大阪のWeb制作会社セブンデザインのスタッフブログ

ユーザーのための質

ユーザ視点のホームページの質

ユーザーのためのホームページの質とは、なんとなく見た目が綺麗や、なんとなくコンテンツが優れているというものではありません。

このユーザーのための質については、それぞれのWeb制作会社で考え方は異なりますが、必ず追及しているものになっており、どうせお客さまのホームページを制作するのであれば、少しでも質の高いホームページを制作して利益を上げて頂こうと考えております。

そしてこの質には実はポイントがあり、それはユーザーのための質と、SEOの質が異なるということを理解することになっております。

ホームページの質には2種類ある

ホームページの2種類の質

ホームページの質には2種類あります。

この2種類は、「ユーザーの質」と「SEOの質」になっており、今回はユーザーのための質についてご紹介をいたします。

SEOの質についてご興味がある場合は、「SEOの質とは」のページでご紹介をしておりますので、そちらのページをご覧ください。

話を戻し、この「ユーザーの質」と「SEOの質」を一緒に考えていると、ホームページの成果を出すことができなくなっており、例えば「ユーザーの質」だけを考えたホームページの場合は、まったく検索エンジンからの集客力が足りないホームページとなるので、集客力が原因で成果を出すことができません。

そして「SEOの質」だけに注力しているホームページでは、弊社も結構昔はこの現象になっていたのですが、検索エンジンからのアクセス数だけが増えていき、実はお問い合わせ数は0ではないにしても、ほとんどないホームページとなってしまうのです。

そのため、「ユーザーの質」と「SEOの質」の両方を高めることが成果の出るWeb制作においては重要で、これらをしっかりと行うことによって本当に成果を出せるようになるのです。

では、具体的に、どのようにしてユーザーの質を高めていくのかについてご紹介をいたします。

SEOテクニックを少し加える

SEOテクニック

現在多くのホームページは、ワードプレスで制作されており、多くの会社さまがWeb制作後にワードプレスで更新を行っています。

そして、ページを作成する際のポイントとしては、まずはユーザーのことを考えたコンテンツを作成することになっております。

基本的にはユーザーにとって魅力的ではないコンテンツは、ホームページの成約率を高める要因にならないので、しっかりとユーザーのためにページを作成することで、本当に成果の出るページを作成することが可能です。

そしてそこからプラスアルファとして、このユーザーのためのコンテンツ作成だけでは、SEOに効果が出せないことがあるので、少しだけSEOの質を考えてリライトを行うことで、成果の出るウェブページとなるのです。

ただし、その際には、SEOの質を高める作業は、あくまで少しとしたほうが良く、もちろん文章を書きなれている方であれば問題がないのですが、普段あまり文章を書かない人がSEOの質を意識しすぎると、ユーザーのためにというポイントが弱くなってしまいます。

各ページで流入キーワードを定める

流入キーワードを定める

まず初めに行うことは流入キーワードを定めることになっております。

基本的には、すべてのWeb制作会社は、それぞれの作成するページに対して、【○○】で検索されたらこのページを上位表示しようと考えております。

具体的に言うと、弊社のホームページでは、例えばトップページは【Web制作 大阪】、SEOに強いウェブサイト制作ページでは【SEO ウェブサイト制作 大阪】というように定めており、それぞれのページに対して上位表示したいキーワードを定めております。

そしてこれらを行っても上位表示ができなければ意味がないと思われるかもしれませんが、こうすることで、同じテーマのページがなくなるため、検索順位が上がる可能性があるのです。

そしてさらにそこから先については、被リンク対策を行ったり、関連するページをどんどん作成していくことで、キーワードを定めたページは自然と検索順位が向上していくのです。

また、この作業は、あまりすべてのページを確認される方は少ないと思いますが、同じコンテンツがなくなるため、ユーザーにとっても本当に分かりやすいホームページとなるのです。

検索キーワードからコンテンツを作成

コンテンツ作成

そして上位表示キーワードを、それぞれのページで定めたら、そのキーワードで検索したときに仮に上位表示されたとして、そのキーワードで検索する人にとって十分な情報量で、分かりやすく読みやすい内容を提供することが大切になってきます。

例えば、弊社のホームページを例に出して言うと、当記事は【ホームページ 質】が上位表示キーワードと定めております。

そして【ホームページ 質】で検索した人がこのページに訪れたときに、どのようなことを知りたいかを検討して、「質には2つある」や「ユーザーのための質の高め方」などが必要だと判断して記事作成を行っております。

このようにユーザーのためのホームページの内容を考える場合は、具体的にどのキーワードで訪問者が訪れ、その人たちに何を見せていくのかを、じっくりと検討してからWeb制作を行うことが重要になるのです。

内部リンクからの流入も同じ

内部リンクからの流入

そして上記の対策の場合、それは検索エンジンからの流入で、例えば「自社のホームページにある別のページから、内部リンクを使って来た場合は違うのでは?」と疑問を持たれることがあります。

これについては一見そのように思われるかもしれませんが、検索からの流入キーワードをしっかりと定めていると、実は自社のホームページにある他のページから訪れた訪問者に対しても有効になってきます。

どういうことかというと、リンクを使う際には、アンカーテキストあるいは画像リンクなどを利用します。

そしてその設置を行う際に、このページはこのキーワードで上位表示させるから、こういう文言あるいはバナーにしようと検討をしてリンクを作成していくのです。

そうすることで、リンクを見たユーザーがクリックして、該当のページに訪れたときに、まったく想定と違うページが表示されるということはなくなるので、ユーザーは満足してそのページを閲覧してくれるようになるのです。

この内部リンクの設置はSEOはもちろんですが、ホームページの成約率においても重要になるので、しっかりと内部リンクを検討したWeb制作を行うことが重要なのです。

特にスタッフブログが重要

スタッフブログが重要

この作業で重要になるのが、スタッフブログになっており、Web制作時にスタッフブログを作成して、そのスタッフブログの記事をユーザーのために質の高いコンテンツとするためには、流入キーワードを定め、そのキーワードで訪れた人が満足できるコンテンツを作成するとお話しましたが、実はこの流入キーワードを定める作業は自分で行う必要があるのです。

スタッフブログを更新する目的としては、SEOが一般的であると思いますが、このSEOのために記事を作成していても、肝心の記事ページの質が低ければ当然訪問者はただ訪れるだけで離脱してしまうのです。

そのため、スタッフブログの更新においては、いきなり記事を作成するのではなく、まずはエクセルなどにそれぞれのページのキーワードを記述し、そしてそれからそのキーワードで上位表示するためのタイトルを作成していくと良いでしょう。

そしてこのエクセルシートを見ながら、コンテンツを作成していくことで、本当に価値の高いページの作成や同じ内容のページがないホームページとなるのです。

時間的にできない場合

時間に余裕がない

そしてこのユーザーのための施策が時間的に難しい場合は、現状で言えばですが、弊社のWeb制作実績から、行わなくても成果を出しているホームページもあるので、行わなくても良いと思っております。

ただし、それらのホームページについては、完全にブログからの流入を捨てて考えているため、SEOの効果はトップページで狙ったキーワードでだけで上位表示をすれば良いと考えており、SEO以外のFAXDMであったり、リアルでの活動で訪問者を集め、成約の獲得を図っております。

そのため、アクセス解析の利用法としては、「ブログを含めホームページ全体の解析データ」と「ブログを除いたホームページの解析データ」を収集されており、主にお客さまがメインで見るのは、「ブログを除いたホームページの解析データ」になっております。

そしてこのページを改善して欲しいというのは決まって、ブログ以外のページになっており、お客さまとしては完全にブログは、トップページを上げるための手段として利用をされているのです。

ただ、そのホームページの凄いところは、それでもトップページはほぼすべての狙ったキーワードで1位から3位以内に入っていることであり、ホームページ自体はしっかりとユーザーのための質を毎月高めようと努力をして、ブログはとにかく更新し続けるようにしているのです。

このホームページでは、ブログ以外のコンテンツをユーザーのために改定しており、ブログについてはトップページのSEOだけを狙っている極端な例になるのですが、しかし実際にこのようなユーザーのための質の考え方も成果を出すことが可能になっております。

ただし、グーグルは日々進化いしている検索エンジンになるため、現在はそちらのホームページはブログを高評価してもらえていますが、今後については分からないとお話させていただいており、どこかのタイミングではブログもユーザーのためにという対策を行うかもしれません。

これがユーザーのための質になっており、このユーザーのための質を高めようとすると、1ページ作成するだけでも相当大変になりますが、しっかりと行うことで、Web制作は本当に高い成約率となるのです。

当記事は株式会社セブンデザインが作成しております。
当記事についてや弊社サービスについてなど、ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

06-7494-1148

受付 10:00~18:00
(定休日 土・日・祝)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせはこちら

受付 24時間365日
(土・日・祝は翌営業日のご回答)

ホームページ制作 大阪|株式会社セブンデザイン
〒534-0022
大阪府大阪市都島区都島中通3丁目5-2 英伸ビル 2階

関連記事

TOP

ホームページ制作実績