大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

成約数が減少するホームページの特徴

成約数が減少するホームページ

ホームページから成果を出すためには、継続したWeb運営が重要になるのですが、このWeb運営を行う際に、SEOであれば新規ページの作成やリライト作業、被リンクの獲得、ソーシャルメディアであればソーシャルメディアでの投稿というように、基本的には集客に対してばかりの運営になっていることが一般的です。

もちろん、Web運営の大半の作業は、集客力を高めるための対策でも問題がないのですが、しかしWeb制作の目的はあくまでお問い合わせなどの成約数の向上になっているため、集客対策を行う際には集客力の向上ではなく、成果を向上させるための対策だと考えることが重要になるのです。

そして、この目的が集客になってしまったホームページは、すぐにとは言いませんが、しかしその運営期間が長くなってしまうと、必ずどこかのタイミングで集客数と成約数を減少させてしまいます。

ホームページの目的は成約数

ホームページの目的は成約数

Web制作の目的は、集客数を増やすことではなく、成約数を増やすことになっております。

もちろん成果を出すためには集客対策を行わないといけないのですが、しかしそれはあくまで成約数を増やすために集客対策を行っていると理解することが大切で、この成果のためということを理解していないと、テクニックに頼ったSEOに依存してしまったり、さらには成約数を向上させるためのホームページの運営作業を一切行わないホームページになってしまうのです。

そのため、ホームページの目的は成約数であるとしっかりと理解することが重要になっており、成約を獲得するための対策はしっかりとすべて実施することが大切になるのです。

どんなにSEOに強いホームページやソーシャルメディアで成功をしている会社さまの場合においても、お問い合わせ数が無いと御社のWeb制作は成功したとは言えませんので、しっかりと成約対策を継続して行うようにしなくてはなりません。

では実際に、どのようなホームページがある日突然、成約数が減少するのかについてご紹介をいたします。

SEOだけに依存してしまう

SEOへの依存

弊社のホームぺージの事例になるのですが、2021年6月3日までは弊社のホームページは、集客対策をSEOだけに依存しておりました。

このSEOのために弊社では、毎日スタッフブログに2,3ページの新規ページを作成しており、1日に2,3記事を書くことは現実的には不可能なので、スタッフブログから訪れた訪問者はお問い合わせをしなくても良いと考え、質の低いページを量産し、トップページの検索順位を上げるためだけの新規ページの作成を行っておりました。

そしてこのSEOに依存したホームページは、実は3点の問題点を抱えてしまうのです。

  • 成果が出るまでに時間がかかる
  • グーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾してしまう
  • SEOリカバリーがめちゃくちゃ難しい

このように、SEOにおいては、成果が出るまでに時間がかかることと、さらにはグーグルコアアルゴリズムアップデートによって、検索順位が決定する仕様が変更され、一気に検索順位を落としてしまい訪問者数が激減してしまうので、ホームページの成果は飛躍的に落ちてしまうのです。

さらには、もともとは闇雲にページを作成していたので、SEOのリカバリー作業が本当に難しいものになっており、実際に弊社は3ヶ月間リカバリー作業を行っておりますが、まだ主要な30のキーワードでの平均検索順位は2ページ目になっております。

このようにSEOに依存してしまうと、SEO作業が成約のためではなく、検索順位を上げることになってしまい、さらには検索順位を上げるための作業によって、グーグルコアアルゴリズムアップデートに被弾してしまうと、リカバリー作業が本当に難しいものになるのです。

そのため、基本的にはWeb制作会社は、ホームページを制作する際に、さまざまな集客ルートを提案し、そしてお客さまはSEOに依存せずにしっかりとさまざまな集客対策を実施することで、本当に安定して成果を出し続けることができるホームページになるのです。

Web運営をSEOのためだけに行われている会社さまは本当に多いですが、現状で検索順位が高いのであれば、それほど意識はしないと思いますが、グーグルにはコアアルゴリズムアップデートがあるので、成果が出ているタイミングで、検索順位を上げるためのSEOではなく、成約数を向上させるためのSEOにすること、さらにはその他の集客対策にも取り組まれることをオススメいたします。

まったく更新をしない

更新しない

ホームページの更新をまったく行っていないホームページも、成約数が減少するホームページとなっております。

Web制作直後のホームページの成約率は、Web制作会社が成約率を考えてWeb制作を行ったとしても、実はそれほど高いものにはならないことの方が多くなります。

そのためホームページの更新をまったくしないホームページは、もともと成約率が低い傾向があるのですが、ホームページの更新作業を行っていなとさらに下がる可能性があるのです。

どういうことかと言うと、弊社のホームページの事例で言うと、Web制作は年々難易度が上がっており、そしてさらには大半のWeb制作会社が時代に対応されております

そしてホームページの更新を行っていないと、時代に取り残されたホームページになってしまい、仮に訪問者を集客できたとしても、御社のページを見たユーザーが古臭い情報のホームページだと感じてしまい、お問い合わせを行ってくれなくなるのです。

実際に弊社のWeb制作実績でも、ホームページを公開してから13年くらいホームページの集客対策しか行っておらず、httpsではなくhttpでの制作であったり、レスポンシブWebデザインに非対応、掲載している情報が昔の仕様になっていた古いホームページがあり、Web制作の当初はかなりのお問い合わせ数を獲得していたのですが、しかし年々お問い合わせ数を減らしておられました。

そして、さすがに古臭いホームページであったため、ホームページのリニューアルを提案し、ご担当者さまのおかげでリニューアルが行えたのですが、そのホームページリニューアルを実施したところ、お問い合わせ数は飛躍的に高まったという事例がございます。

そのため、時代とともにWeb制作の仕様が変更されることや、お客さまのビジネスも変わっていくため、それらの情報を適切に掲載するためにホームページの更新をしていないホームページでは、基本的には年々お問い合わせ数が減少するのです。

成果を高める対策を継続しよう

継続した成約率対策

Web制作の目的は、あくまでお問い合わせなどの成約の獲得になっております。

そしてこの成果を考えた対策を行い続けていないホームページは必ずどこかのタイミングで成約数を大幅に落としてしまう可能性があるのです。

そのため、日々の更新数はそれほど多くなくても良いのですが、しかし毎日少しずつ成約数を高めるためのホームページの更新を行うことで期待以上の成果を出せるようになるのです。

Web制作の目的は、訪問者数ではなく、お問い合わせなどの成約数になるので、しっかりと成果のための集客対策と成約対策を行い続けることが重要になるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績