大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

SEOでやってはいけないこと

やってはいけないSEO

今回ご紹介するのは、2021年7月段階で言えば、ブラックハットSEOではありませんが、SEOとしては辞めた方が良いかもしれない対策になっております。

そのため、必ず辞めた方が良いと言い切れるものではなく、新規Web制作やリニューアル、あるいはSEOのための改定を行う際には、今回ご紹介する「SEOで行ってはいけないこと」を参考に改善していただければと思います。

行ってはいけないSEOの扱い方

今回ご紹介する「SEOで行ってはいけないこと」は、一般的に言われるブラックハットSEOには含まれておりません。

そのため、絶対に辞めたほうが良いと言い切れるものではなく、できれば辞めたほうが良い、あるいは改定の際には、「SEOで行ってはいけないこと」を参考に改善して様子を見るというような扱いになる対策になっております。

そのため、順位を上げるための対策にもかかわらず、グーグルの評価次第では下がる可能性もあるため、当記事を参考にSEOを行われる際には、少しずつ行い、様子を見て下がるようであれば元の状態に戻すようにお願いいたします。

トップページのグーグルマップの埋め込み

2021年7月段階ではトップページにグーグルマップを埋め込まれる会社さまは非常に少なくなったように思います。

このグーグルマップの読み込みは、実はグーグルが提供するホームページ診断ツール「PageSpeed Insights」で不要なJavaScriptとしてグーグル側のドメインに設置されたJavaScriptが表示されるものになっております。

実際に弊社もトップページにグーグルマップを埋め込んでいたのですが、PageSpeed Insightsでエラーとして表示されており、スマートフォン閲覧時の点数を下げる結果となっておりましたので、SEOのためにグーグルマップを削除し、社屋の写真を掲載いたしました。

もともとはスマートフォンの点数が60点前後だったのが、グーグルマップを削除することで70点まで高めることができました。

ちなみにですが、70点まで高めたSEO効果はほぼありませんでしたが、60点よりも70点の方がグーグルにとって巡回しやすいホームページになる、さらには訪問者にとって、トップページでグーグルマップを見る必要がないので、ユーザビリティーとしても成果を向上できる対策になったと思います。

重複コンテンツ

次に、重複コンテンツを量産することは行ってはなりません。

この重複コンテンツは、現在のグーグルが非常に厳しく判断していると思われ、Web制作や運営、SEOを行う際には、重複コンテンツとSEOを理解していくことは本当に大切です。

この重複コンテンツとは、同じ原稿が記載された複数のページのことを言い、例えば、スタッフブログにおいては、記事一覧ページに記事詳細ページへのリンクが設置されているだけになるのですが、そのときにそれぞれの記事詳細ページの本文の上部を記事一覧ページに表示することがあります。

実はこれも重複コンテンツになってしまい、グーグルの判断次第にはなりますが、最悪のケースでは本来あるべき検索順位よりも低く表示されていることがあります。

このように一覧ページにおいては、非常に重複コンテンツが生まれやすいものになっているので、新規Web制作やホームページリニューアル時には意識して重複コンテンツ対策を行わなくてはなりません。

ちなみに、意図せず重複コンテンツが生まれている場合では、よほど間違えたSEOを行っていない限りは、グーグルは重複が発生しても仕方がないと理解してくれているので、毎月のSEOチューニングの中ではこれらを行う必要はなく、ホームページリニューアルなどの大きな改定の際に行うのが良いでしょう。

ただし、現在Web制作やSEOで有名なブログなどを見ると、この一覧ページは重複が発生しないように制作されていることが多くあるので、対策としては必須になると思います。

Web運営での闇雲なページ作成

SEOにおいて、新規ページの作成を行うことは、非常に大切な要素になっております。

ただし、このページ作成を闇雲の行っては絶対にならず、SEOで成功しているホームページは非常にしっかりとした原稿を作成しております。

そして、このしっかりとした原稿と言うのが、何を指すかは不明ですが、弊社のこれまでのSEO経験からは「コンテンツごとに最適な文字数」と「重複コンテンツがない」、「正しい文法」ではないかと思っております。

よくある間違いとしてですが、グーグルは日本語を完璧に認識しているという方が稀にいますが、現在グーグルはこの日本語を完璧に認識するために、MUMの実装など、さまざまな対策を行っております。

そのため、現在のグーグルは日本語を完璧には認識できていないのですが、しかし分かりやすいところ、すなわちAIの認識については不明ですが、プログラムで認識できそうなポイントとしては、「コンテンツごとに最適な文字数」と「重複コンテンツがない」、「正しい文法」になってくると思います。

実際に弊社がいくつかのキーワードで検索をして、ブログ運営を行っている30位までのホームページを確認したときに、適切な文字数で重複コンテンツがほぼない、正しい文法を使っているホームページが上位表示をしているように思われます。

逆に、スタッフブログなのに、文字数が多かったり少なかったり、重複コンテンツが複数あったり、主に助詞の使い方が多いイメージですが少し文法が間違えているホームページは、どんなに記事数が多くても順位が低いイメージがありました。

ただ、SEO会社さまのように大量のキーワードで、大量のホームページの調査を行ったわけではありませんので、正確には分かりませんが、現段階で弊社が感じるのはこの3点になるため、Web運営を行う際には適切なページ作成を行うようにしましょう。

リライトをしない

これは弊社の事例ですが、ホームページのスタッフブログの定期的なリライトは本当に重要だと実感しております。

というのが実は弊社のホームページは2021年6月3日のグーグルコアアップデートに被弾したのですが、当初は全体的に検索順位を7位あるいは8位程度落とす結果になりました。

そして6月5日頃から弊社のリライト作業が始まったのですが、当初はアクセス数が40%減だったと思いますが、それから10日後くらいには30%戻し、コアアップデートに被弾したのは10%という状態になりました。

もちろん、トップページの検索順位は、7月のアップデートでも少し被弾しているため、現在で言えばコアアップデート前と比較すると平均で11位ほど落ちているのですが、ただニッチな検索キーワードでの訪問者数が増えたため、実は検索順位は確かに落ちてしまっておりますが、検索からの訪問者数の獲得してはそれほど影響がないものになっております。

このリカバリーができたのは、おそらくリライトの効果であると実感しており、SEOであれば必ずリライト作業などもスケジュールに含めていくことが重要になります。

意図せずマイナス評価を受けない

SEOは、200を超えるアルゴリズムから判断されていると言われております。

そのため、まともにWeb運営を行っていたとしても、SEOでダメな対策をしっかりと判断し、その対策を避けることが重要になっております。

そして基本的にはユーザのためにホームページの質を高めることが大切になっていて、そのための対策を行う時に、行ってはならないSEOを把握することで、よりグーグルから評価の高いWeb運営になるのです。

実際に弊社のWeb制作では、ほぼすべての会社さまにSEOをご提案しており、もちろん成果の出る会社さまと成果の出ない会社さまはいらっしゃりますが、しかし成果が出ない会社さまにおいても、SEOチューニングを継続して行うことで、成果を出すことに成功いたしております。

現在のSEOは、Web制作当初にしっかりと対策を行っただけでは、成功させることは、もちろん0ではありませんが、非常に難しいものになっているので、Web運営の中でSEOを育てていただくこと、そしてそのWeb運営の中で効率の良いSEOとするためにも、上記の行ってはいけないSEO施策を参考に、正しいSEOを実施してみてはいかがでしょうか。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績