HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ホームページ制作時のコンテンツ内容の決め方

ホームページ制作でコンテンツ検討は重要

Webサイト制作会社は、ホームページ制作作業前に、サイト構成やサイトマップを作成し、これから作るホームページの全体像を用意します。

当社では、その際に一緒にそれぞれのページでどのようなコンテンツ内容が入るかも定めており、これによってお客さまがより具体的にイメージが持てるようになります。

ページであれば、大体のイメージでこのページが必要は不要かが分かるのですが、コンテンツ内容はどのように話をしていけば良いのでしょうか。

コンテンツ内容は非常に大切

まずホームページ制作のコンテンツは非常に大切です。

もちろんどういったページを作成するか、すなわちどんなページタイトルのページを作成するかも大切ではあります。

しかし、タイトルだけが最適化されたホームページ制作では、実はそれほど高い効果を得ることができなくなっています。

というのも、現在の検索エンジンユーザーは非常に賢く、御社サイトでなくても、他の会社でも対応できることを知っているのです。

もちろん、サービス力や対応力などの差はあるにしても、問い合わせを行うや商品を購入するだけであれば、他サイトでも行えます。

そこで大切になってくるのがコンテンツです。

コンテンツがしっかりと御社の魅力や特長を打ち出すことで御社のホームページで成約をしてくれるようになります。

そのため、このコンテンツは、成約をさせるためにページタイトルに対して詳しいことが重要で、闇雲に作成しても効果が出ないのです。

ページタイトルに対して詳しい

コンテンツ内容を検討する際には、作成したページタイトルを意識するようにしましょう。

もっとも効果的なのが検索結果をイメージです。

ページタイトルの文言で、検索をしたユーザーが御社のホームページに訪れたことを想定します。

そして、そのユーザーにどんな情報を見せるかを検討し、見出し名をすべてリストアップしていきます。

このときにユーザーは上から順にページを閲覧するため、基本的には順序も意識しなくてはなりません。

そのページに興味関心があるユーザーに順番に情報を提供していくことを意識していけば、成約率を高めることが可能です。

ここで闇雲に思い付きでコンテンツを作成してはいけません。

基本的にはライバルサイトなどがどのようなコンテンツをどのような順番で表示しているかを確認しましょう。

これらをチェックして御社が最も理想の流れでそして内容でコンテンツを作成していくことで、かならず効果的なコンテンツが掲載されたホームページになります。

もちろん、1ページだけではなくすべてのページで行う必要があり、全ページで最適なコンテンツであれば、高い成約率のホームページへと成長するのです。

SEOを考える

ホームページは成約率だけではなく集客力も考えなくてはなりません。

この集客力で検討することはSEOを考えるだけで良いでしょう。

というのも、SEO以外の集客対策は、実はタイトルに詳しいページ作成だけで良く、SEOは独自の判断で検索順位を決定しているため、詳しいだけでは駄目なのです。

グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトの検索エンジンは、基本的には、ユーザーの検索キーワードに対して詳しいウェブページを上位表示しています。

では、ここでいう詳しいとはどういうことでしょうか。

検索エンジンが考える詳しいとは、実は検索意図になっています。

当社ではこの検索意図の調査を行う必要がないと考えていますが、もし調査を行うのであれば、グーグルが提供するキーワードプランナーと関連キーワードの確認が良いでしょう。

例えば、当社サイトで言えば、【ホームページ制作】が上位表示キーワードになっています。

そして、まずはキーワードプランナーでホームページ制作に関するフレーズを調査します。

そうすると、【ホームページ制作 個人】や【ホームページ制作 おすすめ】などのフレーズがリストアップされます。

そしてホームページ制作で集客したいページの見出しに個人やおすすめを利用することで、実はSEO効果を得ることが可能なのです。

さらに関連ワードも同じで、フレーズから対象キーワードを抜いた単語を見出しに含めることで、検索意図を満たすことが可能です。

ただ、先述もしている通り、当社ではこの調査は不要であると考えて、ホームページ制作実績の会社さまはまったく行っておりません。

なぜかというと、調査をしてしまうと、実は他のライバルサイトと同じコンテンツが配置されたウェブページになるためです。

検索エンジンのグーグルは、現在検索結果の多様性を求めています。

そのため、原則ではありますが、検索キーワードに対して、同じドメインは2ページまでしか掲載してくれません。

その理由は執筆者が同じだと、同じようなことを書いているためであり、検索結果ページに多様性がなくなるためです。

このような対策を行っている検索エンジンに対して、ライバルサイトと似たようなコンテンツを表示させるのはおすすめではないのです。

では、どうやって検索意図を考えるかというと、ウェブマスターさまがしっかりと想像をすることです。

このページに訪れる検索キーワードはこれで、この検索キーワードを利用する人はこういうことを知りたいんだろうと考えることで、意図を満たすことが可能です。

ユーザーとSEOを考えた見出し

ユーザーとSEOを考えたコンテンツがどのようなものかが分かったら、それらを足し合わせてコンテンツの配置を行います。

順番や不要と必要を考えながら、しっかりとコンテンツの見出しを含んでいくことで、集客力と成約力が最大化されたコンテンツになってきます。

そしてそれぞれの見出しに対して適切な原稿を配置させればウェブページが完成です。

このように、現在のコンテンツ作成では、ユーザーはもちろん検索エンジンも考えることが大切になっているのです。

実際にこれらのコンテンツはWebサイト制作会社が作成するページだけではなく、実績や事例コンテンツ、スタッフブログなどでも活用しなくてはなりません。

ホームページは成果ばかりを意識していても効果が出ないのでしっかりとSEOも意識していくようにしましょう。

ホームページ制作時から完璧でなくても良い

Webサイト制作会社もクライアントさまも、ホームページ制作時から全力でコンテンツを検討していると思います。

しかし、公開直後は完璧である必要がありません。

基本的にはサイト運営の中でリライトが必須であると考えることが重要で、ホームページを公開して、アクセス解析のデータを見ながら、調整が必要になっています。

例えばアクセス解析で、集客力が弱いのであれば、集客に特化したコンテンツを追加したり、不要情報を削除します。

また、誘導率が弱いのであれば、ユーザーを考えて改定したりコンテンツの追加や削除を行います。

このように、数値データを見てみなければ、結局のところはっきりとは分かってこないため、ホームページ制作時はもちろん検討が必要ですが、後からリライトも検討しましょう。

集客力と成約力が個々のウェブページで最大化されたとき、御社のホームページは期待以上の成果を出せるようになるのです。

ホームページ制作におけるコンテンツは難しい

ホームページ制作を行う際には、必ずコンテンツが必要です。

そのため、Webサイト制作会社の言いなりでは駄目ですし、さらにはお客さまの思い付きでも問題があります。

基本的にはユーザーとSEOを考慮したコンテンツを作成していく必要があるのです。

さらには、絶対に忘れてはならないのはリライトです。

サイト運用の中で、しっかりとリライトを繰り返し行っていけば、必ずホームページ全体の効果が増し、期待以上の成果を出せるようになるのです。

ホームページ制作時には、サイト構成についてはお客さまも結構意見をおっしゃっていただけます。

しかし、コンテンツについては、あまり意見を言わずに当社が提案した通り案件が進んでしまうケースが多くあります。

しかし、当社が考えるには、恐らくページ作成は、一般的なページタイトルでも十分に効果を出せますが、コンテンツは一般的なものはあまりおすすめしません。

しっかりと調査と検討を行い、本当に効果的なコンテンツを配置させることが重要なのです。

最後にウェブデザイン性も考える

最後に、コンテンツを作成する際には、ウェブデザイン性についても検討しましょう。

例えば横並びが良いのか縦並びが良いのかや、文字が良いのか画像が良いのかなどになっていて、これらを検討することで、より効果的なコンテンツが作成できます。

成約をあまり考えなくて良く集客メインのページであれば、もちろんテキストが中心です。

ただ、画像が中心のウェブページ、すなわち成約目的のページも必要になっているのです。

そのため、これらをしっかりと検討をして、最適なウェブデザイン作成を行うことで、より高い効果を発揮することが可能です。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP