大阪のホームページ制作会社株式会社セブンデザイン

歯科医院のホームページ制作法

歯科医院・歯医者のホームページ制作

2014年現在、歯科医院は日本全国に74,000件以上あると言われており、多くの歯科医院さまは新規患者の獲得に悪戦苦闘されているかと思います。

従来であれば、良い治療を行うことで、自然と新規患者が集まってきましたが、現在は競合他社が非常に多いため、良い治療を行うことはもちろんですが、ホームページを制作して新規開拓を行っている歯科医院さまが非常に多くなっています。

しかし、webサイトを新規開拓に上手く活用できている歯科医院さまはまだまだ少なく、せっかく予算をかけてwebサイトを作成しても、期待通りの成果を上げれている歯医者さまは非常に少ないです。

期待通りの成果の出るwebサイトとするためには、御院のwebサイトに訪れるユーザのことを考えることが重要で、ホームページに訪れるユーザは、「歯が痛いから虫歯を直したい」や「歯が黄色い」などの不安や悩みを抱えています。

それらの不安や悩みを解消できるwebサイトを制作することが重要であり、それができていない歯科医院さまのwebサイトでは、良い結果を得ることができません。

今回は、歯科医院さまのホームページで成果を出すためのwebサイト制作法をご紹介します。
現在、webサイトの新規作成やリニューアルをご検討の方にとって参考になりましたら幸いです。

新規患者を獲得できるコンテンツ作成

新規患者を獲得できるコンテンツ作成

歯科医院さまのwebサイトで、新規患者を獲得するためのコンテンツ作成の考え方をご紹介します。

診療案内

診療案内のページに訪れたユーザは、御院の診療内容を知りたくて訪れたのではなく、歯が痛いや歯を白くしたいという悩みを解決するために訪れています。

そのため、具体的に「どんな治療を行っているのか」や「治療は痛くないのか」などを御院の特徴と合わせて、ユーザ目線で作成していくことが重要です。

これらがしっかりとできている診療案内ページとすることで、訪問者に「ここであれば自分の問題を解決してくれる」と感じさせることが可能です。

料金表

料金表に訪れるユーザは、「治療費がいくらくらいするのかを知りたい」や、「自費治療のホワイトニングや歯列矯正をしたいから、競合他社と金額を比較したい」と考えているユーザになります。

そのため、ユーザが知りたい料金をすぐに見ることができる、分かりやすいもの制作しなくてはなりません。

また、単に治療内容ごとに料金を掲載するだけではなく、ケーススタディーの料金も合わせて紹介することで、より具体的な料金を知ることが可能で、ユーザに安心感を与えることが可能です。

事例紹介と患者の声

訪問者は、「歯が痛い」などの悩みを持ってホームページに訪れ、診療案内ページを見ても「本当に自分の悩みが解決できるかはっきりと分からない」と確信が持てないこともあります。

そのため、実際の事例や治療したユーザの声を紹介するコンテンツを用意し、自分と同じ事例だから安心できると感じさせることが重要です。

事例紹介や患者さまの声のコンテンツは、診療案内ページだけでは納得しきれなかった訪問者を予約へと導く目的で制作し、ユーザの決断を後押しできる内容を公開していくことが重要です。

スタッフ紹介

予約をするかどうか悩んでいる訪問者にとって、「治療をしてくれる人は、どんな人なんだろうか」や「どういう考え方で治療してくれるのか」も知りたい情報の1つになります。

そのため、多くの歯科医院のwebサイトは、スタッフ紹介を公開していますが、単に写真と経歴だけを掲載してるスタッフ紹介では、まったく意味の無いものとなってしまいます。

スタッフ紹介ページに訪れたユーザは、「治療してくれる人がどんな人なのか」や「どういう考え方で治療をしているのか」などが気になるため、もちろん写真や経歴を公開することも効果的ですが、「治療の考え方」も合わせて公開することが必要です。

なんとなく写真を張ることで、ユーザに安心感を与えようとするのではなく、治療の考え方に安心してもらうことができて初めて、予約に繋がるスタッフ紹介になります。

ご予約方法

お問い合わせフォームを用意している場合に、予約方法を明記していないと、ユーザはメールや電話などさまざまな手段で予約を行ってきます。

例えば、御院がメールでの予約に対応していなかった場合であれば、ユーザからメールで予約されてしまうと、予約されたことすら気が付かないかもしれません。また、ユーザはメールを送信した時点で予約が完了していると勘違いをしてしまい、実際に予約ができていないと、これから先に御院で予約をしてくれることが無くなるかもしれません。せっかく予約までしてくれたユーザの満足度を、このようなことで下げてしまっては非常にもったいないです。

