大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

サービス
2015/6/23

メールフォームを最適化するEFOサービス

ホームページの成果向上対策として、最も手早く即効性のある対策が、お問い合わせフォームや資料請求フォームなどのメールフォームの改善になります。

多くの企業様では、ウェブサイトを制作する際に、メールフォームを他のコンテンツと同様に、訪問者目線で検討されることはあまりありませんが、メールフォームを訪問者に最適化しなくては、せっかくお問い合わせページまで訪れてくれた訪問者を追い返してしまう可能性があります。

そのため、他のコンテンツと同様に、メールフォームもしっかりと訪問者目線で構築する必要があり、訪問者が本当に扱いやすいメールフォームへと改善する対策のことを「Entry Form Optimization(EFO)」と言います。

今回は、ホームページの成果向上対策として、訪問者目線のメールフォームを構築する際のポイントと、弊社のEFOサービスをご紹介します。

このような企業様にお勧めです

・HPで成果が出ない
・即効性のある成約対策を実施したい
・低予算で成約対策を実施したい
・メールフォームに問題点があるかを知りたい

メールフォーム改善の重要性

ホームページの成果向上対策として多くの企業様が実施されている対策は、「新規ページを作成することで、検索エンジンや他の媒体から多くの見込み客を集客すること」、「新規コンテンツを作成し、新たなニーズの訪問者にお問い合わせを行ってもらうことができるようにすること」、「webサイト内部を訪問者に対して最適化することで、より多くの訪問者にお問い合わせを行ってもらうこと」かと思います。

webサイト成果向上対策として、最も重要な対策は上記3点になりますが、それだけではウェブサイトの成果を最大化することができず、さらに「お問い合わせを行いたいと思った訪問者に対して、確実にお問い合わせを行ってもらうための対策」が必要になります。

お問い合わせフォームの最適化の重要性

例えば、大阪でホームページ制作会社を探しているユーザがいた場合に、ウェブサイト作成会社の多くが、SEOであったりユーザビリティ対策についての情報を掲載しているため、HPを見ただけでは、どのweb制作会社が良いかをはっきりと知ることはできません。

そのため、複数社にお問い合わせを行うことになるかと思いますが、もしお問い合わせフォームが訪問者にとって扱いづらく、ストレスを感じるものであれば、その訪問者はそのウェブサイトでお問い合わせを行ってくれることはありません。

せっかくお問い合わせを行ってもらえる訪問者であったにも関わらず、これでは非常にもったいないウェブサイトになってしまいます。

そうならないためにも、メールフォームは必ず訪問者の扱いやすさを十分に検討し、作成しなくてはならず、訪問者目線のメールフォームを構築することで、webサイトの成果を最大化させることが可能になります。

まずは現状分析を行う

メールフォームを改善する前に、まずはアクセス解析を導入し、現状のメールフォームの問題点を見つけなくてはなりません。

もちろん、一般的に定型化されている対策法があるため、それらに則って改善することも重要ですが、せっかくメールフォームをリニューアルするのであれば、アクセス解析が示す数値データからメールフォームが抱える問題点を明確にしてから行うほうが、より効果的な改善を実施することが可能になります。

例えば、メールフォームページの出口回数が多く、滞在時間が長い場合であれば、「訪問者は御社のお問い合わせフォームの必須項目が多くて、入力するのが面倒になった」か、あるいは「項目名が分かりづらいため、訪問者が迷っている」可能性があります。

このようにアクセス解析が示す数値データを確認することで、どのような問題を抱えているかを知ることができるため、単に定型化された改善法を実施するよりも、より効果的なメールフォームのリニューアルを実施することが可能です。

具体的な対策法

一般的にEFOで定型化されている対策法をご紹介します。

入力項目数を減らす

入力項目があまりに多いと、それだけで訪問者は、お問い合わせをするのが面倒に感じてしまいます。

多くの方が、必須にしなければ良いと考えてしまいがちですが、訪問者はどれくらい情報を入力しなくてはならないかを直観的に判断しているため、必須であるかどうかに関わらず、項目数が多いとお問い合わせを行う意欲を失ってしまうこともあります。

もちろん項目数を減らすために、必要な項目を削除する必要はありませんが、一つ一つの項目が本当に必要かどうかの確認を行い、できる限り項目数を減らすようにしなくてはなりません。

リセットボタンをつけない

一昔前のエントリーフォームでは、エントリーフォームの送信ボタンの左側にリセットボタンを配置させることが一般的でした。

しかし、このボタンは誤って押してしまうことが多くあり、誤ってリセットボタンを押してしまった訪問者は、せっかく入力した内容がすべて消えてしまうため、再入力をしてまで、御社にお問い合わせをしてくれることはほとんどありません。

そのため、エントリーフォームでは入力内容をすべて削除する「リセットボタン」を付けずに、送信ボタンだけを配置するようにしなくてはなりません。

必須項目の見せ方

必須項目については、必ず必須であることが分かりやすいものにしなくてはなりません。

「※」を使って必須であることを表現しているエントリーフォームがまだまだ多くありますが、※マークでは、訪問者が見落としてしまうことも多くあるため、できる限り目立つ必須マークを表示させることが重要です。

エラー項目の下にエラーを表示

入力ミスがあった場合に、エラーを表示させなくてはなりませんが、このエラーの表示は入力エラー箇所に表示させるようにしなくてはなりません。

多くあるのが入力ミスをページの上部にまとめて表示させるパターンが多いですが、エラー数が1つであれば問題ありませんが、多くのエラーがあった場合、訪問者はどの項目がエラーであるかが分からなくなってしまいます。

そのため、エラー表示については、必ず該当箇所ごとに表示されるようにし、訪問者が一目でどの項目でどのように間違えているのかが分かるようにしなくてはなりません。

入力形式の自由度

例えば、住所などを入力する際に、全角入力であっても半角入力であっても、どちらでも問題なく送信できるようにしなくてはなりません。

特にスマートフォンユーザやタブレットユーザが増えてきているため、全角・半角入力の制限をつけてしまうと、多くのユーザがスムーズにお問い合わせを行えないエントリーフォームになってしまいます。

そのため、PCだけではなく、スマートフォンユーザやタブレットユーザのことも考え、可能な限りエラーを出さないようなエントリーフォームを検討し、構築していくことが重要になります。

住所は自動入力

今や多くのエントリーフォームが一般的に活用していますが、郵便番号を入力したら自動で住所が出力されるようすることも重要です。

特に、住所が必須項目であった場合にスマートフォンユーザやタブレットユーザであれば、文字を打つのが非常に手間に感じてしまうため、PCだけではなく、スマートフォンやタブレットであっても、住所が自動入力されるようにしなくてはなりません。

EFOサービスの内容

弊社のEFOサービスでは、アクセス解析の数値データを活用し、エントリーフォームにどのような問題点があるかを明確にしてから実施するEFOサービスになります。

そのため、定型化された対策のみを実施するEFOサービスと比べ、訪問者の操作性を飛躍的に向上させることが可能です。

お問い合わせフォームや資料請求フォームなどのメールフォームのリニューアルをご検討や、即効性のあるホームページの改善をご検討の企業様は、お気軽にお問い合わせください。

御社にとって最良のご提案をします。

このページのトップへ