HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

ドメインはホームページ制作に必須!適切なドメイン名の決め方

ホームページ制作にドメインは必須!適切なドメイン名の決め方

ホームページを制作する前、最悪でもホームページを公開する前には、ドメインを契約しなくてはなりません。

基本的には、どのような名称でも良く、なんでも良いと言えば良いですが、しかし数点チェックポイントがあります。

今回は、当社が提案しているドメイン名を定める方法についてご紹介をいたします。

新規ホームページ制作にドメインは必須

新規ホームページ制作にドメインは必須

ホームページ制作では、ドメインは必須になっています。

通常ホームページを制作するには、ドメインとレンタルサーバーの契約が必要になります。

もちろん、レンタルサーバーではなく、自社サーバーでも問題はありません。

では、ドメインとは何になるかと言うと、住所みたいなイメージになってきます。

例えば、当サイトで言えば、sevendesign.bizになっており、ホームページのURLアドレスやメールアドレスで@以降に利用されています。

取得しない状態であれば、レンタルサーバー会社が提供したサブドメインで運用になってきます。

例えば、当社であればエックスサーバーを利用していて、(エックスサーバーID).xsrv.jpがドメイン名になっています。

上記でも問題がなさそうに感じるかもしれませんが、実はいくつか問題点が発生します。

そのため、ドメイン取得は必須になっていて、適切に取得することで、デメリットがないホームページが制作できます。

では、どんな問題点が発生するかをご紹介します。

SEOに弱い

当社ホームページ制作は、ほぼすべての企業さまで、公開後にSEOに取り組んでいただきます。

その際に、サブドメインを使っていると、実はSEOに少し弱いと言うデメリットがあります。

例えば、〇〇.xsrv.jpは、エックスサーバーに契約したすべての方が利用をしています。

そのため、さまざまなテーマが、xsrv.jp内でページ化されています。

サブドメインは、一応、別であると検索エンジンが認識する動きもありますが、しかしそれは、ホームページ制作経験で見ていると、極端に評価が高い場合のみです。

例えば、大学サイトなどでは成功している事例もありますが、上場企業でまったくテーマが異なるケースはSEOで成功したという事例は見たことがありません。

もちろん、エックスサーバーも大きな会社であるには違いませんが、しかし上場企業なども、まったくテーマが異なっていると失敗するケースが多いです。

そのため、基本的には、〇〇.xsrv.jpは、レンタルサーバー会社であれば良いかもしれませんが、一般的なホームページ制作では向いていないと思います。

URLの告知がしづらい

例えば、名刺やパンフレットなどに制作したホームページのURLアドレスを掲載するのが一般的だと思いますが、その際に、ドメイン名が、〇〇.xsrv.jpでは、かっこうが付かないと思います。

また、見た人が、なんかURLアドレスがおかしいと感じてしまい、アクセスを辞めてしまう可能性もあります。

これは非常に大きなデメリットであり、せっかくパンフレットや名刺を配布したにもかかわらず、ホームページを見てもらえないと言うのは、非常に大きなデメリットになっています。

覚えてもらいづらい

最後に、xsrv.jpを挟むことで、URLの暗記をしづらくなってしまいます。

昨今では、あまりURLバーに直接URLアドレスを入力するケースはほとんどないので、ホームページ制作時にあまり覚えやすさを意識して取得を検討されるケースはまれになりました。

