サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

コロナでホームページ制作はどう変わったか

コロナ時代のホームページ制作で変わった点

当記事はリライト記事になります。

2020年4月現在、コロナの影響でさまざまな企業は対応を求められています。

当社でも、以前からコロナが原因で、ホームページ制作の在り方を少し変更させていただいています。

今回は、当社がコロナ時代に行うホームページ制作法をご紹介いたします。

お客さまのご要望で選択する

コロナにより対面での営業活動は控えさせていただいています。

ただ、初めてのホームページ制作のお客さまも多いと思いますので、そこは柔軟に対応できればと思います。

主な選択肢としては、以下になります。

  • ご訪問
  • ビデオ会議システムZoomなどの利用
  • 電話やメールでのヒアリングと提案

もちろん、訪問も可能ですし、電話やメールだけでお話することも可能です。

ただ、もっとも弊社が推奨しているのが、Zoomなどのビデオ会議システムの利用になっています。

実際に弊社もこのツールを利用し始めたのは最近です。

初めのころは、密なお打ち合わせは難しいだろうと考えていたのですが、実際に対面したときと変わらないクオリティーでヒアリングや提案が行えました。

そしてこちらのシステムを利用する最大の利点は、ご訪問のための訪問時間が0になることです。

実際に、当社で利用をして見て感じたのが、移動時間が0であるため、その分お客さまとの打ち合わせが効率的になりました。

例えば、ヒアリング時であれば、ご訪問した後、ヒアリングノートを会社で内容を整理してテキストファイルに書き直しています。

その作業が0になったので、お客さまとのZoom会議が終わったらすぐに提案書作成のための調査に取り掛かれるようになりました。

また、さらにはご提案のための移動時間が無くなったのも非常に大きいです。

これまでは、ご訪問時には、アイパッドを見てお客さまの現サイトを確認したり、ライバルサイトを見ていましたが、これがデスクトップで行えるようになりました。

このように弊社だけで見ると非常にメリットが大きいため、弊社ではご訪問が必要であれば訪問しますが、必要がなければ、電話ではなくZoomの利用を推奨しています。

では、次に具体的にどのようなことを行うかをご紹介します。

ヒアリング時間の短縮で前確認がしやすい

これまでは、ヒアリング前にお客さまのホームページやライバルになるであろうホームページのチェックは、前日に行っていました。

しかし、Zoomを利用すれば、お打ち合わせ時間の1,2時間前を予定していても十分間に合うので、ヒアリング効率が飛躍的に高まりました。

もちろん前日に調べていた情報ではなく、打ち合わせ直前に調べた情報になるため、調べた情報を忘れてしまったなどの問題も起こり得ません。

そのため、ヒアリングの質を高めることができており、よりお客さまへの成果の出るホームページ制作の提案が行いやすくなりました。

また、先述もしている通り、ヒアリング内容を、そのままテキストファイルに書き込めるのも時間短縮に非常に効率的になっています。

提案書の最終確認に余裕が持てるようになった

もちろん、提案書が完成した後も見直しはしているのですが、従来は、お客さまにプレゼンのための訪問前にも提案書を見直し、各種調査データは電車の中で確認していました。

前もってやっとけよ、と言う話かもしれませんが、もちろん前もってはやったうえで最終確認になっています。

そしてこの最終確認は、もともとはタブレットやスマートフォン、提案資料の3つで電車の中で行っていたのですが、その作業を会社の机で行えるのも大きいです。

基本的にはありませんが、もし資料にミスがあった場合は、これまでは赤ペンでリライトをしたりして、プレゼン中にご説明をしていました。

しかし、基本的には、デスクからの提案になるので、資料もPDFファイルなので、元データを書き直して、再度PDF化を行うだけで良くなりました。

そのため、従来よりも、最終確認制度が増したため、よりお客さまが理解がしやすい提案ができるようになったと思います。

ホームページ制作中や公開直後の修正指示が分かりやすく

ホームページ制作中や公開直後に、もしお客さまから少しの仕様変更や、確認点、弊社側のミスが発覚した場合は、ご訪問をした上で詳細をお聞きしていました。

しかし、Zoomになるので、時間さえ調整していただければ、すぐに内容を把握することができるようになりました。

もちろん、電話やメールでも行っていましたが、電話やメールだと少し分かりづらい経験もあったので、非常に助かっています。

また、お客さまとしても、訪問してもらう必要がないので、遠慮なくお打ち合わせのご依頼をいただけるケースがあります。

当社的には公開後のレクチャーがやりやすい

弊社はホームページを制作後には、サイト運営レクチャーを行うことがあります。

もちろん、口頭ではなく資料だけをお渡しするケースもあったり、お客さまの知識レベル次第では、最低これだけは気を付けて欲しい内容だけをお伝えすることもあります。

ただ、実際にレクチャーをしていてもっとも効果的なのは、Zoomの利用だと思います。

例えば訪問でのレクチャーでは、資料の書き方に問題があり、少し理解がしづらいと感じられていると気が付いても、資料をペンで修正して頂いていました。

もちろんご要望があれば、帰社後に修正したPDFファイルを送っていましたが、せっかくのマニュアルが少し不細工な状態で納品されることになります。

また、電話やメールである場合は、やはり100%の理解は難しくなっていました。

このような問題をすべて解決してくれたのがZoomになります。

まず、対面でのミーティングのように詳しいお話ができますし、さらには資料で不明点があれば、その場で元データの修正が可能になるので、PDFの再送が行えます。

また、分からない箇所があれば、その場で説明をいただければ、参考サイトなども非常に出しやすくなっています。

コロナの対応だが品質向上にも役立つ

コロナのため、Zoomを利用し始めた当社ですが、実際に利用してホームページ制作の品質向上にも役立つと感じました。

もちろん、対面でのお打ち合わせをしないという話ではありません。

実際にお客さまによっては、Zoomの使い方が分からないと言うケースや、初めてのホームページ制作なので会って打ち合わせをしたいと言われるケースもあります。

もちろん、これらの要望にも対応が可能ですので、お気軽にお申し付けをください。

ただ、コロナにより対面での営業を嫌がられるケースも多いので、そういった場合は、できればビデオ会議システムを使ったヒアリングや提案ができればと思います。

Zoom以外も対応可能です

現在は、弊社ではZoomしか利用した経験がありません。

ただ、お客さまからご要望があれば、Google Meetや、マイクロソフトのスカイプなど、無料であればどのようなツールにも対応させていただきます。

そのため、ご希望があればおっしゃっていただければ対応させていただきますので、お気軽にお申し付けをお願いします。

基本的には、コロナが落ち着くまでを予定していますが、状況に応じては、コロナが落ち着いた後も利用するかもしれません。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP