大阪のホームページ制作会社セブンデザインのスタッフブログ

withコロナ時代のホームページ制作・運営

withコロナ時代のホームページ制作・運営

新型コロナウイルスの影響により、多くの会社さまでホームページやwebを活用した営業戦略の実施が急速に加速しております。

そして弊社はホームページ制作会社になるので、web全体というよりもホームページ制作・運営でお客さまのお役に立ちたいと思っており、そのために既存のお客さまに対してさまざまな提案を行っております。

現在、withコロナと言われるように、多くの会社さまでビジネスの形が変わってきており、弊社で実感していることとしては、実は仕組み自体は変わっておらず、やるべきことが大きく変わってきているように思われます。

そこで今回は、withコロナ時代におけるホームページ制作・運営はどのように行っていけば良いのかをご紹介いたします。

withコロナだからこそホームページ制作を

withコロナだからこそホームページ制作

コロナによる外出自粛によって、現在消費者の多くが外出をせずとも商品を購入する必要性が求められるようになりました。

そのため、商品やサービス提供会社においては、ターゲットユーザが外出せずとも商品を購入できるようにする必要があります。

もちろんこれは、BtoC企業さまだけに限らずBtoB企業さまにおいても同様で、弊社のクライアントさまの中には、BtoB企業だけれどもECサイトを制作して運営に力を入れていたりする会社もございます。

このように現在、BtoB企業であれBtoC企業であれ、ホームページをうまく活用する必要があり、これらをうまく活用することこそが、コロナの状況であっても売り上げが下がらないための手段になるのです。

そのため、現在ホームページを制作していないや、あるいは過去に制作したまったく役に立たないホームページをお持ちの会社さまは、ぜひともこの機会に本当に成果の出るホームページ制作を行い、そしてスケジューリニングをしっかりとしたホームページ運営を行うことで、より効果的なホームページ制作が可能になるのです。

実際に業種によってはホームページの成果が激減

業種によってはホームページの成果が激減

withコロナだからこそホームページ制作をと言っておりますが、実際のところ弊社のクライアントさまの中には、これまで1日に10件程度の成果を出していた会社さまでも、2020年の10月から成果本数が0になったという会社さまもいらっしゃいます。

こればかりは業種によるということができるのですが、しかし業種的に今は売上が立たないと諦めていては現状が変わることはありません。

そのため弊社ではこのような業種さまにおいても、しっかりとホームページ運営を行い、そしてSEOでさまざまなニッチなキーワードで上位表示を行うことで、とにかく流入検索キーワード数を増やす提案をしております。

そうすることで、現状ではまったく成果がないとしても、これまではホームページに訪れていなかったような検索キーワードで訪問者が増えることで、そのホームページの成約数を増やすことが可能になると思っております。

ただしこの対策は基本的には広告を使うという手法もあるにはあるのですが、現段階ではそこに広告予算を入れることは非常にリスクがあるので、弊社の提案としてはSEO対策やローカルSEO対策で施策を行っていただいております。

withコロナの時代こそSEOやローカルSEOを実施

withコロナの時代こそSEOやローカルSEOを実施

そしてこれはすべての会社さまに提案をしているのですが、このようなコロナの時代だからこそSEOやローカルSEO対策を行うことを推奨しております。

現在、withコロナと言われるように、コロナは単純に一時的な流行病としてとらえるよりも、多くの専門家が3年や5年は続くと言っているように、非常に長い期間、続くものだと考えるのが良いでしょう。

そのため、このwithコロナで売上が下がっているときにこそSEO対策やローカルSEOを行うことで、ライバルサイトよりも効果的なホームページになり、ホームページの効果を飛躍的に高めることが可能になります。

そしてこのwithコロナの時代に行うSEO対策では、単にビッグワード1つでのアクセス数を増やすことももちろん大切ですが、それよりもニッチなキーワードでの流入数を増やしていくことが大切になってきます。

実際に1つのキーワードだけで上位表示を狙っていた会社さまよりも、幅広いニーズに対応したSEO対策を行っている会社さまの方が、ホームページの成約率はまだ高いものになっております。

そのため、このwithコロナ時代に狙うべきSEO対策とは、ニッチな検索ワードでの流入数を向上させることになっており、闇雲は駄目ですが、1ページ1SEOキーワードでしっかりとページ作成を行うことになってきます。

そうすることで、例えば弊社のホームページを例でいうと、コロナにより【ホームページ制作 大阪】の成約率が0.01%まで下がったとしても、その他のニッチなキーワードでの成約率がある程度高ければ、ホームページのお問い合わせ数の減少を抑えることが可能になります。

そのため、現在のSEO対策では、単に【ホームページ制作 大阪】で上げることももちろん大切ですが、それ以上にニッチなキーワードの数を集めるようなSEO対策を行うことが大切になり、新規ページ作成が非常に重要になっています。

そしてこの新規ページ作成は【ホームページ制作 大阪】での上位表示にも効果があるので、非常に高いSEO効果を得ることが可能なのです。

アフターコロナでの効果も期待

アフターコロナでの効果も期待

そしてこのwithコロナ時代のSEO対策やローカルSEO対策は、実は現状コロナによりホームページ制作の成果が激減している企業さまが、アフターコロナになった段階で一気にホームページの成果を高めれる対策だと思っております。

基本的にはコロナのときにはどんなにSEO対策を行ってもホームページの成約率が下がっている業種の場合は、成果を出すにも限界があると思います。

ただし、これらの対策は、withコロナの時代において、新たな検索キーワードでの上位表示対策になり、そしてアフターコロナになった時には、ユーザが普段通りホームページを見てくれることで、一気に成約率を高めることが可能であると思います。

そのため、withコロナでホームページから成果が出ないからと言ってホームページ運営をしないのではなく、この時だからこそ、SEO対策やローカルSEO対策を行うことで本当に効果を生み出せるホームページになるのです。

そしてさまざまなホームページを調査している結果、現在上位表示しているホームページであってもSEO対策の作業量が減少していることが見て取れますので、その間に御社がSEO対策を行うことで、大体半年くらいは必要になると思いますが、しかしより早く上位表示ができ、そしてさらには、ライバルは現状SEO施策が止まっているとまでは言いませんが、しかし作業量は激減しているので、その間にライバルよりも多くのSEO作業を行えば、アフターコロナになった時にはすでにライバルのホームページでは追いつけないくらいの更新量にしておくことで、アフターコロナでは飛躍的にホームページの成果を高めることが可能になります。

withコロナ・アフターコロナに対応したホームページ制作・運営

withコロナ・アフターコロナに対応したホームページ制作・運営

弊社は、大阪のホームページ制作会社になっており、現在はwithコロナ・アフターコロナに対応したホームページ制作・運営を提案しております。

これまでは結構作成するページについて色々と決まり事を設けて、新規ページ作成を行っていただいたのですが、現在ではとにかくさまざまなキーワードで訪問者を集客することが大切になっているので、結構自由にホームページの新規ページ作成を行っていただいております。

withコロナ・アフターコロナで売上の上がるホームページ制作をご希望の方は、ぜひお気軽に弊社にお問い合わせください。

実際に会って打ち合わせが厳しい場合には、Zoomでのヒアリングやお打ち合わせも可能になっております。

お問い合わせにつきましては、TEL:06-7494-1148まで電話をかけ、株式会社セブンデザインのお問い合わせ担当者にご連絡をいただくか、お問い合わせフォームからご連絡をお願いいたします。

類似記事

TOP

ホームページ制作実績