ただ、ウェブマスターとしては、仮に直接入力者が少ないとしても、ホームページ制作時には、ある程度想定していく必要があります。

どのような状態で、URLを告知できるか分からず、そういった場合に、暗記した方が、直接入力する際にも、手軽でなくてはなりません。

そのためには、できる限りシンプルなドメイン名にした方が良く、xsrv.jpを挟まない方がユーザーに、URLアドレスを覚えてもらいやすくなっています。

ホームページのドメイン名の定め方

ドメイン名の定め方

では、実際にドメインを、どう定めていけば良いかをご紹介したいと思います。

ドメイン名は、非常に大切であり、一度取得したら変更は滅多にしないと思われ、ホームページ制作時に行う原稿作成前に、時間を取ってしっかりと検討するようにしましょう。

会社名やサービス名

まず会社名やサービス名を設定するのが一般的でしょう。

ドメインは、sevendesign.bizと言うように〇〇.△△になるのが一般的です。

そして、〇〇の箇所については、自由に選択ができ、制作するホームぺージのテーマで、サービスまたは会社名を入れることが一般的です。

△△については、取得する会社が提供しているものを選択する必要があり、日本にある会社であれば、jpかco.jpをおすすめします。

と言うのが、jpと言うのは日本を表しています。

そして、グーグル自体が分かりやすいURLを推奨しているのですが、やはりjpが付いている方が日本のホームページであれば重要になっています。

ただし、jpを取れば検索順位が一気に上がるというケースはないそうで、あくまでグーグル推奨になっていて、SEO施策の一つになっている程度の効果です。

こちらについては、2022 年8月18日Google ポリシー オフィスアワーのシンプルな URL 構造を維持するをご覧ください。 

覚えやすい名称

会社名やサービス名にすると言いましたが、会社名やサービス名が複雑で覚えにくい際には、少し文言を変更して覚えやすい名称にしましょう。

できればドンピシャが理想です。

ただ、どうしても、会社名やサービス名が覚えづらいという場合のみ、少しURLを変更して覚えやすくするのも大切です。

先述もしていますが、ドメイン名はURLで利用され、URLはそれほど効果はないとしても、SEO施策の1つに含まれています。

そのため、変更する際には、なるべく本来の名称に近い文言にしておくほうが良いと考えています。

また、さらには、ドメイン名を変更するケースは滅多になく、一度取得をすれば、永久的に利用する予定で取得するように気を付けましょう。

もちろん、ホームページ制作だけではなく、メールアドレスにも利用されます。

長くなりすぎない

最後に、これは絶対に気を付けて欲しいポイントで、長くなりすぎる場合は、省略した名称にしましょう。

実際に当社もsevendesignと言うのは少し長いと思い、seven-dとかなり悩みました。

ただ、designのスペルも一般的で、さらには、seven-dは覚えづらいと判断をして、しっかりと書いたほうが良いと考えました。

さらに、セブンデザインと言う社名を覚えている方で、URLアドレスを直打ちする方は、恐らくsevendesignと入力すると推測ができました。

そのため、当社では、sevendesignを採用してホームページを制作しております。

ただ、bizになっている理由は、実はjpは、スパムサイトで利用されていた過去があったようで、SEO効果を考え取得を諦め、co.jpかbizで取得を検討した結果、bizを採用しております。

co.jpも保有はしていますが、今後、社名を中心にしたSEOでコーポレートサイトを作成しようと、取得だけはしております。

ドメインはレンタルサーバーと一緒に契約

ドメインはレンタルサーバーと一緒に契約

ドメインを取得するためには、ドメイン管理会社への依頼よりも、当社では、ホームページ制作前に契約したレンタルサーバーでの管理をおすすめしています。

単純に請求元を統一することで、ドメイン費用の支払い忘れを回避する目的です。

例えば、当社が良く利用するレンタルサーバーは、エックスサーバーになっています。

ドメインは、年に1度の支払いになっていて、どうしても忘れやすく、エックスサーバーであれば、更新の1ヶ月前にメールが届きます。

さらには、サーバーも似たような期間に取得するケースが多く、ドメインとサーバーの支払いメールが、大体同時期に届くようになっています。

多くのレンタルサーバー会社では、サーバーは無料期間が2週間ほど設定されていて、この期間を調整して契約することで、ほぼ同日に請求メールが届きます。

もちろん、それよりも1円でも安く取得したいと言う場合であれば、お名前.comなど、管理会社に委託をしても良いでしょう。

ただし、支払い忘れをすると、即解約されてしまう、さらには解約期間中に他の方が取得すると、もう契約ができなくなってしまいます。

そのため、支払い忘れがない場合は、どこで契約を行っても良いですが、支払い忘れてしまいそうな場合は、レンタルサーバー会社で契約するのを推奨しています。

適切なドメイン名でホームページを制作

適切なドメイン名でホームページを制作

ドメイン取得はホームページ制作においては必須です。

また、名称などもしっかりと検討する必要があり、会社やサービス名であり、覚えやすく、告知しても格好がつくような名称で取得をしましょう。

また、〇〇.△△の△△は、日本のホームページであれば、jpまたはco.jpで取得がおすすめです。

グーグル自体も、jpが付くと日本のホームページであると認識してくれ、そこまで高い効果は見込めませんが、SEO施策になっています。

そして適切な名称のドメイン名でホームページを制作していけば、後からなんか違うから変更したいと思うことも無くなると思います。

基本的には、1度取得をしたら、半永久的に利用が一般的で、しっかりと名称を検討したうえで取得するようにしましょう。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP