大阪のホームページ制作会社

ホームページ制作やSEO対策を提供する大阪のセブンデザインが運営するスタッフブログ

SEO・SEM
2014/8/20

SEOを成功させる良質な外部リンク獲得法

ペンギンアップデート以降、外部リンクは非常に難しくなっており、多くの企業サイトが外部リンクではなく、ホームページ内部による対策を中心としてSEOを実施しております。

しかし、外部リンクは、まだまだSEOとして、非常に効果的な手段であることは変わらず、ペンギンアップデートにより、これまでの無作為な外部リンクに対しては、ペナルティを受けてしまいますが、自然な外部リンクに対しては、これまで通りの評価を行っているため、外部リンクを行うこと全てが、ペナルティ対象と言うわけではありません。

今回は、よりSEOの成果を向上させたいとご検討の企業様向けに、良質なリンクを獲得するための外部リンク対策法についてご紹介します。

外部リンクが重要な理由

外部リンクを獲得することは、検索結果での上位表示に非常に重要になりますが、なぜ外部リンクがSEOとして、効果的なのかを理解しなくては、誤った外部リンク対策を行ってしまう可能性があります。

そこで、まずは、外部リンクがなぜSEOに効果的なのかをご紹介します。

グーグルからの評価の向上

グーグルは、ユーザにとって、より良いホームページであれば、他のwebサイトから自然とリンクをされるという考えから、他のwebサイトからリンクをされているホームページは、良いホームページであると認識します。

そのため、外部リンク数が多いwebサイトは、自然とグーグルからの評価も高くなるのですが、だからと言って、リンクを購入したり、相互リンクをむやみに行うことは、上位表示を目的とした検索エンジンスパムとみなされ、検索結果から除外、あるいは大きく順位を落とすなどのペナルティを受けてしまいます。

クローラーの訪問頻度の向上

外部リンク対策を行う最も大きなメリットは、クローラーの集客になります。

クローラーとは、ホームページの情報を収集してくれる検索エンジンのロボットのことを言い、他のホームページからリンクを辿り、御社のホームページへと訪れてくれるため、外部リンクを増やすことで、様々なサイトからクローラーの集客が可能になります。

このクローラーの訪問頻度を高めることで、検索エンジンに対して、御社のホームページの情報を正しく認識してもらうことが可能になります。

なぜ、ホームページの情報を正しく認識してもらうことが重要になるかと言うと、検索エンジンは、検索エンジンユーザにとって、本当に価値のあるホームページを紹介することを使命としているため、検索エンジンにとって本当に役立つコンテンツを制作し、検索エンジンにそのコンテンツを正しく認識してもらうことが、SEOにとって最も効果的な手法となるためです。

そのため、外部リンクを増やし、様々なサイトからクローラーを集客できるようにすることで、そのホームページの内容を正しく認識してもらうことはもちろん、更新を行った際には、最新の状態で、グーグルが認識してくれるようになるため、SEOとして効果的な対策と言うことができます。

効果的な外部リンクを集めるために

外部リンクは、SEOとして効果的ですが、リンクを購入したり、相互リンクを行うなど、ホームページ運営者が検索エンジン上位表示を目的として行うリンクは、検索エンジンスパムとしてペナルティを受けてしまうため、良質な外部リンク以外は、SEOとして、マイナス効果となってしまいます。

良質な外部リンクとは、ホームページに訪問者にとって本当に役立つコンテンツを制作することにより、他のホームページ運営者が御社webサイトのことを紹介してくれ、その際に張られるリンクのことを言います。

それらのリンクの獲得方法は、大きく分けて3つの方法があり、それぞれについてご紹介します。

質の高いコンテンツの作成

質の高いコンテンツを作成することで、情報系のwebサイトやブログなどで、御社のホームページが紹介され、リンクを獲得することが可能になります。

そのため、ホームページを制作する際には、コーポレートサイトであっても、ノウハウを提供するコンテンツであったり、技術力をアピールするコンテンツなどを作成し、様々なwebサイトからリンクを獲得できるようにしなくてはなりません。

ソーシャルメディアの利用

「グーグルプラス」と「ツイッター」、「フェイスブック」、「RSS」などのソーシャルメディアを活用することで、良質なコンテンツを作成していれば、御社の作成したページをソーシャルメディア内で紹介してくれたり、それらのユーザが運営するwebサイトで紹介し、リンクを張ってくれるようになります。

また、ソーシャルメディアを利用するメリットは、リンクの獲得だけではなく、それぞれのソーシャルメディアから、御社のホームページへと直接、訪問者を誘導することが可能になり、SEOだけでは獲得できなかった訪問者を集客することが可能になります。

自社運営の別ドメインからのリンク

自社で運営している別ドメインのホームページから、リンクを張ることも効果的な対策になります。

だからと言って、リンク目的でホームページを制作し、そのwebサイトからリンクを張ることは、検索エンジンスパムとして、ペナルティの対象となってしまいます。

そのため、例えば、サービスサイトやノウハウや技術力を紹介するwebサイトなど、目的のあるホームページを制作し、定期的な更新を行うことで、SEOとして効果的なリンクとすることが可能になります。

ペナルティになる外部リンクとは

検索結果を大きく落とす、あるいは除外される外部リンクについてご紹介します。

SEO目的の有料リンク

SEOを目的として購入したリンクは、ペナルティ対象になります。

例えば、SEO業者を利用し、大量のリンクを獲得している場合や、有料のディレクトリ登録を行っている場合などが当たります。

また、現在は、「Yahoo!ビジネスエクスプレス」や「クロスレコメンド」、「iディレクトリ」などの大手ディレクトリ登録サービスであっても、検索エンジン上位表示対策としては、あまり価値の無いリンクとなっております。

補足としまして、全てのSEO業者がペナルティ対象となるのではなく、外部リンクに頼ったSEOを行う業者を利用することがペナルティ対象になります。

相互リンク

相互リンクとは、お互いにリンクをし合うことを言い、無作為に行う相互リンクは検索エンジンスパムになり、ペナルティの対象になります。

もちろん、相互リンクであっても、お互いに自然な形のリンクであれば問題はありませんが、不特定多数のwebサイトと大量に相互リンクを行っている場合は、ペナルティの対象になります。

プログラムで生成された自動登録のリンク集

中小のディレクトリ登録サイトなど、メールフォームから自動登録できるようなwebサイトからのリンクは、ペナルティ対象になります。

リンクを目的としたホームページからのリンク

リンク集のようなwebサイトや、極端リンク数の多いwebサイトからのリンクは、ペナルティ対象になります。

その他のリンク

その他、SEOを目的として行った外部リンク、すべてがペナルティの対象となると言っても過言ではありません。

そのため、それらの外部リンクを行っている場合は、早急にリンクの削除を行っていかなくてはなりません。

このページのトップへ