大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

初めてのリスティング広告

初めてのリスティング広告

初めてリスティング広告を運用される方は、リスティング広告には予算がかかるため、本当に成果が出るのかなどの不安を抱えていると思います。

このような不安があるため、基本的には、リスティング広告の運用はWeb制作会社やリスティング広告運用代行会社に委託することが一般的で、リスティング広告の運用をWeb制作会社やリスティング広告運用代行会社に委託すると、大体ですが広告予算の20%程度が必要になってしまい、例えば月のリスティング広告運用予算が50万円だった場合、リスティング広告費が40万円、委託会社への支払いが10万円になってしまうのです。

そのため、弊社ではリスティング広告運用予算が50万円以上であれば別ですが、50万未満のリスティング広告の予算であれば、自社内で行うことを推奨しており、弊社のWeb制作実績からは、最初は確かに苦労をされておりますが、しかし最初にしっかりと設定を行うことで、自社でも費用対効果の高いリスティング広告運用を行っていただくことに成功しております。

ただし、広告予算が50万円以上や出稿キーワード数が多い場合は、出稿キーワードの分析が必要になってくるため、Web制作会社やリスティング広告運用代行会社のサポートを受ける必要があります。

出稿前に行うこと

リスティング広告出稿前に

弊社では、これまで多くの会社さまに、リスティング広告の運用サポートを行ってまいりました。

このリスティング広告運用サポートは、リスティング広告運用代行とは違い、初期費用は発生いたしますが、運用代行のように広告費の20%というような月額は発生いたしませんので、お客さまがより費用対効果の高いリスティング広告を出稿することが可能になります。

そしてこのリスティング広告のサポートでは、基本的にはWeb制作中に行っていただいていることがあり、弊社のWeb制作は大体3ヶ月程度の期間をいただいているのですが、その間にリスティング広告に関する書籍を購入いただき、そしてしっかりとその書籍を読んでいただき、リスティング広告の概要を理解していただくことになります。

お客さまのご要望によっては、Web制作中にリスティング広告の管理画面を作成して、実際の管理画面を見ながら書籍を読んでいただくことで、より効率的にリスティング広告の操作方法を理解していただくことも可能です。

実際にリスティング広告を出稿する前にある程度の知識を付けていただくことが大切で、知識があると適切な広告設定が行えることや、さらには具体的にWeb運営の中でどのようなことを行えば良いのかをWeb制作段階で知ることができるので、より効率的なリスティング広告運用が可能になるのです。

では、実際にリスティング広告を出稿する際に、検討すべきことをご紹介いたします。

リスティング広告の設定

リスティング広告の設定

初めてリスティング広告に出稿される方が、特に気にしていただきたい、リスティング広告の設定についてご紹介をいたします。

グーグル広告かヤフー広告か

リスティング広告には、グーグル広告とヤフー広告の二つの広告があります。

従来は、Web制作を行ったお客さまから、「グーグル広告かヤフー広告のどっちが良いの?」と聞かれれば、「BtoB企業さまはグーグル広告、BtoC企業さまはヤフー広告」とお答えしていたのですが、現在では両方を行わないのであれば、「グーグル広告から始めてください」とお願いをしております。

その理由は、スマートフォンユーザーが増えているためであり、基本的にはスマートフォンに入っている初期ブラウザで検索を行うと、多くがグーグル検索が設定されております。

そのため、ヤフー検索ではなく、グーグル検索の数が増えており、実際に弊社の検索エンジン利用率になりますが、Web制作会社では、2021年8月の一ヶ月間のデータとしてグーグルが70%、ヤフーが9%となっており、圧倒的にグーグルのからの訪問者数の方が多くなっております。

さらに弊社のWeb制作実績のコーワスタイルさまは、上張りフローリングを行うBtoC会社さまになるのですが、グーグルが65%、ヤフーが20%になっており、こちらもグーグルが圧倒的に高い数値になっております。

そのため、現在で言えば、もちろんグーグル広告とヤフー広告の両方を行ったほうが良いですが、どちらか一方だけを行うのであれば、グーグル広告で良いと考えており、グーグル広告をしっかりと運用してからヤフー広告を行うことで、ヤフー広告の検索者数は少ないけれども、お問い合わせ数をさらに向上させることが可能になっております。

広告キーワードを検討

リスティング広告を出稿するキーワードを検討いたします。

初めてリスティング広告を実施される方は、この広告キーワードはある程度ビッグワードだけに限定をしても良いと思います。

例えば、弊社のホームページのリスティング広告では、リスティング広告を行い始めのころは、【Web制作】や【ホームページ制作】などのメインとなるSEOキーワードだけでリスティング広告を出稿しており、この広告キーワードを部分一致で出稿することで、【Web制作】などを含んだ検索フレーズでも部分一致によりリスティング広告が表示されるようになります。

そのため、初めての方はあれこれ考えるよりも、まずは御社が上位表示を狙うメインのSEOキーワードを部分一致で出稿することがよく、これらをしっかりと出稿していくことで、本当に多くの訪問者をリスティング広告で集客することが可能です。

広告タイトルを定める

広告キーワードが決まれば、その広告キーワードで出稿を行う際の広告タイトルを設定していきます。

この広告タイトルは非常に大切で、広告を見たユーザのニーズを絞り込むことができるので、ニーズが異なるユーザに広告がクリックされないようになったり、さらには広告キーワードと広告タイトルの関連性が高いことで、広告を上位に表示させることが可能になります。

基本的にはリスティング広告は、クリックされなければ費用が発生しないため、広告タイトルの最適化は無駄な広告予算をかけないためにも必須であると思われますので、しっかりと検索キーワードに対して御社の見込み顧客だけにクリックしてもらえるような広告文言を設定していくことが重要になります。

この広告タイトルの定め方は、現在のWeb制作におけるSEOのためのページタイトルの作成法と非常に似ており、広告タイトルを作成する際には、御社のホームページのSEOのためのページタイトル作成法と同じやり方でタイトルを定めると良いでしょう。

広告説明文を定める

広告タイトルが決まれば、広告説明文を記載していきます。

この広告説明文は、Web制作におけるメタディスクリプションと似た作成法になり、基本的には広告タイトルの下に表示される文章になるので、入口ページと広告キーワードを考えながらメタディスクリプションに似た広告説明文を定めることが大切です。

そのため、この説明文では、それぞれの広告キーワードと広告タイトルに対しての補足説明を行うことが大切であり、実はこの広告説明文をしっかりと作成することで、御社のリスティング広告の費用対効果をさらに高めることが可能になります。

対象地域を設定

広告を閲覧する検索者の地域を指定することが可能です。

この対象地域は、本当に重要で、弊社のホームページのSEOであれば、日本全国がターゲットになるのですが、リスティング広告のターゲットは狭ければ狭いほど費用対効果を高めることが可能です。

例えば、弊社の場合であれば、弊社はWeb制作サービスの提供をしているのですが、基本的にはホームページにおけるターゲットは日本全国です。

ただしリスティング広告においては、日本全国としてしまうと、確かに広告の表示数は増えるかもしれませんが、費用対効果が下がってしまう可能性があるため、取り敢えずは弊社では弊社が大阪になるため、大阪に限定してリスティング広告の配信をしております。

実際に弊社のWeb制作実績のWith Copperさまにおいても、非鉄金属と伸銅品の専門商社になるのですが、ターゲット地域は日本全国ですが、リスティング広告が軌道に乗るまでは、対象地域を大阪に定めており、成果に応じて少しずつターゲット地域を広げていくとのことです。

予算を検討

最後に最も重要なのが、予算の設定になっております。

この予算の設定は、基本的にはあまりに安い場合は期待通りの成果を得ることは難しく、最低でも月額50,000円、理想を言えば最低でも月額100,000円は予算を充てるようにしましょう。

実際に弊社のホームページでは、リスティング広告出稿当初は予算を月額50,000円で設定していたのですが、確かにお問い合わせ数を獲得することはできておりましたが、しかし実際にお問い合わせがあれば必ず契約をいただけるものではなく、お問い合わせの後、相見積もりが発生するため、お問い合わせ数としては足りないと感じるものになっておりました。

そのため、Web制作においては、理想を言えば月額100,000円、すなわち日に3,000円程度の予算を見ていくことが重要で、お問い合わせを行ってもらった後のクロージングレートを考えると、大体50%程度の受注率と考えて最適な広告予算を見ていくようにしなくてはなりません。

毎日の改善作業が成功への道

毎日改善

リスティング広告の出稿においては、基本的には出稿して終わりではなく、日々の改善作業が必要になります。

そのため、Web制作が終わり、リスティング広告を行う方は、SEO作業よりも予算のかかるリスティング広告の作業から行うようにしましょう。

初めてのリスティング広告運用の方が行うべき改善作業は以下になります。

除外キーワードの設定

リスティング広告の出稿を行ったら、リスティング広告の管理画面に、どのキーワードで検索したときに広告が表示されたかのリストが提供されております。

この表示された検索キーワードを見て、御社の見込み顧客ではない検索キーワードを除外キーワードに含めていく作業は必ず継続的に実施していかなくてはなりません。

この除外キーワードの設定は、広告予算が多ければ多いほど表示されるようになり、リスティング広告を行い始めのころは、この除外キーワードの設定だけに注力すると良いでしょう。

この除外キーワードの設定は、Web制作におけるSEOでは絶対に行えないものになっており、SEOは予算がかかりませんが、リスティング広告はかかるので、しっかりと設定していくようにしましょう。

広告キーワードの追加

除外するだけではなく、御社の見込み顧客が検索するキーワードを追加することも重要です。

この広告キーワードの追加は、ある程度リスティング広告運用期間が長くなってからで良く、例えば昨日リスティング広告を始めて、今日広告キーワードを追加する必要はありません。

基本的には週1の作業でよく、1週間の表示キーワードや流入キーワードを見て、不足しているキーワードを追加することで、より多くの見込み顧客を集客することが可能になります。

広告キーワードの追加においては、Web制作では、ページを作成していく必要がありますが、リスティング広告では単純にキーワードを追加をするだけで良いので、こちらも除外キーワードの設定と一緒に行うことが重要になるのです。

最初は低予算でも良い

始めは低予算からでも良い

リスティング広告の出稿は、最低でも月に50,000円は行っていただきたいものになっておりますが、しかし成果を急いでいない場合は最初の半年は30,000円程度に設定をして、1日1,000円程度で運用しても良いと思います。

この低予算の間は成果を求めるのではなく、リスティング広告の設定を最適化することに注力をしていくことで、本当に予算をかけたときに成果を出せるようになるのです。

もちろん初めから予算をかけたほうが除外キーワードに入るキーワード数や広告タイトルの最適化などが行いやすくなりますが、そのためには日々の運用作業量も多くなるので、Web運営時間があまり取れないのであれば、リスティング広告に出稿したてのころは、予算を少なくすることも効果を発揮できる対策であると思います。

Web制作の集客は単にSEOに依存するのではなく、リスティング広告などの対策を行うことも大切になっているので、予算が少なくてもリスティング広告の最適化に必要な予算だと考えることで、ホームページの成果は最大化いたします。

また、これはあくまで弊社の推測ですが、リスティング広告を行うことはSEOに関係が無いと言われることが多いですが、実際に弊社のホームページではリスティング広告を行い始めることで、大体1日の検索からの訪問者数を50名ほど増やせたので、もしかすればリスティング広告はSEOに効果があるかもしれません。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

Web制作なら大阪のセブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績