大阪のホームページ制作会社

セブンデザインのスタッフブログ

HP制作・運営- 10 ページ目

ホームページリニューアルで成果を出すために

ホームページのリニューアルは闇雲に行っても、良い結果を得ることはできません。

リニューアル前に、現状のホームページが抱える問題点を発見し、それらを解決するための具体的な案を持って、リニューアルを実施しなくては、リニューアル前後で同じ問題点を抱えたホームページとなってしまい、まったく成果が向上することはありません。

また、リニューアルを行う目的を明確にすることも重要になり、「SEO対策が上手くできていないから、SEO対策に強いホームページにしたい」などの曖昧な目的ではなく、「現状、○○と言うキーワードではほとんど集客ができていないため、○○やその周りにある関連ワードでの集客を行い、お問い合わせを獲得する」などの、より具体的な目的をもってリニューアルを実施しなくては、リニューアルコンセプトが曖昧となってしまい、御社の期待通りの成果を得ることはできません。

今回は、現在リニューアルをご検討の企業様向けに、成果の出るリニューアルを行うための、目的設定法とリニューアル前のホームページが抱える問題点の発見法をご紹介します。

記事を読む

ワードプレスでホームページを更新する方法

ワードプレスの管理画面は、直観的に更新ができるくらい扱いやすいものとなっており、1度操作方法を理解するだけで、誰でも簡単にホームページの更新を行うことが可能です。

今回は、ワードプレスで初めてホームページを制作し、これから更新を行う方向けに、ワードプレスのログイン法から更新方法までを分かりやすくご紹介いたします。

記事を読む

カテゴリーページにnoindexを設定した結果

パンダアップデート対策として、多くの企業サイトでは、カテゴリーページやアーカイブページにnoindex設定を行っております。

ホームページのコンテンツやページに対して、noindex設定を行うべきかどうかは、webサイトの構造やコンテンツ内容、ホームページ全体のページ数などによって判断すべきであり、闇雲にnoindex設定を行ってしまうと、検索順位を大きく落としてしまう可能性もあります。

今回は、実際に弊社の当ブログにおいて、カテゴリーページにnoindexを設定した場合と、しなかった場合での、検索順位の変化についてご紹介します。

noindex設定を行うべきかどうかお悩みの企業様の参考になりましたら幸いです。

記事を読む

ホームページ更新システム「ワードプレス」とは

今や、ホームページの簡単な更新であれば、クライアント様自身で行うことが一般的になりました。

ホームページの更新をクライアント様自身で行うことで、ホームページ制作会社の作業待ちがなくなり、リアルタイムな情報公開ができるようになったり、ホームページの更新にかかる運営コストの削減など、様々なメリットがあります。

しかし、HTMLからホームページの更新を行うことは、ある程度webに関する知識が必要であったり、普段見られないHTMLコードの記述は非常に手間のかかるものになります。

そのため、多くの企業様は、ホームページを制作する際に、ビジネスブログと呼ばれるホームページの更新システムを導入いたしております。ホームページにビジネスブログを導入することで、webに関する知識がまったくない方であっても、ワープロ感覚で手軽にホームページの更新を行うことが可能になります。

今回は、多くの企業サイトで導入されているビジネスブログ「ワードプレス」のご紹介と、ワードプレスで制作されたホームページのメリットとデメリットをご紹介いたします。

自社でホームページの更新をしたいとお考えの企業様の参考になりましたら幸いです。

記事を読む

ワードプレスの自動バックアップができる「BackWPup」

HTMLで制作されたホームページであれば、バックアップの仕方が分かるけれども、ワードプレスで制作されたホームページでは、バックアップの取り方が分からないと言う方は多いのではないでしょうか。

ワードプレスで制作されたホームページの場合、FFFTPなどのFTPソフトを利用し、サーバからデータをダウンロードするだけでは十分ではなく、データベースに保存されている内容や、ワードプレスのパーマリンク設定の保存なども行わなくてはならないため、自分でホームページを制作した方でなければ、非常に分かりづらいものとなっております。

そこで今回は、ワードプレスのバックアップを自動で行ってくれるプラグイン「BackWPup」をご紹介します。

ワードプレスは、定期的なバージョンアップもあり、最低でもバージョンアップ前にバックアップを行わなくてはならないため、自動バックアッププラグイン「BackWPup」を利用し、ミスなく効率的にバックアップを行うことがお薦めです。

記事を読む
1 8 9 10 11 12 14
TOP