大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ドメインランクとは

ドメインランク(DR)

ドメインランク(DR)という言葉をご存知でしょうか。

ドメインランクとは、ホームページ全体のSEOの強さを数値化したものになっており、もともとはグーグルがグーグルツールバーで提供をしておりました。

しかし、現在グーグルはこのドメインランクの提供を取りやめており、現在ではグーグル以外の会社が提供するドメインランクチェックツールを利用して計測することが一般的です。

ドメインランクとは

ドメインランク(DR)とは、ホームぺージのSEOの強さを示す数値になっており、このドメインランクが高ければ高いほど、トップページはもちろん、中ページでも狙ったキーワードでの上位表示が可能です。

このドメインランクは、昔はグーグルがグーグルツールバーで数値を提供してくれていたのですが、現在ではグーグルが提供を辞めてしまったため、グーグルが把握しているドメインランクを知る手段はありません

しかし、グーグルは提供を辞めてしまったのですが、SEO会社がグーグルのドメインランクに近い数値になるようにプログラムを構築し、ドメインランクチェックツールの提供を始めており、もちろんグーグルとは異なる計測数値になるので、正確なものではありませんが、しかしSEO作業の指標としては利用ができるものになっております。

パワーランクチェックツール

このドメインランクを計測できるツールは複数あるのですが、当ページをご覧の方は、初めてのドメインランクの計測だと思いますので、複数のツールを使ってドメインランクを計測するよりも1つのツールを利用した方がより良い運営が行えると思いますので、弊社がオススメする1つのドメインランクチェックツールをご紹介いたします。

そのツールとは、パワーランクチェックツールになっており、こちらのパワーランクチェックツールを利用することで、ドメインランクを計測することが可能になります。

また、パワーランクチェックツールでは、基本的には日々のドメインランクを計測を行えるものになっておりますが、ランキング表への登録を行うことで、自動的に毎週ドメインランクの計測と蓄積が行われるようになるので、わざわざ自分で計測する必要がないのも魅力の一つになっております。

そして、このドメインランクはSEOの評価軸のひとつにはなりますが、実際にドメインランクを上げても検索順位が上がらないと言うことも多々あるので、あくまでSEOのための指標の一つとして把握するのがオススメです。

ただ、このドメインランクチェックツールの数値ではなく、ドメインランク自体はグーグルに存在しているものになっているので、グーグル側のドメインランクが高いホームページは新規ページを1ページ作成するだけでも非常に高いSEO効果を得ております。

提供会社によって数値が異なる

今回ご紹介したドメインランクチェックツールはパワーランクチェックツールのみになりますが、実際にはこのドメインランクを計測する方法としては、MozBarahrefsなどでも計測することが可能です。

しかしこれらのツールを使ったドメインランクの調査をすると、それぞれの会社でドメインランクを異なる数値で表示しているため、もしすべてを利用して1週間に1度計測するとなると、そこまでの作業性ではないので大変ではありませんが、正確なデータではないドメインランクの計測に時間をかけるのは非常にもったいないものであると思われます。

そのため、基本的には、パワーランクチェックツールだけで計測することを推奨しており、こちらのツールであれば自動計測になり、さらには過去の数値も蓄積されるので、気になったときだけパワーランクチェックツールのホームぺージにアクセスし、確認するだけで良いものになっております。

もちろんすべてのデータを確認しても問題はないのですが、しかしあくまでSEOの参考指標程度にしかならない数値になっているので、弊社ではパワーランクチェックツールだけで十分であると判断をしております。

ドメインランクの上げ方

では実際にこのパワーランクチェックツールやその他のツールで示されているドメインランクを上げるにはどのような対策を行う必要があるのでしょうか。

現在弊社のホームページはパワーランクチェックツールによるとドメインランクが48になっておりますので、実際に0から48まで上げた対策法をご紹介いたします。

被リンク

被リンク対策を行うことで、ドメインランクを向上させることが可能です。

ただし、ドメインランクを上げるにはトップページだけではなく、下層ページにも被リンクが必要になることや、さらには被リンク元のホームぺージのSEO評価が多少高くなくては意味がありません。

そしてこの被リンク元のホームぺージのSEO評価という観点から、オススメになるのが無料ブログになっており、無料ブログを利用することで、しっかりと原稿作成を行って、そのページから被リンクを行えば、必ずドメインランクは向上いたします。

新規ページ作成

次にホームぺージ内にSEOとして質の高いページを作成することで、ドメインランクを向上させることが可能です。

この新規ページの作成は本当に大変ではありますが、ある程度のボリュームを作成するとある日突然ドメインランクが高まるようになっております。

実際に弊社のホームページでも、もともとはパワーランクチェックツールで1桁だったドメインランクが、被リンクを一切行わずに新規ページ作成を行い続けることで、10を超えたのを覚えております。

ただそのためには、1記事や10記事作成したのではなく、50記事は作成したと思いますので、ある程度のページ数が無ければドメインランクは上がらないと理解をして新規ページ作成を行う必要があります。

ページの整理

どのようにして、ドメインランクを算出しているかは分かりませんが、実は似たようなページがある場合は統合したり、自社のホームページとしてふさわしくないページがある場合は削除することでもドメインランクは向上いたします。

また、さらにはページのリライトを行い、よりユーザーのための質が高いページへと改定することもドメインランクを高めることができ、実際に弊社のお客さまでは最初に300記事を作成して、それから半年リライト作業を実施するだけで弊社よりも高いドメインランクとなっております。

そのため、基本的にはリライトやページの統合、削除もドメインランク向上のための対策になっており、この3つの作業も新規ページ作成と合わせて行うことで、高いドメインランクのホームページとすることが可能になっております。

もちろん下がることもある

要因は定かではありませんが、ホームページをしばらく放置していると稀に5前後ドメインランクが落ちるときがあります。

このドメインランクが落ちるタイミングとしては、基本的には新規ページ作成も被リンク対策、リライト作業などを行っていないときに発生するものになっていて、ホームぺージの更新が一切されていないと恐らくドメインランクは落ちるように思われます。

そのため、ドメインランクを意識されている方は、最低でも1週間に1度は更新作業を行った方が良く、この更新作業はドメインランクを見ながら調整し、どれくらいの頻度で更新をすればドメインランクに影響がないのかを把握することで、ドメインランクを落とさない効率の良いWeb運営が可能になっております。

こだわり過ぎは良くない

上記のパワーランクチェックツールであれば株式会社アクセスジャパンさまが提供しているツールであるように、グーグルが提供しているツールではありません。

そのため、ドメインランクが上がった下がったよりも、実際に狙ったキーワードでの実際の検索順位の方が重要になっており、あくまでドメインランクは検索順位を向上させるための指標の一つになっております。

このパワーランクチェックツールをお客さまにご紹介すると、ドメインランクにこだわられることがございますが、このドメインランクの数値はグーグルが提供しておらず、あくまでアバウトな指標であると理解をして計測していくことが重要になります。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績