HP作成会社 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

E-A-Tとは?ホームページ制作のSEOに効果的

E-A-Tを意識したホームページ制作でSEO効果を出す

ホームページ制作後にSEOに取り組まれている企業はE-A-Tを聞いた経験があると思います。

E-A-Tとは、以下で詳しくご紹介をしますが、簡単に言うと、そのホームページの専門と権威、信頼を示す指標になっていて、数値データとしては把握ができません。

ただ、E-A-Tを高める努力は、制作したホームページでSEO効果や成果を出すには必須になっていて、しっかりと概要でも良いので、把握する必要があります。

E-A-Tとは

E-A-Tとは、専門的と権威的、信頼的を指しています。

ただし、残念ながら数値データとしては把握ができないものになっていて、どういった対策を行えば、最適化されるかは不明です。

しかし、E-A-Tが高いホームページを制作したり、サイト運営で高める活動は非常に大切で、主にSEO効果を飛躍的に高めれます。

従来はSEOと言うと、グーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングが好むホームページを制作し、サイト運営を行う対策が重要でした。

しかし、現在では、テクニカルな要素よりも、実はE-A-Tをベースに考える方が成果を出せます。

では、実際にE-A-Tという言葉がどんな内容になっているかをご紹介します。

E-A-Tとは、専門(Expertise)と権威(Authoritativeness)、信頼(Trustworthiness)の頭文字を取った略語になっています。

専門性(Expertise)

ホームページ制作後の集客でSEOを選択された方であればご存知だと思います。

検索エンジンは、複数のテーマすなわち雑記よりも特化されたホームページを好む傾向があります。

例えば、当社で言えば、ホームページ制作とSEOが中心になっています。

ただ、ここで言う専門性はテーマが1つがベストになっています。

そのため、当社はWebサイト制作会社になり、理想はホームページ制作1つのテーマが良いでしょう。

ただ、実際にホームページを公開するだけでは、クライアントが魅力に感じてくれず、実はご発注をいただくのが難しくなってきます。

そのため、当社では、E-A-Tは意識しますが、2つのテーマを持って当サイトを運用しています。

必ず成果が欲しいとお考えであれば、できる限り絞り込んだほうが効率的ですので、必ずワンテーマでホームページを制作しましょう。

また、Webサイト制作会社が作ったウェブページだけでは専門性は足りません。

基本は日々サイト運営を行い、しっかりとウェブページ数を高めれば、ライバルになる同業他社よりも専門性が高まっていきます。

権威性(Authoritativeness)

権威性とは、例えば当社が発言をするよりも大手Webサイト制作会社が発言したほうが、ユーザーは納得してくれます。

これが権威性です。

誰が情報発信を行っていて、その方はその業界でどういった活動をして、どんな成果を出しているかが重要です。

この権威性については、実は新設法人やこれまで積極的に広報活動を行ってこなかった企業では、かなり難易度が高くなっています。

ただ、権威性が低かったとしても、検索エンジンはE-A-T自体は直接的なSEOに影響を与えるアルゴリズムはないと発言をしています。

ここで大切なのは、直接的なになっています。

そのため、現在はE-A-Tや権威性が低い企業であっても、権威性を高めるにも、しっかりと対策を行い続ける方が良いでしょう。

信頼性(Trustworthiness)

信頼性とは、権威性とも似た指標ではありますが、本当に制作されたホームページが信頼できるかです。

ただ、権威性と違う点は、ホームページ側で設置するコンテンツであると当社では考えています。

例えば、ある商品を販売している企業であれば、各商品ごとに口コミを掲載するなどをして、ユーザーが買いやすい仕組みを構築しなくてはなりません。

さらには、露出も大切です。

しっかりと商品を取り扱っている楽天やアマゾンなどに御社情報を打ち出せば、アマゾンや楽天にも情報が掲載されている企業と認識して信頼性が高まります。

この信頼性も権威性や専門性と同様に、ホームページを制作して、いきなり信頼性が高いというケースは稀です。

日々、運営や運用をしっかりと行い少しずつ高めることができると当社では考えています。

E-A-Tを高めるホームページ制作指針

ホームページ制作において、E-A-Tを踏まえて企画立ては非常に大切です。

実際に当社がどうE-A-Tに最適化されるホームページを制作しているかをご紹介したいと思います。

関連性を高める

関連性を高めるには、ホームページ制作時に、どのテーマに定めるかを明確にしましょう。

もちろん当社みたいに複数のテーマを持っていたとしても問題はありません。

テーマを明確に定めることによって、全体で、テーマになる単語あるいは、共起語を利でき、高いSEO効果を得れます。

もちろん、SEO効果だけではありません。

闇雲はいけませんが、しかし、しっかりと原稿作成を行っていれば、ユーザーの読解しやすさに繋がります。

ただし、複数テーマがある場合はその分、更新作業量が2倍になると理解をしなくてはなりません。

基本的には関連性を高めるには、ウェブページ数が重要になってきます。

このウェブページ数を増やすのは、テーマごとにライバルよりも多く情報量を掲載していく必要があります。

そのため、テーマ数に応じて、御社サイト更新業務量が増えていくと理解をして、ホームページ制作から運営までを実施しなくてはなりません。

引用元や参照元を明確に

記事を書く際には、必ず引用元や参照元がある場合は、発リンクを行いましょう。

当社は、SEO業者ではありませんので、調査数が圧倒的に少ないですが、実はページ個々の関連性を高めるには引用や参照へと発リンクが非常に大きなメリットになっています。

例えば、SEOに強いホームページ制作法といった記事を作成するとします。

その時に、自社の考え方をしっかりと打ち出すのはもちろんですが、SEOに強いWebサイト制作会社の紹介も併せて行えば関連性を飛躍的に高めれます。

実際にこの効果は、実績企業や当サイトで見ると相当高いと思います。

もちろんそれ以外にも書いている文章の根拠になるウェブページがあればそこに発リンクを行えば、その箇所の関連性が高まります。

発リンクはSEOとしてマイナスと考えられる企業ウェブマスターも多いですが、現在ではマイナスではなくプラス要素となっています。

執筆者を明確にする

ブログを見て、この情報は、誰が書いたのかと思った経験はないでしょうか。

地味に大切な要素であり、どんな経歴を持ち、何に取り組んできたウェブマスターが記載した情報化をしっかりと打ち出しましょう。

そうすることで、訪問者はどんな考えで書かれているかを知れ、理解度を飛躍的に高めれます。

ユーザーの理解度を高めることは非常に大切です。

昨今は流行りではありますが、上場企業や大手企業であれば短文ページを作成するケースがありますが、中小企業では各ページの情報量が豊富になっています。

上場企業や大企業やE-A-Tが高いや被リンクが集まりやすい、さらにはウェブマスターが複数人いて、新規ページ作成とリライト数が多く、短文でも良いでしょう。

ただ、中小企業は一般的に、営業や事務、経理などと兼任であるケースがほとんどです。

そのため、ランキングを高めるには、ある程度文章量が必要になり、ユーザーからすればせっかく記事を読んだけど意味がないというケースも発生します。

そうならないためにも執筆者情報をしっかりと打ち出せば、ユーザーが間違えて長い文章を読む作業を回避でき、E-A-Tが高まるという訳です。

定期更新

定期的に更新業務を行うのは非常に大切です。

定期更新は、関連性を高めたり、さらにはユーザーが生きたホームページであると認識できます。

当社では、ホームページを制作後に、スケジュールをお伝えしていて多くが日に1ページ作成になっています。

かなり面倒くさく大変な作業ではありますが、SEO効果を出すには必須で、ソーシャルメディアからの流入や成約数を伸ばすにも必要であり、定期更新を意識しましょう。

ちなみに、当社ではこの定期更新にスケジューリングを行っています。

成果を出している企業は、スケジュールをしっかりと守ってサイト運営を日々頑張っています。

良質な被リンク

昨今SEOでは被リンク効果がかなり弱まったというよりも、かなり厳しい目で検索エンジンに被リンクをチェックされています。

そして、少しでもおかしいあるいは低品質だと認識されると、すべてが無効化されます。

そのため、そこまで気にしなくても良いですが、できればナチュラルリンクを意識した記事作成を行いましょう。

ナチュラルリンクであれば、実は御社作業はほぼ0です。

そのため、無効化されたとしても、御社に損害がありません。

このナチュラルリンク獲得には、記事を作成する際に、どんな記事を書けば、獲得できるかを考えるのが大切です。

当社がよくクライアントへ提案するのは、アフィリエイターをターゲットに記事を書くことです。

アフィリエイターは、確かに商品を購入してくれる確率は低いと言えますが、被リンク獲得確率は非常に高くなっています。

もちろん獲得確率が高いと言っても、100%や50%と言うのではなく、1%未満にはなっています。

ただ、0よりもあったほうがよく、さらにはそれほど作業量は増えず、記事を作成する際には、必ずナチュラルリンクを意識しましょう。

そして、制作したホームページ全体でナチュラルリンクがあれば、検索エンジンからリンクを獲得できるほど信頼ができると考えられE-A-Tが高まり、SEO効果が向上します。

特に大学などから被リンクを得ることが大切であり、確かに狙って獲得できるものではありませんが、リンクがしてもらえ安い記事を書くようにしましょう。

ユーザー目線のホームページ

上記内容のまとめのような内容です。

結局のところ、上記でご紹介するのは少しテクニック的な内容になっています。

そしてこれらをまとめると、制作したホームページに訪れたユーザーが本当に魅力的であり、さらには情報が見やすく分かりやすく、役立つものである必要があります。

そのためには、ウェブデザインはもちろんですが、構成や原稿、画像などが非常に大切になってきます。

すべてのウェブページが本当にユーザー目線で作り込まれたコンテンツとなることで、E-A-Tは最大化され、期待以上に効果を発揮できると思います。

このユーザー目線と一言で言っても、どんなコンテンツであればユーザー目線かと言うのは分からないと思います。

実際に決まった作り方はありません。

ただし、まったく手がないという訳ではなく、まずウェブページを作成する前に、個々のウェブページで固有のSEOキーワードを定めましょう。

そしてそのキーワードで検索した人が、そのウェブページを入口に訪問したときに、本当に満足ができる情報公開を心がけましょう。

例えば、【成果 ホームページ制作】というSEOキーワードで上位表示を狙うウェブページを作成するとします。

タイトルは「成果が出るホームページ制作法」などになってきます。

そして、成果が出るホームページ制作法と言うページでは、ホームページ制作時に成果を出すための対策法が網羅され、注意点を記載するのがベストでしょう。

また、できれば事例などもあると分かりやすく、事例を紹介する際には、そのホームページへとリンクも送ります。

このように作成されたウェブページであれば本当に訪問者目線であると言え、検索エンジンも高く評価してくれます。

そして、そのように作成されたウェブページ数が多ければ多いほどE-A-Tに最適化されていくという訳です。

これら作業は本当に難しいですが、スケジュールを立てて毎日しっかりと更新を行うことにより、高い成果を出せます。

E-A-Tを高めるホームページ制作企画

このE-A-Tにおいては、ホームページ制作時の企画と設計、調査段階から検討する必要があります。

さらには、公開するだけで最適化されるものではなく、日々、運営や運用を継続し続けることによって、成果を出せます。

グーグル自体の発言では、E-A-Tに関する直接的なランキング決定のアルゴリズムは存在していないそうです。

さらには、目に見える数値データとしては収集ができず、どうすれば効果を発揮するかは不明です。

ただ、上記でご紹介した対策法を実施すれば、必ずE-A-Tが高まります。

そして、E-A-Tは短期で検索順位が上がるものではないですが、例えば、年単位で見たときには大きくランキングが変わってくる対策になっています。

そのため、対策を行うというよりも、ホームページ制作の企画段階で、E-A-Tを検討すれば、そしてもちろん更新時にも意識するのがベストでしょう。

そして、特に対策を行う訳ではなく、ホームページの方向性として捉えれば、必ず少しずつ向上していき、中長期で見たときに効果を発揮できます。

E-A-Tは、単にSEO施策ではなく、成約率向上にも非常に大きな影響を与え、必ず意識を持ちましょう。

E-A-Tに関するよくある質問と回答

E-A-Tに関するよくある質問と回答をご紹介します。

SEO作業中ですがE-A-Tは必要ですか?

ホームページ制作時にはE-A-Tを意識しておらず、サイト運営の中でE-A-Tを意識し始めても効果を出せるかと言うご質問です。

これについては、ぜひとも取り組むべきと言えます。

もちろん、意識する前と後では、原稿作成の質は変わってくると思います。

そのため、もちろん意識する前のウェブページにはリライトが必要です。

ただ、急ぎリライトをする必要がなく、例えば1年や2年をかけてリライトをしていけばいいでしょう。

E-A-Tを高めても即効性はなく、じっくりと時間をかけて取り組む対策になっています。

ホームページ制作時にE-A-Tを意識しないと成果が出ませんか?

決してそのようなことはありません。

実際に弊社実績で見ても、クライアントの中には、まったく知らないけれども検索順位が高く、検索結果から多くの見込み顧客を集客できているケースも多くあります。

ただし、例えばツイッターやフェイスブック、インスタグラム、リンクトイン、グーグルビジネスプロフィールなどソーシャルメディア運用でも効果を発揮します。

もちろん、SEOは長期目線が必要ですし、ソーシャルメディアも同様です。

そのため、取り組まなくてもSEOであれば成果を出せますが、ソーシャルメディアはフォロワー数獲得が難しいです。

そして、SEOでは短期では成果が出せないと理解をして取り組めば、より多くの見込み顧客を集客できます。

何か決まった対策法はありますか?

E-A-Tを高める決まった対策法はありません。

ただ言えるとすれば、ユーザー目線になるウェブページ数が多いことがまず第一に大切です。

そして、本当に価値が高い被リンクが多いことが大切です。

例えば、大学サイトや国が運用するホームページ、組合や協会などから、本当に価値が高いものをしっかりと集めましょう。

また、できれば自分で登録作業を行うのではなく、ナチュラルリンクがベストです。

自然に集まったほうがより効果を発揮でき、必ず期待以上の成果を出せます。

YMYLって何?

E-A-Tについて学んでいると、似た言葉になるYMYLという単語を見る機会があります。

YMYLとE-A-Tはまったく別ものになります。

YMYLはこちらのページでご確認ください。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP