HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

運営時間があまりない!クリニックのホームページ制作で行った対策

サイト運営時間を最小化させたホームページ制作と計画

ある開業したての病院サイトを制作したのですが、ホームページ制作時のヒアリングで、サイト運営はできるだけ短くしたいと言われました。

その理由は、普段の業務だけで手一杯で、人を雇うまでは、サイト運営に時間を割けるのが難しいとのことです。

公開しただけでは成果を出すことは難しいので、サイト運営時間をかけなくても少しでも成果が出るように企画やホームページ制作を実施しました。

成果と運営量

今回ご紹介するクリニックのホームページ制作では、ヒアリング段階からすでに厳しい案件になっていました。

それは成果を出したいけど、サイト運営が必要なのは調べたので知っているが、あまり更新する時間が取れないと言うことです。

バイトもいましたが、基本的には、奥さまと代表者さまの2名で運用されているクリニックになっていたため、代表者さまがサイト運営をしなくてはなりませんでした。

そして、診療や勉強会などの時間が本当に多いため、サイト運営を行う時間が取れない可能性が高いと言うことです。

そのため、Webサイト制作会社に求めるものは、頑張って少しずつは更新作業はするので、できる限り効率の良いホームページを作って欲しいと言うことでした。

実際にどれくらいのサイト運営量になるかは、その段階では不明でしたが、取り敢えず、できる限り可能性がある対策をすべて提案してみようと考えていました。

集客対策を網羅し全体的に少しずつ

ホームページ制作においては、初めに大切になるのが集客力です。

この集客力がないと、アクセス解析グーグルアナリティクスを見ても改善ポイントが分からなくなるので、成約対策を行うにも集客力が必要です。

さらには、ホームページにはある一定の成約率が存在しています。

この成約率は、実は、成約対策を一切していなくても、ホームページを制作するだけで、0.05%程度は存在してくるケースが多いです。

そのため、極論にはなりますが、人さえ集まれば、一定数の成果を得れるのです。

そこで問題になるのが、現在のホームページでは、集客対策はすべて運営量に依存している点です。

今回のクライアントさまは、サイト運営の時間が取れない可能性が高いと言うことでしたので、相当厳しい提案になっていました。

当社の提案としては、例えばSEOなどの集客対策1本の対策ではなく、考えられる集客対策をすべて実施することとしています。

もちろん、例えばSEOとソーシャルメディアを行うのであれば、SEOだけのときと比べると、半分程度の作業量にはなってきます。

しかし、SEOは努力量にはなるのですが、その対策は、実は努力量は半分以下でも良く、ノウハウにも依存してくるのです。

そのため、中長期的なことを考えて、SEOを提案、そして全体的にバランスよく集客対策を行うことで、どれか一つでもあたってくれれば、成果を出せると考えたのです。

もちろん、正しい運用法が必要になるので、こちらについてはホームページ制作後にレクチャーを行う提案をしております。

最低限の作業

こちらの案件は、広告李代理店さま経由ですので、院名は公表できませんが、何とか弊社にご依頼をいただけました。

そしてまずホームページ制作が完了した後、最低限行うべき作業の更新マニュアルを納品しています。

主に、診療案内と新着情報の更新がメインです。

規模の大きな病院であれば、それほど診療案内も更新されないケースがあるのですが、まずは毎日診療案内を更新し、ユーザーに具体的にいつなら受診できるかを明記しました。

もちろん、予約が入れば、その時間をホームページ上でも更新いただくことで、具体的な情報を掲載しています。

これにより少しでも、このホームページは親切だと感じてもらえれば、一度診療された方に再度予約をいただく確率を高めようとした対策になっています。

そして次に新着情報ですが、最近であれば、コロナの話題であったり、診療時間の変更がある場合はしっかりと打ち出してもらうこととしました。

もちろんSEO狙いではなく、単純にユーザー目線で情報を告知、訪問者が見て良かったと思える情報配信を目的としています。

SEOではないのでそれほどの更新頻度は必要がないですが、何か告知を行ったほうがユーザーのためになる情報がある場合は、必ず更新をお願いしました。

実際にこれらの2点については、話を聞いたり見ている限りで言うと、100%実施して頂けたので、ユーザーにとってより良いホームページとなっています。

次に集客対策についてどのような提案を行ったかをご紹介します。

SEOは少しずつ

クリックのホームページ制作ではスタッフブログを作成しているのですが、公開当初からすでに記事は無くてもカテゴリーだけは作成させていただきました。

理由は、自由に書いても良いですよと言うと、1記事作成するのにも、膨大な作業時間がかかるため、お客さまのニーズと異なってしまいます。

そのため、まずは当社でカテゴリーを定め、そしてカテゴリーと更新内容を説明した上で、それぞれのカテゴリー名を決定しました。

その後、1コンテンツだけ公表をすると、病名と言うカテゴリーがあり、そこにさまざまな病名の用語集に近いページを作成いただくことにしています。

例えば、コロナや肺炎などのページですが、カテゴリーが定まった後、すべてのページタイトルを作成し、下書き保存をしていただきました。

病名については、大体ですが、50くらいは掲載いただいたと思います。

そして後は、50ページを作成するだけになるのですが、その時に、コロナについての記事であれば、コロナで検索したユーザーが知りたい情報を網羅していただく提案をしています。

