大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

クロールバジェットとは

クロールバジェット

クロールバジェットとは、グーグルのクローラーと呼ばれるホームページの情報収集プログラムが、1回の訪問でどれくらいの情報量をグーグルのデータベースに格納することができるのかを表す言葉になります。

このクロールバジェットは、一般的に、それほどSEOに影響がないと言われておりますが、しかしクロールバジェットの最大量が少ないホームページは、更新作業を行っても、検索結果に反映されるまでの時間が多くなってしまいます。

そのため、SEOを行われている方は、クロールバジェットを増やしながら、無駄のない巡回をしてもらうことが重要になっており、無駄のない巡回対策を徹底して行うことで御社のSEO成果を向上させることが可能になるのです。

このクロールバジェットは、ホームページによって異なってくるものになるので、他社のクロールバジェットを参考にしても役に立たず、できる限り最大値を増やすようにすることが重要になります。

クロールバジェットとは

クロールバジェットとは、グーグルのクローラーと呼ばれる情報収集プログラムが1回の訪問で収集できる量を示すものになっております。

このクロールバジェットは、クロールバジェット量が多く、非常に多くのクローラーがホームページに訪問していても、SEO効果が高まると言うことはなく、どちらかと言うとクロールバジェット量が多いホームページは、ホームページの更新を行ったときに、その更新内容をグーグルのデータベースに早くそして正確に格納することができるものになっております。

そのため、効率良くSEOを行おうと考えた場合には、このクロールバジェットという言葉を知り、そして適切な対策を行うことで、御社のSEO効率は飛躍的に高まります。

逆にクロールバジェット量を増やすための対策だけを行っているホームページは、SEOで成果を出すことができなくなっておりますので注意が必要です。

クロールバジェットの増やし方

クロールバジェットを増やすには、ホームページの更新作業を計画的に行うことが重要です。

ただ、現在調査中ですが、グーグルサーチコンソールの「設定>クロールの統計情報」を見ると、検出と更新でそれぞれのクローラーが存在しているように思われますので、検出のクロールバジェットを増やすのであれば新規ページの作成をとにかく行うこと、更新のクロールバジェットを増やすのであればホームページの更新作業を行うことが求められております。

実際に生ログを見てクローラーのユーザーエージェントを見ても、検出と更新の違いが分からないものになっておりますが、グーグルがグーグルサーチコンソール内で検出と更新のデータを開示している以上は、もしかしたらグーグル側で検出と更新のクローラーを分けている可能性があるので、それぞれに対して適切な施策を行うことが重要になります。

そしてこれらをしっかりと行っていくことで、少しずつホームぺージのクロールバジェットが増えていき、御社が新規ページを作成しても、更新作業を行っても、すぐにグーグルのデータベースに格納されるため、より早くSEO効果を得ることが可能になるのです。

基本は大規模サイトのみ

そしてこのクロールバジェットについて調べていると、多くのWeb制作会社やSEO会社が、小規模サイトには関係がないと言っております。

実際に恐らく弊社のホームページも500ページ前後になっているので、それほど気にする必要はないと思っており、さらには弊社のお客さまのホームページにおいても、ページ数が多いホームページでも1,000ページ未満になっているので、恐らく関係がない情報になっております。

ただし最近では、ツイッターなどでクロールバジェットについての話題が取り上げられることが多くなっており、実際に大規模サイトではないのにクロールバジェットを確認して対策を行ったところ、一気に検索順位が上がったと言う事例が公開されておりました。

その検索順位が上がったホームページでは、クロールバジェットの大半をXMLサイトマップで消費されていたとのことです。

XMLサイトマップに注意

XMLサイトマップとは、ホームページのすべてのページのURLと最終更新日が記載されたファイルになっており、このXMLサイトマップを作成してグーグルに送信することで、すべてのページをグーグル認識してもらうことが可能です。

そしてこのXMLサイトマップの作成とグーグルへの送信は、基本的にはWeb制作会社であればすべての会社さまに行っているものになっているのですが、ツイッターで見た情報では、ある旅行関係の会社さまのホームページにおいては、クロールバジェットの大半をXMLサイトマップが消費していたため、肝心のページの閲覧がされておらず、検索順位が落ちたという事例を紹介しておりました。

そしてこの現象に気が付いたのは、検索順位が落ちたため、その理由を調査するために、生ログを確認したところ、グーグルのクローラーが異常にXMLサイトマップへと訪問していたため、何かおかしいと感じ、XMLサイトマップの削除とグーグルへの送信を取りやめてみたところ、数日でホームページの検索順位はもとの状態に戻ったとのことです。

実際に弊社はさまざまなホームページのSEOサポートなどを行っておりますが、現段階で言えば、そのような事例はないのですが、実際にそのような事例もあるため、もし検索順位が落ちて、その原因が分からないと言う場合においては、しっかりとXMLサイトマップへのクローラーの訪問頻度をチェックするようにしましょう。

基本的にクローラーは、1回の訪問でホームページのデータをデータベースに登録してくれる量は決まっているので、XMLサイトマップは確かにSEOにおいて重要なファイルにはなりますが、そこばかりを見られているとほぼSEO効果を得ることができませんので、小規模サイトであってもXMLサイトマップへの訪問頻度だけは意識することが大切です。

クロールバジェットの理解

クロールバジェットとは、基本的には1,000ページ未満のホームページには関係がないものになっておりますが、しかしXMLサイトマップでクロールバジェットを消費すると小規模サイトでもSEOに悪影響が発生いたします。

そのため、基本的には一般的な企業サイトさまにおいては、クロールバジェットがあると認識程度はする必要があり、そして正しいWeb運営を行っているにもかかわらず検索順位が落ちた場合はクロールバジェットを疑うことも選択肢の1つになっていると考えます。

このクロールバジェットは、深く理解しようとするとSEOの知識量や生ログなどの確認も必要になっているので、非常に複雑なものになっており、お客さまにおいては、クロールバジェットは深く理解する必要がないと思いますが、しかし存在を知っておくことは重要になってくるのではないでしょうか。

当ページをご覧の方は、あくまで当ページは超初級のクロールバジェットの情報になっておりますので、もしご興味がありましたらグーグル検索などを行えば、より詳しい情報を紹介しているホームページがございますので、そちらのホームページで情報収集の続きをお願いいたします。

また、クロールバジェットについて、もう少し詳しく教えて欲しいという場合は、お電話あるいはメールでお問い合わせをいただけましたら、無料でお教えさせていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績