大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

グーグルサーチコンソールのエラー

グーグルサーチコンソールのエラー

弊社のWeb制作では、ホームページを公開したら必ずグーグルが提供するグーグルサーチコンソールを導入しております。

このグーグルサーチコンソールの導入は、社名検索であったとしても、検索結果ページからの見込み顧客の集客を少しでも考えられているホームページでは必須になっており、グーグルサーチコンソールを利用することで正しいSEOを実施することが可能なのです。

そして、このグーグルサーチコンソールのエラーには、グーグル側の判断ミスとWeb制作における技術的なミス、コンテンツの質が低い場合の大きく分けて3つのエラーがあります。

モバイルユーザビリティのエラーは大半がミス

モバイルユーザビリティの問題

グーグルサーチコンソールを導入すると、ホームページによっては、定期的にグーグルからモバイルユーザビリティのエラーが届くことがあります。

このモバイルユーザビリティのエラーについては、基本的にはしっかりとレスポンシブデザインでホームページを制作していればグーグルの認識ミスである可能性が非常に高くなっております。

このモバイルユーザビリティのエラーについては、グーグルサーチコンソール側のエラーで急いで改善する必要はなく、グーグルが提供するモバイルフレンドリーテストで確認して本当にモバイルユーザビリティに問題があるのかを判断してから対策を行うことが重要になるのです。

このモバイルフレンドリーテストにおいては、グーグルサーチコンソール側で確認するよりも、正確なデーターになっておりますので、グーグルサーチコンソールからモバイルユーザビリティに問題があるとメールが来たら、モバイルフレンドリーテストでチェックをしてみて、本当にモバイルユーザビリティに問題があるかを確認するのが良いでしょう。

そしてこのグーグルサーチコンソール側のモバイルユーザビリティのエラーに、問題がないのであれば、時間が経過すれば改善されるようになるので、モバイルフレンドリーテストを行って問題がなければ、放置することを推奨いたします。

実際に、弊社の実績のお客さまからちょくちょくグーグルからこういうメールが届いたとご連絡をいただくことがあるのですが、弊社のWeb制作では、基本的にはレスポンシブデザインで作成しているため、モバイルユーザビリティのエラーの改善を行った経験はございません。

インデックス未登録は多くあるエラー

インデックス未登録

現在、非常に多くのホームページがインデックス未登録で悩まされております。

このインデックス未登録においては、検出-インデックス未登録とクロール済み-インデックス未登録があり、インデックス未登録に登録されてしまうと、グーグルのデーターベースにそのページが格納されていないので、検索結果に表示されることがないのです。

そのため、SEOを行われている会社さまでは、このインデックス未登録を改善することが急務になっているのですが、その改善法は、基本的には内部リンクをしっかりと張り巡らせることが重要になっており、内部リンクを張り巡らせることで、インデックス未登録の数を減らすことが可能になっております。

ただし、闇雲に内部リンク数を増やすことではなく、しっかりとユーザーのための内部リンク数を増やすようにすることが大切になっており、グーグルがどの内部リンクをユーザーのためであると判断しているかは不明なのですが、しかし弊社の実績では、闇雲に張った内部リンクはインデックス未登録を減らすことができておりません。

ただし、一般的には、内部リンクを増やすことでインデックス未登録の数を減らすことは可能なのですが、ホームページ内部に技術的な問題がある場合や、そもそもページの質が低い場合においては、内部リンクを張り巡らせるだけでは改善することができませんので、まずは技術的な問題を改善したり、ページの質を高めることから始め、この2点が改善されてから内部リンクを張り巡らせるようにしましょう。

弊社では、このインデックス未登録への対応は、Web制作中からある程度はインデックス未登録について検討することに注力をしており、しっかりとインデックス未登録を意識することで、インデックス未登録の数が0というのはあまり事例がありませんが、しかしその数を最小化することが可能になっております。

さらによくある2つのエラー

2つのエラー

上記以外のエラーとしてちょくちょくあるエラーが、ページの重複とソフト404になります。

ただし、モバイルユーザビリティやインデックス未登録と比べ、それほど重要度が高いものではないのですが、しかしWeb制作後のSEOのためには改善を意識することが重要になっております。

ページの重複

実際に弊社がWeb制作を行った会社さまで、グーグルサーチコンソールにページの重複についてのエラーが表示されていたことがあります。

そしてこのエラーが表示された場合に、重複元と重複先のページが表示されるのですが、このページの重複を改善をするために、色々と調査を行っていたのですが、まったく重複していなくても、重複しているページとしてリストアップされることがあります。

そのため、改善法としては、まずはページの重複であると表示されたページは、重複している他社あるいは自社のホームページ内の重複しているページを意識しながら確認をして、リライトをしてみることが重要になるのです。

そしてこの重複においては、基本的には弊社のこれまでの経験からは、まずは改善を行ってみて、もしそれでも改善されないようであれば、しばらくは放置してみても良いと考えております。

実際に放置していても改善されることもあるので、一度改善してみて、エラーが改善されなかった場合は、放置してみることで、ある日突然改善されることもあるようです。

ソフト404

当サイトの事例になるのですが、弊社のホームページでは2年くらいソフト404のエラーがグーグルサーチコンソールに表示されていた時期がありました。

そして現在はこのソフト404の件数は0になっているのですが、実際にエラーではないのにソフト404が表示されることもあると理解することが重要になっております。

幸いにも、弊社のWeb制作実績の会社さまでは、ソフト404になったという経験はないので、非常に稀なエラーになっていると思われます。

そしてこのソフト404が表示されたら、まずはしっかりと技術的に問題がないかを確認してみて、もし技術的な問題がないようであれば、放置してみるのも良いと思われます。

実際に弊社のホームページでは、ソフト404が表示された後、技術的な問題がないかのチェックを行ったのですが、技術的な問題はありませんでしたし、さらには2年くらいソフト404になっておりましたが、しかしある日突然改善されました。

エラーだからと即改善は不要

すぐに改善は必要がない

グーグルサーチコンソールのエラーについては、エラーがあるからと言ってすぐに改善する必要はありません。

基本的には、このエラー自体が間違いである可能性もあるため、グーグルサーチコンソールのエラーが表示されれば、まずは冷静になって、そのエラーが本当かどうかの判断を行うことが重要になるのです。

そしてもしエラーであれば、しっかりと改善をしていく必要があり、逆にエラーが表示されている原因がない、あるいは分からない場合であれば、いったん様子見のために放置してみることも重要です。

そして改善されなければ、改善するための方法をしっかりと探して、その改善内容が分かれば改善を行ってみる、そしてもし見つからなければ、もしかすればグーグルサーチコンソール側の間違いである可能性もあるので、改善点が明確になるまで放置をしていても問題ないでしょう。

グーグルサーチコンソールのエラーについては、本当に難しいものになっておりますので、基本的にはお客さまだけで判断するよりも、Web制作会社やSEO会社などに相談をすることをオススメいたします。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

これまでの実績