HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

良いホームページを制作する条件 - 初めてでも理解したい条件

良いホームページを制作する4つの条件

初めてのホームページ制作でも、良いものを作りたいとお悩みだと思います。

良いホームページを制作するためには、本当に多くの施策の検討と実行が必要になるのですが、初めての方には少し難しいと考えています。

そこで、初めての方であっても成果を出すために、当社で定める条件があり、条件を達成すれば、売上向上を見込めます。

良いホームページを制作

良いホームページ制作

良いホームページを制作するというのは、本当に多くを考えなくてはなりません。

例えば、集客ルートは1つではなく、できる限り多い方が良いや、成約率を高めるには、アクセス解析が示す数値データーを活用するなどです。

実際に、初めての方が、これらすべてを検討と実施をするのは、予算的にも知識レベルとしても不可能ではないでしょうか。

そのため、知識がなく初めてのホームページ制作で、良いものを作ろうとした場合に最低限理解したい条件があります。

この最低限をクリアーすれば、必ず御社サイトは成果を出せるようになります。

成果を出せてから、次ステップとして、条件を増やせば、さらに成果を出せます。

いきなり完璧を目指したほうが効率は良いでしょう。

しかし、それには、大手Webサイト制作会社に依頼が必要になり、高い予算が必要になります。

そのため、初めての方は、以下でご紹介する条件を、しっかりと理解して対策を行うことをおすすめしています。

当社は以下条件を満たした良いホームページ制作を提供していますので、ご興味があればお気軽にご相談ください。

4つの条件

条件

良いホームページを制作するために、最低限ご理解いただきたい4つの条件をご紹介します。

ゴールを明確化

ゴールを明確にしましょう。

当たり前ですが、ホームページを制作する際に、何を目的としているかを明確にすることは非常に大切です。

当社経験から言えば、コーポレートサイトやサービスサイトでは、お問い合わせ数を獲得。

ネットショップ作成では、商品販売がゴールになってくると思います。

このゴールを明確化していないと、見込み顧客をどのページへと誘導したら良いかが分からず、どう誘導したら良いかも分からないため、成果を出せません。

また、単にゴールを明確化するだけではなく、なぜゴールに誘導できるかも併せて考えましょう。

例えば、自社強みはサポートが充実している点であり、現状でも、それを魅力に感じて問い合わせを獲得できているというように、ゴールに移動する動機を定めることが大切です。

動機が定まれば、全ページに動機を掲載でき、本当に高い成果を出せるようになります。

ターゲットユーザーを明確化

ターゲットユーザーを明確化しましょう。

ターゲットユーザーはペルソナ手法を利用するのがベストであると言われておりますが、ここまで行う必要はありません。

ペルソナ作業を行うと、Webサイト制作会社に支払う企画費が上がってしまうため、基本的には以下2点を考えます。

  • 属性
  • ニーズ

まず属性ですが、「30代・男性・社会人」など、箇条書きで、できる限り詳細に定めましょう。

これは、ウェブデザイン性やコンテンツ表現に影響を与えます。

年代によって、ウェブデザインの趣味や趣向が異なりますし、男性と女性、社会人とフリーターでも見るポイントが違ってきます。

属性を明確にすれば、ターゲットユーザーに対して、ウェブデザインの最適化が可能です。

次にニーズを定めることも大切です。

ここでは、お客さま自身が考えるのが、トップページでの流入キーワードを定めます。

例えば、御社が【家具 通販サイト】でトップページを上位表示したいと考えたとします。

そして、そのキーワードが本当に利用されているか、キーワード難易度が高すぎないかをWebサイト制作会社が調査をして、最適なトップページのSEOキーワードを選定します。

もちろん、SEOを行わない場合でもこのニーズの調査は必要で、ワイヤーフレーム作成に非常に大きな影響を与えるものになっています。

当社、ワイヤーフレーム作成法は、各ページで上位表示キーワードを定め、そしてそのキーワードで訪問した方に最適なコンテンツを表示することを考えております。

もちろん、これは内部リンク設置法やアンカーテキストなども同様です。

このターゲットユーザー選定を行うことで、コンテンツやウェブデザイン性が一気に高まり、期待以上に成果を出せるようになります。

集客ルートと対策

ホームページを作っただけでは、成果を出せず、人がまったく訪れません。

そのため、どこから人を集めるかを考える必要があります。

この集客ルートについては、当社では以下ルートを提案しています。

  • SEO
  • ソーシャルメディア
  • リスティング広告
  • ユーチューブ広告
  • 同業大手ポータルサイトへ広告出稿
  • メルマガ
  • リアルで告知

そして、実際にお客さまが選択される対策は、SEOとソーシャルメディアが多いです。

SEOはヤフージャパンやグーグル、マイクロソフトビングで上位表示対策を行う必要があります。

SEOでは、基本的には下層ページについては、御社ビジネスに関連するさまざまな良質なページを作成いただきます。

例えば、釣りに関するホームページでは、【釣り メーカー】などをキーワードに記事を作成していただきます。

ここでは難易度は関係ありません。

基本的には、ビジネスに関連さえしていれば、必ずトップページの検索順位は上がります。

ただ、後から、【釣り メーカー】でも上位表示したとなったときには、リライト作業が必要になっているので、後からリライトが必須だと理解をしておきましょう。

さらには、ソーシャルメディアは、ツイッターとフェイスブック、インスタグラム、ライン、グーグルビジネスプロフィールの提案が多いです。

このソーシャルメディアは、見込み顧客が利用しているかをソーシャルメディア検索を使ってビジネスに関するさまざまなキーワードで調査します。

そして、投稿数が多いやいいね、シェアが多いソーシャルメディアの利用を開始します。

後は、検索を使いながら、ユーザーが本当に気にしていそうな単語を見つけ、その単語を含めた投稿を行います。

集客ルートはどこになるのか、そして具体的な対策法を定めていけば、本当に見込み顧客を多く集めることが可能になります。

サイト運営スケジュール

最後に、サイト運営スケジュールを立てましょう。

サイト運営スケジュールで考える内容は、どの集客ルートを利用し、どんな対策を行うかを考える必要があります。

例えば、SEOであれば、新規ページ作成が非常に大切です。

がむしゃらに新規ページを作成するのではなく、基本的にはまずは御社がトップページを狙うキーワードで、グーグル検索を行います。

そして、1ページ目にランクインしているホームページのページ数を【site:トップページアドレス】で検索すると、それぞれのページ数が算出されます。

その平均値が御社が目標にするページ数になっています。

そして目標が定まれば、後はいつまでにSEO効果を出したいかを考えます。

例えば、100ページの目標と成果が出るまで3ヶ月だと設定します。

そうすると、3ヶ月を66営業日だとすると、1日の更新量は1.5ページになります。

このようにスケジュールを定め、後は毎日1.5ページを作成します。

また、ソーシャルメディアでは、基本的には、ソーシャルメディア検索の最新投稿を狙います。

特に投稿数は意識する必要がありませんが、ただし、適切な頻度で良質な投稿を行い続ける必要があります。

そこで大切になるのが、投稿数が多いと、場合によっては、ユーザーにとって、うざいアカウントになります。

そのため、例えば一例ではありますが、朝・昼・夕方の1日3投稿をベースにして、3から5回投稿と定めます。

そして後はスケジュールに則り投稿を繰り返しましょう。

成果を出すには、サイト運営は必須であり、しっかりとスケジューリングを行うようにしなくてはなりません。

ユーザーニーズに応えて良いホームページ制作を

良いホームページ制作はユーザーニーズに応える

良いホームページ制作とはユーザーニーズに応えることです。

ユーザーニーズに応えて初めて、期待以上の成果を得れるようになるので、企業ウェブマスターさまの勘や経験ではなく、しっかりとユーザーを考えましょう。

ユーザーを考えるというのは本当に難しくなっています。

しかし、トライ&エラーを繰り返していけば、必ずユーザー目線へと成長いたします。

良いホームページ制作とは、ユーザー目線であり、さらにはそれは1度で成功するものではなく、何度もトライ&エラーが必要です。

これらを理解して、ホームページを公開し、そしてサイト運営を継続すれば、本当に御社が納得できる良いホームページへと成長します。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP