HP作成やサイト運営なら 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルサーチコンソールによくある間違えたエラーメール

グーグルサーチコンソールによくある間違えたエラーメール

ホームページを制作したら、グーグルサーチコンソール導入は一般的になってきました。

しかし、グーグルサーチコンソールは、エラーが多発するとメールが届きますが、間違えたエラーでメールが届くケースが本当に多いです。

実際に当社がホームページ制作を行った企業さまからいただいた内容で、よくある間違えたエラーをご紹介したいと思います。

グーグルサーチコンソールが示すホームページの間違えたエラーとは

グーグルサーチコンソールが示すホームページの間違えたエラーとは

ホームページを制作したら、一般的にはグーグルサーチコンソールを導入します。

グーグルサーチコンソール導入目的はSEOになっていて、実は導入時に設定したメールアドレスに、おかしな動きやエラーがあるとメールが届きます。

この通知は、非常に便利であり、もちろんWebサイト制作会社はエラーが発生しないようにホームページを作っていますが、意図しないケースもあります。

その時に、企業ウェブマスターさまとWebサイト制作会社にメールが届けば、すぐに改善策を講じることができ、SEOに最適化できるホームページへと成長します。

しかし、実はグーグルサーチコンソールは、間違えたエラーをメールで送信してくるケースもあります。

間違えた内容については、以下でご紹介しますが、このエラーの度に、何か問題があるのではないかと対策を検討していると、本当に精神的にも肉体的にも、きつくなってきます。

当社の経験で言えば、基本的にはグーグルサーチコンソールでエラーを出さないホームページを制作していて、放置していれば、ある日突然改善される内容も多いです。

もちろん、クロール済み - インデックス未登録や検出 - インデックス未登録などについては、放置していても改善されませんが、間違えたエラーでよくあるものは改善されています。

では、実際にどんなエラーがよくある間違いになっているかをご紹介いたします。

よく耳にするグーグルサーチコンソールの間違えたエラー

よく耳にするグーグルサーチコンソールの間違えたエラー

具体的に、グーグルサーチコンソールから届くメールで、どんな間違えたエラーがあるかをご紹介します。

ここでご紹介する内容は、当社がホームページを制作した企業や、当社サイトでよくある間違いになっています。

そのため、もしかしたら他にも多くあるかもしれませんが、現状では当社では把握しておりません。

モバイルユーザビリティ

実績になる企業サイトや当社サイトで、もっとも頻繁にあるのが、モバイルユーザビリティの問題をメールで送信するパターンです。

昨今のホームページ制作は、レスポンシブWebでサイン作成が一般的になっていて、モバイルユーザビリティの問題は基本的には発生しません。

ただ、メールで来ると、結構お客さまからは、「グーグルからこういうメールが来たんだけど」と言われます。

当社ホームページ制作では、基本的にはこれはグーグル側のミスであり、放置していても時間が経過すれば勝手に問題が解消されると説明をしています。

もしどうしても、気になると言う場合は、グーグルが提供するモバイルフレンドリーテストを行いましょう。

こちらのツールは、グーグルサーチコンソールのモバイルユーザビリティと同じで、そのホームページやウェブページがモバイル対応になっているかをチェックできるツールです。

これまでの経験上で言えば、グーグルサーチコンソールは、よく間違えたエラーを吐き出しますが、モバイルフレンドリーテストは正しい計測が可能になっています。

これはグーグル側の判断を行う方法が異なっていて、モバイルユーザビリティについては、グーグルサーチコンソールは当てになりません。

そのため、基本的には、モバイルユーザビリティのエラーメールは無視しても良いですが、気になる方だけ、モバイルフレンドリーテストを行うと良いでしょう。

そして最後に、当社だけではなく、他のWebサイト制作会社もホームページを作る際には、レスポンシブWebデザイン作成は当たり前になっています。

そのため、Webサイト制作会社を利用している場合は、全般的に問題がなく、自分でホームページを作った場合のみ意識してチェックしましょう。

インデックス不具合

まれに、noindexに設定したページ数が多い場合に、インデックス不具合のメールが届きます。

これも、当社経験では、無視しても良いメールになっています。

実績の企業さまに、初めて、インデックス不具合に関するメールが来たときは、あれこれ調査をしましたが、時間とともにエラーは解消されメールは止まりました。

そちらの会社さまでは、noindexに該当するウェブページ数が多いという特徴があり、基本的には当初の設計通りにnoindex設定を行っていました。

ただ、noindexが多いとどうしても発生してしまいますが、もしインデックスの不具合が発生しているとメールが来たら、一応Webサイト制作会社やSEO業者に相談しましょう。

多くの場合は無視していても問題が発生しませんが、相談した結果、改善が必要な場合は適切に改善すると、そのメールが再度来ることはありません。

インデックスの不具合は、あまり見られないケースではありますが、ホームページ制作時にnoindex対象になるウェブページ数が多い場合は注意が必要です。

このインデックスの不具合を発生させないように、ホームページ制作時からnoindex設定が必要なページは作成しないが特効薬です。

実際に、現在当社で作るケースでは、noindexにするくらいなら、そのウェブページ自体を作りません。

そうすることで、こんな問題も発生しませんし、さらにはグーグルやヤフージャパン、マイクロソフトビングなどの主要な検索エンジンから評価を最大化できると考えています。

グーグルサーチコンソールの間違えたエラーを把握

グーグルサーチコンソールの間違えたエラーを把握

当社が、実際に把握しているメールは、上記の2点になっております。

もちろん、コーディング手法によっては、グーグルサーチコンソールから間違えたエラーが届く可能性やリスクはあります。

ただ、当社が制作したホームページでは、上記2点になっていて、実際に弊社がグーグル検索を行って調べてみると、上記2点が間違えたエラーでメールが届くケースが多いです。

特に多いのが、モバイルユーザビリティの間違えたエラーになっていて、メールが届いてもそこまで焦る必要はないと思います。

ただし、自分でホームページを制作している場合は、間違いではなく、そもそもコーディング手法に問題があるケースもあり、正しい可能性もあります。

そのため、モバイルユーザビリティのエラーについては、自分でホームページを制作していれば、上記モバイルフレンドリーテストなどを使って最適化が良いでしょう。

ただ、Webサイト制作会社がホームページを作っている場合は、グーグル側の認識ミスの可能性が非常に高くなっています。

そのため、そのメール自体を削除いただいてもほとんど影響がないと思われます。

ただし、削除癖がついてグーグルからのメールすべてを削除するのはおすすめではなく、しっかりとグーグルからのメール内容は確認してから削除しましょう。

グーグルサーチコンソールのエラーが間違えているか判断付かない

グーグルサーチコンソールのエラーが間違えているか判断付かない

実際に、グーグルサーチコンソールからメールが届き、よく内容が分からないという場合は、Webサイト制作会社に問い合わせするのが手っ取り早いです。

モバイルユーザビリティ関係であれば、モバイルフレンドリーテストを行うだけなので、5分もあれば、問題があるかないかが判断可能です。

インデックス不具合については、ホームページ制作時の資料を見てみる必要があり、場合によっては結構時間がかかります。

ただ、昨今のホームページは、noindexを利用せず制作するのが一般的ですので、恐らくほとんどの企業サイトでは、インデックスの不具合は発生しないと思われます。

そのため、もし、自社ではなかなか判断がつかない場合は、そのホームページを制作した業者に問い合わせるのが手っ取り早いと思われます。

当社も実際に複数の企業さまから、何度かお問い合わせをいただきましたが、その際に適切に判断を行っていると、2,3回は問い合わせがありましたが、それ以降は無くなりました。

何がグーグルのミスであるかを理解することで、安心で安全なサイト運営が可能になってきます。

ただ、グーグルサーチコンソールからのメールにミスが無いと思っていると、その都度、何かしら対策をしなくてはならないのかと考えてしまいます。

これは時間の無駄になり、そうならないために、まずは基本的な内容として上記の認識ミスによるエラーが発生すると理解をしておきましょう。

グーグルサーチコンソールのエラーが間違えてないならWeb制作会社へ

グーグルサーチコンソールのエラーが間違えてないならWeb制作会社へ

もし、御社が制作したホームページで、グーグルサーチコンソールのエラーが届いたとして、それが間違えていなければ、早急に対応しましょう。

実際に、これまでの経験で言えば、多少グーグルサーチコンソール側でエラーが出ていたとしても、SEO、すなわち検索順位へは、それほど影響がなさそうに思います。

ただ、もし間違えていれば無視で良いですが、間違えていないエラーの場合は、必ず対応しなくてはなりません。

この対応タイミングとしては、できればですが、即対応が理想的ではありますが、大量発生している場合を除き、放置はいけませんが、翌月でも問題はないと思われます。

昨今のSEO難易度は非常に高く、1つの問題点であれば、無視しても結果にそれほど影響がないですが、多くなってくると必ず検索順位に悪影響を与えてきます。

そして、検索順位に悪影響が発生してから、改善を行うとなると、どこを改善するのが効率が良いかが分からず、大量の作業量になってしまい、見積額が高くなります。

そのため、問題点は放置するのではなく、基本的には都度都度改善しましょう。

昨今のWebサイト制作会社は、グーグルサーチコンソールの数値データー閲覧法は、一般的には理解をしております。

そのため、そのホームページを制作した業者に相談をして見ることが大切になっています。

内容次第では、そのホームページを制作した業者であれば、格安あるいは無料で対応してくれるケースもあると思われます。

もちろん、料金が発生してしまい、予算が必要になってしまうので、常に完璧な状態にするのは難しい可能性もあります。

ただ、グーグルサーチコンソールは、エラーがない状態が理想になっていて、いつかどこかのタイミングでは対応が必要になってきていると理解をしていきましょう。

そして、定期的な改善を繰り返し行い続けることで、御社のSEOは本当に高い成果を得ることが可能になっています。

当記事やサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にご相談ください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(土・日・祝は除く)

メール

メールフォームへ

受付 24時間
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

これまでの実績

TOP