そのため、予約方法を明確にすることや、例えばメール予約の場合は、返信メールがあった時点で予約完了などの細かな条件をしっかりと記載したホームページを制作しなくてはなりません。

診療時間・休診日

診療時間や予約方法は、「予約したい」や「来院したい」と思った訪問者が気になる情報になります。

診療時間を明確にできていないと、訪問者が電話予約をしようとしたときに、昼休みであったり、休診日であったために、電話に出れず、もう二度と予約したいと思ってくれないかもしれません。

せっかく予約をしたいと思ってくれた訪問者を適切に予約まで導くためにも、診療時間や休診日は正確に記載しなくてはなりません。

アクセスマップ

歯科医院さまのwebサイトは、来院してもらうことが目的となるため、アクセスマップは重要なコンテンツになります。

初めて来院される方は、御院の場所が分からないかと思いますし、また場合によっては、土地勘が無い方もいらっしゃる可能性があります。

そのため、アクセスマップを張り付けるだけではなく、最寄駅からのルートや所要時間が分かる詳しいアクセス方法の記載や駐車場がある場合は、駐車場の情報など、誰でも迷わずに来院できる詳しいアクセス方法を紹介しなくてはなりません。

新規患者を獲得するSEO

新規患者を獲得するSEO対策法

歯科医院さまのホームページが行うべきSEOの考え方についてご紹介します。

【歯医者】と【歯科医院】のどちらのSEOが良いか

現在のグーグルの仕様から言えば、歯医者と歯科医院は同義語として認識しているため、どちらか一方だけのSEOを行ったとしても、【歯医者】でも【歯科医院】でも上位に表示されるようになります。

しかし、【歯医者 大阪】と【歯科医院 大阪】は、検索結果に表示されているホームページが違うため、立ち上げ当初は、【歯医者】と【歯科医院】の両方でのSEOを実施することがお薦めです。

検索エンジンがホームページをしっかりと認識してくれるようになった後、どちらか一方のキーワードを少しずつ減らすチューニングを行うことで、リスクの少ないSEOを実施することが可能です。

【歯医者 大阪】などの地域名でのSEO

歯科医院さまの見込み客は、近隣にお住まいの方や近隣のオフィスで働いている方になるかと思います。
そのため、必ず地域名を含めたSEOが重要で、例えば大阪の歯医者さまは、【歯医者 大阪】や【ホワイトニング 大阪】などのキーワードでSEOを行わなくてはなりません。

また、地域名だけではなく、駅名でのSEOも非常に効果的です。
通勤や通学に電車などの交通機関を利用しているユーザに対して、【歯科医院 京橋】や【審美歯科 都島】などの駅名を含めたSEOを実施することで、より多くの訪問者を獲得することが可能です。

【ホワイトニング】などの診療内容でのSEO

【歯医者】や【歯科医院】でのSEOだけを行うのではなく、診療内容でのSEOも同時に行わなくてはなりません。

検索者の多くは、自分の悩みを解決する方法を探すために、検索を行っています。そのため、「歯を白くしたい」と考えているユーザの検索方法は2つあり、1つは「歯医者に行けば良いから【歯医者 大阪】」ですが、もう1つは「歯を白くしたいから【ホワイトニング 大阪】」になります。

歯科医院のホームページ制作において、各診療内容でのSEOは非常に重要で、単に【歯科医院 大阪】だけを考えてSEOを実施するのではなく、診療内容でのSEOも実施することで、多くの見込み客を獲得することが可能です。

【削らない 虫歯 治療 大阪】などのニッチワードでのSEO

【歯医者】や【歯科医院】などの業種名、大阪や京橋などの地域名、ホワイトニングや虫歯治療などの診療内容のキーワードでSEOを実施するだけでも成果を得ることはできますが、より効果的なSEOとするために、ニッチワードでの検索者を集客しなくてはなりません。

ニッチワードの検索者とは、より具体的なニーズのキーワードで、検索される回数は非常に少ないですが、成約率の高い検索ワードになります。

例えば、【削らない 虫歯 治療 大阪】などのキーワードにおいては、まさにユーザのニーズがキーワードになっており、「削らない虫歯治療をしてくれる歯医者を大阪で探しているユーザ」になります。
【歯医者 大阪】においては、「大阪の歯医者を探しているユーザ」になり、「大阪の歯医者で治療をしたい」というニーズ以外にも、「歯科医院に営業をかけたい」や「大阪のライバル歯科医院のホームページを見たい」など、さまざまなニーズのユーザが存在してしまいます。

そのため、【削らない 虫歯 治療 大阪】などのニッチワードで検索するユーザを、多く集客できるwebサイトとすることで、ホームページの成果を最大化させることが可能です。

また、これらのニッチワードでのSEOは難易度が非常に低いため、即効性のある成果向上のための対策とすることが可能です。

ユーザのためのコンテンツを作成しよう

ユーザのためのコンテンツとは

そしてホームページの成果は集客だけではなく、訪れた訪問者を成果へと誘導しなくてはなりません。

このユーザのためのコンテンツ作成はホームページの成約率だけに効果的なものではなく、被リンクの獲得にも非常に大切になっているのです。

基本的にホームページに自然にリンクが付くのは、アフィリエイターからのリンクが非常に多く、歯科医院に関係する商品を取り扱っているアフィリエイターは、SEOのために日々更新ネタを探しています。

そして、そのようなアフィリエイターが「大阪の歯医者でウェブ予約ができる歯科医院一覧」などの記事を作成した際に、御社のホームページに予約システムがあれば、御社のホームページをリンク付で紹介してくれるのです。

これは現在のSEOを考えた場合に非常に重要な施策になっており、アフィリエイターの多くは、自分が運営するホームページから商品が売れれば、利益に繋がるので、かなりSEOに力を入れてホームページを運営しております。

SEOに強いホームページからリンクをされれば当然、そのリンクの価値も高いものになっており、御社のホームページの順位に影響を与えるのです。

そのため、ユーザのためのコンテンツは、単にホームページの成約率対策だけではなく、SEO対策にとっても重要になるので、しっかりとユーザが求めているコンテンツを作成することで、ホームページの集客力と成約力を最大化させることが可能になります。

グーグルプレイスへの登録は必須

グーグルプレイスへ登録しよう

グーグルプレイスとは、例えば【歯医者 大阪】や【歯科医院 大阪】などの、【地域名 サービス名(業種名)】で検索した際に、グーグルの検索結果の上部に表示されるマップのことを言います。

【歯医者 大阪】でのグーグルプレイスの検索結果

右上にある地図と検索結果にあるA~Gまでの吹き出しが、グーグルプレイスの表示です。グーグルプレイスの検索結果は、上位表示サイトよりも検索結果の上に表示されるために、集客対策として非常に効果的なものになります。

地域名を絞ったSEOを実施しているホームページであれば、必ずグーグルプレイスの登録を行わなくてはなりません。

さらに効果的なホームページとするために

成果の出るホームページ制作

歯科医院さまのホームーページは、歯科医院や歯医者、各診療内容など、さまざまなキーワードでSEOを行わなくてはなりません。しかし、原則SEOは、1ドメイン1キーワードとなっていることや、競合他社の多さから、その全てで上位表示させることは非常に難しくなります。

そのため、まずは歯科医院や歯医者などで上位表示を目的としたホームページを制作し、その後診療内容ごとのサービスサイトを作成することで、セオリーに則った効果的なSEOが可能です。

サービスサイトを制作することは、診療内容について詳しく紹介できるため、SEOはもちろん、お問い合わせ対策としても効果的です。

弊社ではSEOサービスを提供しておりますので、ご興味がございましたら、弊社のSEO対策ページをご覧ください。

歯医者のホームページ制作の注意点

歯科医院ホームページ制作のチェックポイント

歯医者さまのホームページの場合、薬事法には細心の注意が必要です。

事例紹介の写真や広告表現が薬事法に抵触することもあるため、webサイトの原稿や画像については、念入りにチェックを行わなくてはなりません。

そのため、歯医者さまのホームページ制作においては、ホームページ制作会社に原稿作成を丸投げするのではなく、しっかりと自社内で原稿を作成していくことが重要になるので、原稿作成は必要になると理解したうえでホームページ制作会社にお問い合わせをされることがお薦めになってきます。

TOP

ホームページ制作実績