに効果的なデータをどんどん提供し、その時々で、もう使わないデーターは削除されると思われます。

情報収集時に気を付けるだけで、非常に効果的なSEOツールとして利用が可能なので、情報収集時は定期的な変化があると認識して行うようにしましょう。

弊社のSEOサービスでは、世の中には、ahrefsやMozなど、さまざまなSEOツールが存在しています。

ただ、これらのツールを利用しなくても、グーグルサーチコンソールだけを利用して、クライアントさまは上位表示を実現しています。

その他のSEOツールは基本的には有料ですが、グーグルサーチコンソールは無料です。

それくらい現在の検索順位向上や流入キーワード数の向上には必須になっているです。

現在まだ利用されていない方や、ぼんやりと見ている方は、当ページをご覧の機会に、真剣に活用してみてはいかがでしょうか。

SEOなら他のグーグルツールも必要なケースも

最後に、SEOであれば実は他にもSEOツールが必要なケースもあります。

もちろん、その他のツールもグーグルが提供しているツールになっていて、これらのツールを適切に利用すれば、より効果的なSEOが行えます。

例えば、Google PageSpeed Insightsやグーグルアナリティクスなどの無料ツールが多く存在しているのです。

ただ、もっとも重要なのはグーグルサーチコンソールです。

そのため、まずは当ツールをご利用されてみて、大体の問題点は改善されたという状況になれば、その他のツールも利用してみましょう。

当たり前ですが、その他のツールも定期的なバージョンアップがあります。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP