サイト作成の成果を追求 大阪のホームページ制作会社セブンデザイン

グーグルサーチコンソールのエラー

グーグルサーチコンソールのエラー

弊社のホームページ制作では、ホームページを公開したら必ずグーグルが提供のグーグルサーチコンソールを導入してます。

グーグルサーチコンソールの導入は、社名検索であったとしても、検索結果ページからの見込み顧客の集客を少しでも考えられるホームページでは必須で、グーグルサーチコンソールを利用すれば正しいSEOが可能なのです。

そして、グーグルサーチコンソールのエラーには、グーグル側の判断ミスとホームページ制作における技術的なミス、コンテンツの質が低い場合の大きく分けて3つのエラーがあります。

モバイルユーザビリティ

モバイルユーザビリティの問題

ホームページ制作後にグーグルサーチコンソールを導入すれば、ホームページによっては、定期的にグーグルからモバイルユーザビリティのエラーが届く可能性もあります。

モバイルユーザビリティについては、基本的にはしっかりとレスポンシブWebデザインでホームページを制作していればグーグルの認識ミスの可能性が非常に高くなります。

モバイルユーザビリティについては、グーグルサーチコンソール側のエラーを急ぎ改善は必要はなく、グーグルのモバイルフレンドリーテストで確認して本当にモバイルユーザビリティの問題かを判断語に対策を行うのが重要になるのです。

モバイルフレンドリーテストにおいては、グーグルサーチコンソール側で確認よりも、正確なデーターですので、グーグルサーチコンソールでモバイルユーザビリティに問題とメールが来たら、モバイルフレンドリーテストでチェックをしてみて、本当にモバイルユーザビリティの問題かを確認が良いでしょう。

そしてグーグルサーチコンソール側のモバイルユーザビリティのエラーに、問題がないのであれば、時間が経過すれば治る場合もあるので、モバイルフレンドリーテストを行って問題がなければ、放置を推奨いたします。

実際に、ホームページ制作実績の会社さまから、ちょくちょくこういうメールが届いたとご連絡をいただく機会があるのですが、弊社のホームページ制作では、基本的にはレスポンシブWebデザインで作成するため、モバイルユーザビリティのエラーの改善を行った経験はございません。

インデックス未登録

インデックス未登録

現在、非常に多がインデックス未登録で悩まされてます。

インデックス未登録においては、検出-インデックス未登録とクロール済み-インデックス未登録があり、インデックス未登録に登録されてしまうと、グーグルのデーターベースにそのページが格納されていないので、検索結果に表示されません。

そのため、ホームページ制作後にSEOを実施の会社さまでは、インデックス未登録を改善が急務ですが、方法は、基本的には内部リンクをしっかりと張り巡らせるのが重要で、内部リンクを張り巡らせると、インデックス未登録の数を減らせれます。

ただし、闇雲に内部リンク数ではなく、しっかりとユーザーのための内部リンク数を増やすのが大切で、グーグルがどの内部リンクをユーザーのためと判断してるかは不明なのですが、しかし弊社の実績では、闇雲に張った内部リンクはインデックス未登録を減らせれません。

ただし、一般的には、内部リンクを増やすとインデックス未登録の数を減らせれるのですが、内部に技術的な問題の場合や、そもそもページの質が低い場合においては、内部リンクを張り巡らせるだけでは改善ができませんので、まずは技術的な問題を解消したり、ページの質を高める作業を始め、2点が改善されてのち、内部リンクを張り巡らせるようにしましょう。

弊社では、インデックス未登録への対応は、ホームページ制作中からある程度はインデックス未登録について検討に注力をし、しっかりとインデックス未登録を意識すれば、インデックス未登録の数が0というのはあまり事例がありませんが、しかしその数の最小化が可能です。

よくある2つ

よくある2つ

上記以外としてちょくちょくあるエラーが、ページの重複とソフト404になります。

ただし、モバイルユーザビリティやインデックス未登録と比べ、それほど重要度が高いわけではありませんのですが、しかしホームページ制作後のSEOのためには改善への意識が重要です。

ページの重複

実際に弊社がホームページ制作を行った会社さまで、グーグルサーチコンソールにページの重複についてのエラーが表示されていた経験があります。

そしてエラーが表示された場合に、重複元と重複先のページが表示されるのですが、ページの重複を改善のために、色々と調査を行っていたのですが、まったく重複していなくても、重複ページとしてリストアップされてしまう可能性があります。

そのため、方法としては、まずはページの重複と表示されたページは、重複する他社または自社のホームページ内の重複ページを意識しながら確認をして、リライトが重要になるのです。

そして重複においては、基本的には弊社のこれまでのホームページ制作経験では、まずは改善を行ってみて、もしそれでも直らなければ、しばらくは放置してみても良いと考えてます。

実際に放置していても改善される例もあり、放置してみると、突然改善される例も見かけます。

基本的には、Web制作会社は重複が発生しないようにホームページ制作を行うので、多くが認識ミスと思います。

ソフト404

当サイトの事例になるのですが、弊社では2年くらいソフト404がグーグルサーチコンソールに表示されていました。

そして現在はソフト404の件数は0ですが、実際にエラーではないのにソフト404が表示される可能性と理解が重要です。

幸いにも、弊社のホームページ制作実績の会社さまでは、ソフト404の経験はなく、非常に稀と思われます。

そしてソフト404が表示されたら、まずはホームページ制作時の技術的な問題を確認してみて、もし技術的な問題が見当たらないようであれば、放置してみるのも良いと思われます。

実際に弊社では、ソフト404が表示された後、技術的な問題かのチェックを行ったのですが、技術的な問題はありませんでしたし、さらには2年くらいソフト404でしたが、しかしある日突然改善されました。

即対応は不要

すぐに対応は不要

グーグルサーチコンソールについては、エラーだからと言ってすぐに改善の必要はございません。

基本的には、ホームページ制作実績の会社さまから質問をいただくのですが、エラー自体が間違いの可能性もあるため、グーグルサーチコンソールのエラーが表示されれば、まずは冷静になり、本当かどうかの判断を行うのが重要になるのです。

そしてもしエラーであれば、しっかりと改善をしていく必要があり、逆に表示される原因がない、あるいは不明な場合であれば、いったん様子見のために放置してみるのも重要です。

そして改善されなければ、改善の方法をしっかりと探して、その改善内容が分かれば改善を行ってみる、そしてもし見つからなければ、もしかすればグーグルサーチコンソール側の間違いである可能性もあるので、改善点が明確になるまで放置をしていても問題ないでしょう。

グーグルサーチコンソールについては、本当に難しいので、基本的にはお客さまだけで判断よりも、ホームページ制作会社やSEO会社などに相談ををおすすめいたします。

最後に、Web制作会社がエラーが起こらないようにホームページ制作は当たり前ですが、常にグーグルサーチコンソールは進化するため、多少は運営段階で改善しなくてはなりません。

当ページは株式会社セブンデザインが作成しています。
当記事についてやサービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メール

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

これまでの実績

TOP