50くらいのページ数を作成するのに、通常のホームページ制作案件では3ヶ月か2ヶ月のスケジューリングを行います。

しかし、クリニックさまは初めからサイト運営時間が取れないと言うことでしたので、50週間、すなわち2年でスケジューリングをいたしました。

もちろん、前倒しで作業ができるようであれば、前倒しをしていただき、これ以上遅れることがないというスケジュールになっています。

実際に、10ヶ月だったかで、約50記事を作成いただけました。

また、80記事になったからではありませんが、その時からすでに最低限のSEO効果は出しておりました。

ちなみに病名以外のページなんかもしっかりと更新をいただいていたので、大体10ヶ月で100ページ程度を作成いただいています。

ソーシャルメディアはツイッターを利用

こちらのクリニックさまが本当に集客に成功したのはツイッターでした。

ツイッターとフェイスブック、インスタグラムの中から、利用するソーシャルメディアを選択いただいたのですが、最終的にツイッターのみを選ばれました。

このツイッターでは、実はほとんど本体サイトへの被リンクは行っていません。

どちらかと言うと、クリニックで対応ができる病名などでツイッター検索を行って、ユーザーに手軽に情報提供を行い続けていただきました。

あくまで一例で、実際のツイートとは違いますが、例えばコロナの心配をされて、体温計の写真をアップしているユーザーがいたとします。

その時に、熱だけでコロナと判断するのではなく、適切な対象法をコメントをする活動を行っていただきました。

もちろん、ツイッター運用時間は、特に決めておらず、時間が空いたら携帯でツイッターをアプリで開く程度です。

この効果が非常に高く、ツイッターはプロフィール欄にURLが掲載できるので、そこからホームページにアクセスしてくれるユーザーが結構いました。

現在では、自社のスタッフブログや、他のホームページでもライバルにならなさそうな場合は、どんどんリンクを貼っていただき、本当にユーザーに役立つ情報配信をしています。

SEOよりもツイッターの方が効果が出ているので、お客さまは満足をいただいています。

グーグルビジネスプロフィールで写真をアップ

こちらはほとんど効果がないですが、習慣的に現在でも定期的に写真をアップをしていただいています。

もちろん、基本的にはビジネスに関連する、すなわち主に院内の写真になってくるのですが、何か写真を公開できそうなものがあれば、撮影とアップをお願いしています。

もちろん、日々のノルマなどは一切なく、上げれる写真があったら撮影する程度なので、週1投稿すれば良いくらいのペースです。

ただ、辞めることは一切なく、継続をいただいていて、実は非常にニッチなキーワードのときにMEOで成功しています。

まだ、口コミを書いてもらえていませんが、どこかのタイミングで口コミを書いてもらうための提案をし、MEOで成果を出して良ければと思っています。

無料ブログには私生活を

最後の集客対策として、無料ブログを運営してもらっています。

基本的にはビジネスに関連する内容ではなく、病院名と院長名をタイトルに含んで、アメブロを運用していただいています。

ノルマとしては、月1ページを定めていますが、何か更新ネタがあれば、日々更新をお願いしています。

ただし、更新内容としては、ビジネスに関連するような内容は、ホームページ内のスタッフブログでお願いしています。

そのため、完全プライベート写真になるため、家族でどこかに行ったり、何かしらの投稿したら面白そうな内容があるときに更新をしていただいています。

実際に、アメブロ運用中に、更新が大変ですか?と質問をしたのですが、スタッフブログが大変でアメブロはお遊びだから楽だと言われています。

効果のほどがどれくらいあるかは分かりませんが、院長さまの人柄や、プライベートを告知し、患者さまに安心して診療を受けていただくことを目的としています。

楽だけど成果が出るのに時間とノウハウが必要

今回の事例では、結構早めに成果を出せて、明確に成果が出たなと感じたのが公開後半年くらいだったと思います。

そして広く浅くの作業は、実はお客さまのサイト運営量としては、SEOだけの対策を行うよりも多少楽になりますが、反面時間がかかります。

そしてさらには、今回のクリニックでは成果を出していますが、ソーシャルメディアの投稿などは高いノウハウレベルが要求されます。

院長さまにおいては、しっかりと競合他社になるツイッターの調査をした上で、自社がどんな投稿をすれば良いかを検討したうえで投稿をしています。

そのため、単純に広く浅くなら作業量を減らして成果が出るのかと言うとそういうわけではありません。

ゴールを定め、そして適切な施策を明確にし、具体的に効果的な対策法を計画立てて実行することで、サイト運営量を減らしたホームページが制作できるのです。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP